詳細を見る

イーサリアムはビットコインを超えられるのか?

14 mins

ヘッドライン

  • イーサリアムは、スマートコントラクトと呼ばれるプログラム実行機能を搭載したプラットフォーム
  • イーサリアムはビットコインを超えられるのか?どちらが優位に立つのかは、現時点では未知数
  • 投資判断を行う際は、それぞれのメリットとデメリットを理解した上で、最適な選択することが重要

暗号資産業界において、イーサリアムとビットコインは常に覇権争いを繰り広げてきました。投資家にとって最も気になる話題の1つです。最近、イーサリアムETFの承認可能性が高まっていることから、その将来性にも注目が集まっています。しかし、イーサリアムがビットコインを超えるかどうかは、現時点では未知数です。それぞれ資産としての特徴が異なるため、各自の投資目的について判断するのがオススメです。

本記事では、イーサリアムとビットコインそれぞれの特徴と将来性を比較し、投資判断に役立つ情報を提供します。記事後半では、イーサリアム関連ニュースをまとめつつ、それぞれの銘柄をおすすめする人の特徴を紹介します。イーサリアムに興味がある人、ビットコインへの投資を検討している人は、ぜひ最後までご覧ください。

イーサリアムの特徴

イーサリアムは、DApps(分散型アプリケーション)を構築するためのプラットフォーム。DAppsとは、中央管理者が存在せず、ネットワークに参加するすべてのユーザーによって運営されるアプリケーションのことで、ETH(イーサ)とは、イーサリアムのネイティブトークンです。

イーサリアムは、スマートコントラクトと呼ばれるプログラムをブロックチェーンに組み込むことができる点が特徴。スマートコントラクトは、条件が満たされると自動的に実行される契約で、これにより、取引の自動化や仲介者なしでの契約締結などが可能になります。

例えば、イーサリアム上で開発されたDeFi(分散型取引所)では、スマートコントラクトによって取引の決済や出金などが自動化されており、また、イーサリアム上で開発された分散型保険では、スマートコントラクトによって保険金の支払いが自動化されています

  • スマートコントラクト:条件が満たされると自動的に実行される契約で、イーサリアムの根幹の技術
  • DApps:Decentralized Applicationsの略称。中央管理者を介さずに運営されるアプリケーション
  • DeFi:Decentralized Finance(分散型金融)の略称。従来の金融機関よりも低コストで迅速な取引を実現する金融サービス

イーサリアムはまだ発展途上にありますが、従来のインターネットの形を変える可能性を秘めた技術。今後は、さらに多くの分野で活用されることが期待されています。

イーサリアムはビットコインを超えるのか?

結論から言えば、イーサリアムがビットコインを超えるかどうかは、現時点では未知数です。

時価総額という指標で比較した場合、2024年5月現在、イーサリアムと比較した場合、ビットコインが依然として圧倒的な差を付けています。単純な比較では、イーサリアムがビットコインを超えるのは難しい状況と言えるでしょう。しかし、今後10年間という長期的な視点で見た場合、イーサリアムの方が高い成長率を示す可能性も秘めています。

イーサリアムは、単なる仮想通貨ではなく、スマートコントラクトと呼ばれる画期的な技術を搭載したプラットフォーム。この技術により、従来では不可能だった様々なアプリケーション開発が可能となり、DeFi(分散型金融)やNFT(非代替性トークン)など、革新的なサービスが続々と誕生しています。

一方、ビットコインはデジタルゴールドとしての性質を持ち、主に価値保存の目的で利用されています。イーサリアムとビットコインは、利用目的が異なるという点も重要なポイントです。

投資目的で暗号資産を保有する場合、将来的な成長性と利用目的の両方を考慮する必要があります。短期的な視点では、ビットコインの方が安定した投資先と言えるでしょう。しかし、長期的な視点では、イーサリアムの方が高いリターンを得られる可能性も秘めています。

イーサリアムの最新動向について

イーサリアムの最新動向(2024年5月21日現在)をまとめて解説します。

イーサリアムETF承認の可能性を受けて価格急上昇

Bloomberg IntelligenceのETFアナリストであるEric Balchunas氏とJames Seyffart氏は、イーサリアムETFのスポット承認確率を25%から75%に引き上げたことで、イーサリアム価格は19.98%の大幅上昇を記録しました。

ETH価格のパフォーマンス:ソースBeInCrypto

Balchunas氏は、楽観的な見方を新たにした理由を以下のように説明しています。

  • SECがイーサリアムETF申請者との間で建設的な対話を行っている
  • 米大統領選挙が近づき、暗号資産への規制緩和が期待される

イーサリアムETFが承認されれば、機関投資家にとってイーサリアムへの投資が容易になり、市場全体の流動性が向上することが期待されます。イーサリアムへの投資を検討している人は、イーサリアムETFの動向にも注目しておきましょう。

イーサリアムの取引手数料6ヶ月ぶり低水準を記録

イーサリアム価格上昇の背景には、取引手数料の大幅な低下もあります。ブロックチェーン分析会社Santimentによると、イーサリアムの平均取引手数料は約1.12ドルで、過去6ヶ月で最低水準を記録しました。

2023年10月18日以来の低水準であり、イーサリアムネットワークの利用が活発化していることを示唆しています。要因としては、Dencunアップグレードの導入と暗号資産市場全体の小康状態などが挙げられ、Dencunアップグレードにより、イーサリアムネットワークの処理能力が向上し、ガス手数料が低下したと考えられます。

取引手数料の低下は、イーサリアム利用者にとって朗報であり、今後さらにイーサリアムネットワークの活性化につながることが期待されるでしょう。

イーサリアムとビットコイン:おすすめする人の特徴

ビットコイン(BTC)価格

ビットコインとイーサリアムの違いを比較表を用いて、解説します。

ビットコインイーサリアム
発行枚数2100万BTC(上限)無制限(将来的に上限が決まる可能性あり)
主な利用用途や価値資産の保存手段(デジタルゴールド)スマートコントラクトやDAppsの開発に利用
創設者サトシ・ナカモト(匿名)ヴィタリック・ブテリン
コンセンサスアルゴリズムProof of Work(PoW)Proof of Stake(PoS)
時価総額ランキング1位2位
誰向けの金融商品か価値の保存を目的とする個人や企業スマートコントラクトを使った新しいサービスを開発する個人や企業(将来性を感じる投資家など)

ビットコインは、価値貯蔵の手段としての役割が主であり、物の対価として支払うための決済手段として中央集権的な状態から抜け出すことを目的として作られました。

一方、イーサリアムはプラットフォームとして機能し、スマートコントラクトを実行するための仕組みとして機能しています。同じ暗号資産ですが、両者にはさまざまな違いがあり、その暗号資産の目的にも大きな違いが見られます。なお、イーサリアムとビットコインは、以下のような主要な違いがあります。

イーサリアム

  • 特徴:スマートコントラクトと呼ばれるプログラム実行機能を搭載したプラットフォーム。DeFiやNFTなど、革新的なアプリケーション開発が可能
  • 将来性:スマートコントラクト技術の進化と共に、DeFiやNFT市場の拡大が期待される
  • おすすめする人:スマートコントラクト実装のサービスに興味がある人、長期的な投資で高いリターンを目指す人

ビットコイン

  • 特徴:世界初の暗号資産として確立された地位を持つ。発行枚数が限られている(2100万枚)ため、希少性が高い
  • 将来性:デジタルゴールドとしての価値が期待される。価格変動が比較的少ないため、安定資産としての有望
  • おすすめする人:短期的な利益よりも安定性を重視する人、長期的な投資で安定性を目指す人

まとめ:イーサリアムがビットコインを超える可能性は未知数

ENS Unstoppable Domains、スポット・イーサリアムETF

本記事では、イーサリアムはビットコインを超えられるのか?両者の将来性を中心に解説してきました。イーサリアムは、スマートコントラクトと呼ばれるプログラム実行機能を搭載したプラットフォーム。DeFiやNFTなど、革新的なアプリケーション開発が可能で、将来性が高いと評価されています。一方、ビットコインは、世界初の暗号資産として確立された地位を持ち、発行枚数が限られているため、希少性が高いという特徴があります。

イーサリアムはビットコインを超えられるのか?どちらが優位に立つのかは、現時点では未知数です。投資判断を行う際は、それぞれのメリットとデメリットを理解した上で、最適な選択することが重要になるでしょう。イーサリアムとビットコインそれぞれを比較し、投資判断の参考にしてみてください。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー