詳細を見る

イーサリアム(ETH)を購入するベストタイミングとは

18 mins

ヘッドライン

  • イーサリアム(ETH)を購入するベストタイミングについては、結論として断定できない
  • しかし、イーサリアムの価格に反映される可能性の高い重要ニュースが、2024年以降控えている
  • イーサリアムはスマートコントラクトのプラットフォームとして、NFTやDeFiなどのさまざまな分野で活用されており、将来性が見込まれる

イーサリアム(ETH)は、ビットコインに次ぐ、時価総額で世界第2位の暗号通貨です。スマートコントラクトのプラットフォームとして、NFTDeFiなどのさまざまな分野で活用されています。イーサリアムは、NFTやDeFiなどの分野で大きな可能性をもっており、また、ビットコイン現物ETFの承認申請も進んでおり、承認されればイーサリアムへの注目度が高まると予想されます。

そこで本記事では、イーサリアムを購入するベストタイミングを解説します。イーサリアムへの投資を検討している人や、イーサリアムの将来性について知りたい人は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

イーサリアムとは?

イーサリアムは、DApps(分散型アプリケーション)を構築するためのプラットフォーム。DAppsとは、中央管理者が存在せず、ネットワークに参加するすべてのユーザーによって運営されるアプリケーションのことです。

イーサリアムでは、条件が満たされると自動的に実行される契約であるスマートコントラクトと呼ばれるプログラムをブロックチェーンに組み込むことで、DAppsを実現しています。

例えば、イーサリアム上で開発されたDeFi(分散型取引所)では、スマートコントラクトによって取引の決済や出金などが自動化されており、また、イーサリアム上で開発された分散型保険では、スマートコントラクトによって保険金の支払いが自動化されています。

暗号通貨ETH(イーサ)とは?

ETH(イーサ)とは、イーサリアムのネイティブトークンです。ETHはイーサリアム上での取引や、スマートコントラクトの実行に必要な手数料として使用されます。ETHは2023年11月現在、時価総額で世界2位の暗号通貨であり、今後もさまざまな分野で利用されることが期待されています。

イーサリアム(ETH)を購入するベストタイミング

イーサリアムを購入するベストタイミングについては、結論として断定できません。暗号通貨市場は、非常にボラティリティが高く、リスクも高いため、購入するベストタイミングを図るのは非常に難しいといえます。

しかし、2024年のビットコイン半減期や、現物ビットコインETFの承認によって、暗号通貨市場全体に大きな追い風が吹く可能性は高いといえます。ここでは、イーサリアムの価格に反映される可能性の高いや重要ニュースを解説します。

イーサリアムに関する重要ニュース

イーサリアムに関する重要ニュースは、以下です。

  • ブラックロックによる「イーサリアム現物ETF」の申請
  • 2024年のビットコイン半減期
  • ブラックロックによる「ビットコイン現物ETF」の申請

イーサリアムに関するニュース①:ブラックロックによる「イーサリアム現物ETF」の申請

2023年11月10日、世界最大の資産運用会社であるブラックロックは、米国証券取引委員会(SEC)に「イーサリアム現物ETF」の申請を提出されました。

イーサリアム現物ETFとは、イーサリアムの現物(実物)を保有する投資信託のことです。これまで、米国ではイーサリアムの先物ETFは存在していましたが、現物ETFの申請はこれが初めてで、この申請が承認されると、米国で初めてイーサリアムの現物ETFが取引されることになります。

もし、ブラックロックの申請が承認されれば、イーサリアムの普及に大きく貢献すると考えられます。

イーサリアムに関するニュース②:2024年のビットコイン半減期

ビットコイン半減期とは、ビットコインのブロック生成に必要な報酬が半減するイベントとなっており、ビットコイン価格に大きな影響を与えるイベントとして知られています。過去の半減期では、半減期後にビットコインやそのほか暗号通貨の価格が上昇する傾向があり、2024年のビットコイン半減期は、2024年4月ごろになると予想されています。

イーサリアムに関する重要ニュースとして、2024年のビットコイン半減期が挙げられるのは、以下の2つの理由からです。

  • ビットコイン半減期は、イーサリアムを含む暗号資産市場全体に大きな影響を与える可能性がある
  • イーサリアムは、ビットコインに次ぐ時価総額で、世界第2位の暗号資産であり、ビットコイン半減期の影響を受けやすい

2024年のビットコイン半減期に向けて、イーサリアム市場の動向にも注目が必要といえるでしょう。

イーサリアムに関するニュース③:ブラックロックによるビットコイン現物ETFの申請

暗号通貨市場の重要なニュースとして「ブラックロックによるビットコイン現物ETFの申請」が挙げられます。ブラックロックは、世界最大の資産運用会社であり、その申請はSECにとっても大きな意味を持つことから、大きな注目を集めています。

SECは、ブラックロックの申請について審査を進めており、2024年1月10日までに承認または却下の最終決定を下す予定で、ビットコイン現物ETFの申請が承認されれば、イーサリアムの価格も上昇する可能性が高いでしょう。

イーサリアム(ETH)のおすすめ購入方法

結論として、イーサリアムを購入する場合は「つみたて投資」がおすすめです。つみたて投資とは、毎月一定額の資金を、一定の期間にわたって、同じ金融商品に投資する方法。

イーサリアムは、将来性の高い暗号資産ですが、価格変動リスクは依然として存在します。そのため、長期的な資産形成を目指すなら、つみたて投資でコツコツと購入していくのがおすすめです。

イーサリアム(ETH)のつみたて投資をオススメする3つの理由

イーサリアム(ETH)のつみたて投資のメリットは、以下の3つです。

  • 価格変動リスクを分散できる
  • 長期的な資産形成に向いている
  • 投資の手間が少ない

イーサリアムつみたて投資のメリット①:価格変動リスクを分散できる

つみたて投資は、毎月など決まったタイミングで同じ額を買い続ける方法です。そのため、価格が高いときに買うタイミングと、価格が安いときに買うタイミングが混在するため、価格変動リスクを分散することができます。

例えば、1か月に1万円ずつつみたて投資をした場合、価格が10万円のときと、価格が5万円のときのどちらかで買うことになります。どちらのときでも、合計の購入額は12万円と同じになります。

イーサリアムつみたて投資のメリット②:長期的な資産形成に向いている

つみたて投資は、短期的な値動きに左右されずに、長期的に資産を形成していくのに適した方法でもあります。イーサリアムは、今後も長期的な成長が期待されている暗号通貨であるため、つみたて投資でコツコツと購入を続ければ、将来的に大きな資産を形成できる可能性があります。

イーサリアムつみたて投資のメリット③:投資の手間が少ない

つみたて投資は、毎月決まった額を買い続けるだけなので、投資の手間が少ないというメリットもあります。価格の動きを見ながらタイミングを計って購入する必要がないため、初心者でも始めやすい方法です。短期的な価格に一喜一憂することなく、淡々と積み上げることができ、投資の手間が必要ないため、おすすめの投資方法といえるでしょう。

イーサリアム(ETH)を国内取引所で購入する方法

ETHの購入方法について解説します。

  • 暗号通貨取引所の口座開設
  • 口座へ日本円を入金
  • ETH(イーサ)の購入

イーサリアムの購入方法①:暗号通貨取引所の口座開設

現在、国内の取引所ではその多くがイーサをとり扱っているため、自分に最適な取引所を選べばよいでしょう。手数料や、暗号通貨サービス、取り扱い銘柄数などは異なるため、各取引所を比較しつつ、選定し、口座開設に必要な情報(メールアドレス、パスワード、身分証明書のアップロードや住所の確認)を入力し、口座開設を完了させましょう。

イーサリアムの購入方法②:口座へ日本円を入金

取引所に口座を開設したら、つぎに日本円を入金します。入金には、銀行振込やクレジットカードが利用できますが、入金方法は、各取引所によって異なります。入金手続きが完了すると、取引所の口座に資金が反映されます。

イーサリアムの購入方法③:ETH(イーサ)の購入

入金が完了したら販売所・取引所でETH(イーサ)を購入することができます。購入する数量や価格を指定し、注文し、約定すると、ETHが取引所ウォレットに反映されます。確認ができれば、完了です。

ETHを取引所のステーキングに回して運用することも、自分でDeFiにアクセスし、高い利回りで運用することもできます。

なお、ETHは、以下の国内取引所で購入できます。

  • コインチェック
  • ビットフライヤー
  • GMOコイン
  • ビットバンク
  • DMM ビットコイン
  • SBI VCトレード
  • ビットポイント

イーサリアムの将来性について

イーサリアムは、ビットコインに次ぐ時価総額で、世界第2位の暗号通貨となっており、またスマートコントラクトのプラットフォームとして、NFTやDeFiなどのさまざまな分野で活用されています。

イーサリアムの特徴でもあるスマートコントラクトをつかったDeFi(分散型金融)は、中央集権的な金融機関を介さずに、ブロックチェーン技術を活用して金融サービスを提供する仕組みです。イーサリアムは、DeFiの基盤となるプラットフォームとして、重要な役割を果たしています。

イーサリアムは、スマートコントラクトやDeFiなどの技術を活用して、Web3の基盤となる存在になることが期待されており、これらの要素から、イーサリアムの将来性は明るいと考えられるでしょう。NFTやスマートコントラクト、DeFiなどの分野で、イーサリアムの需要は今後も拡大していくと予想されます。

まとめ:イーサリアム(ETH)はつみたて投資で購入するのがベスト

本記事では、イーサリアム(ETH)を購入するベストタイミングについて解説しました。イーサリアム(ETH)を購入するベストタイミングについては、結論として断定できませんが、イーサリアムの価格に反映される可能性の高い重要ニュースが、2024年以降控えています。ビットコイン半減期や、イーサリアム・ビットコイン現物ETFの申請が承認されれば、イーサリアムへの注目度が高まると予想されます。

しかし、投資のタイミングを図ることは非常に難しいため、イーサリアムの購入を検討している人は「つみたて投資」がオススメです。リスクが低く、長期的な資産形成にも向いているため、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー