詳細を見る

ガバナンストークンとは?特徴や注意点をわかりやすく解説

12 mins

ガバナンス トークンとは、分散型アプリケーション (DApps)分散型自律組織 (DAO) などのプロジェクトの意思決定に参加する権利を提供するトークンです。ガバナンストークンは、多くのプロジェクトで採用されており、ユーザーがプロジェクトの運営に直接参加できるたといった特徴をもっています。

そこで本記事では、ガバナンストークンの特徴、注意点についてわかりやすく解説します。ガバナンストークンに興味がある人は、ぜひ最後までご覧ください。

ガバナンストークンとは?

TRON

ガバナンストークンとは、ブロックチェーンを基盤とした分散型アプリケーション(DApps)や、分散型自律組織(DAO)の運営方針や、報酬分配方法などの意思決定に参加する権利をもつトークンです。プロジェクトの方向性などの決定をユーザー主導で行うことを可能にしているのがガバナンストークンといえます。

従来は中央集権的に行っていた決定が、分散的に参加者全体で行うことを可能にしており、現状Web3.0型の組織形態に欠かせないトークンとなっています。

ガバナンストークンの特徴3つ

ガバナンストークンの特徴3つについて解説していきます。

  • 意思決定への参加権を持つ
  • プロジェクトのセキュリティを高める
  • 経済的価値を持つ

ガバナンストークンの特徴①:意思決定への参加権を持つ

ガバナンストークンは、プロジェクトの意思決定に参加する権利をユーザーに与えることで、プロジェクトの運営をより透明化・民主化することができます。

ユーザーはトークンを使用して、プロジェクトの開発方針や、報酬分配などの意思決定に投票することができ、この点がガバナンストークンの最も大きな特徴と言えます。

ガバナンストークンの特徴②:プロジェクトのセキュリティを高める

プロジェクトのセキュリティを高めるという特徴もガバナンストークンにはあります。具体的には、トークンを使用することで、スマートコントラクトのコードレビューを行うことができ、これによりスマートコントラクトのセキュリティを高めることが可能です。分散的に管理することで、セキュリティ対策の向上にもつながっています。

ガバナンストークンの特徴③:経済的価値を持つ

ガバナンストークンは、保有者がプロジェクトの意思決定に参加するだけでなく、経済的な価値も持つことが多いです。一部のトークンでは、プラットフォームの利益がトークン保有者に配当として分配されることがあり、またトークン自体が市場で取引されるため、投資対象にもなります。

ガバナンストークンの注意点

ガバナンストークンの注意点について解説します。

  • 価格変動リスクがある
  • セキュリティリスクがある

ガバナンストークンの注意点①:価格変動リスクがある

ガバナンストークンは、プロジェクトの成功に応じて価値が上がる可能性がありますが、プロジェクトの失敗に応じて価値が下がる可能性があります。そのほかにも、市場の需給、プロジェクトの進行状況、世界経済の動きなど様々な要因によって価格が大きく上下することがありるため、ガバナンストークンを購入する際には、価格変動リスクを十分に理解しておきましょう。

ガバナンストークンの注意点②:セキュリティリスクがある

ガバナンストークンは、分散型アプリケーション(DApps)や分散型自律組織(DAO)などのプロジェクトで使用され、それらはスマートコントラクトによって運営されています。仮にスマートコントラクトには脆弱性があった場合、ハッカーによって攻撃される可能性もあるため、ガバナンストークンを保有する際には、セキュリティリスクを十分に理解しておく必要があります。

主要ガバナンストークン3つ

uniswap

主要なガバナンストークン3つについて解説していきます。

  • MKR(メイカー)
  • UNI(ユニ)
  • AAVE(アーべ)

主要ガバナンストークン①:MKR(メイカー)

MKRはメイカープロトコルのガバナンストークンです。メイカープロトコルはDeFi(分散型金融)の代表的なプラットフォームで、ステーブルコインDAIの発行を行っています。トークン保有者は、DAIのステーキング報酬率やシステム手数料などについての投票を行うことができ、ガバナンストークンの中でも知名度が高いトークンです。

主要ガバナンストークン②:UNI(ユニ)

UNIはUniswap(ユニスワップ)のガバナンストークンで、UniswapはEthereum上で動作するDEX(分散型取引所)です。トークンの保有者はユニスワップの開発方向性や手数料の分配比率について投票することができます。UNIは2020年にエアドロップされ、Uniswapを利用したことのある初期ユーザーに投票権が与えられました。

ユニスワップについては「Uniswap(ユニスワップ)とは?特徴や注意点を解説」詳しく解説しています。

主要ガバナンストークン③:AAVE(アーべ)

AAVEはAAVEプラットフォームのガバナンストークンです。AAVEは、貸借や流動性提供といったサービスを提供しており、DeFiプラットフォームの最大手でもあります。AAVEトークンは「安全モジュール」としても機能しており、プロトコルに発生した損失を補填するために使用される場合もある点が特徴です。

ガバナンストークンのよくある質問

Q1:ガバナンストークンを取得する主な方法は何ですか?

Q2:ガバナンストークンの価格はどのように決まるのですか?

Q3:ガバナンストークンによる意思決定にはどのようなデメリットがありますか?

まとめ:ガバナンストークンはWeb3.0型の通貨として普及していく

本記事では、ガバナンストークンの特徴、注意点について解説しました。ガバナンストークンとは、分散型アプリケーション (DApps) や分散型自律組織 (DAO) などのプロジェクトの意思決定に参加するためのトークンで、運営をより民主化することを可能にしているトークンです。

ガバナンストークンは、ブロックチェーン技術の普及とともに、今後もますます多くのプロジェクトで採用されていくと考えられます。法規制などまだ追いついていない課題点もありますが、今後の普及に期待が集まります。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー