詳細を見る

イーサリアム(ETH)の知っておくべき基礎知識と購入方法

40 mins
記事 Ananda Banerjee

ヘッドライン

  • イーサリアムは、スマートコントラクトやDApps機能を備えたオープンソースネットワーク
  • イーサリアムでは、スマートコントラクトをブロックチェーンに組み込むことで、DAppsを実現している
  • ビットコインとは異なる特性を持っており、イーサリアムは今後さまざまな分野での活用が期待されている

イーサリアムは、スマートコントラクトやDApps(分散型アプリケーション)などの機能を備えた、ブロックチェーン技術を活用したオープンソースネットワークであり、ゲームチェンジャーとなる暗号通貨として注目を集めています。スマートコントラクト、DApps(分散型アプリケーション)など、多面的な機能を備えたプロトコルであるイーサリアムは、暗号通貨を単なる投資ではなく、ツールとして活用することに貢献しています。

本記事では、時価総額第2位の暗号通貨であるイーサリアムについてすべてを説明し、ネイティブコインであるイーサ(ETH)の購入があなたに適しているかを判断するのに役立ちます。また、イーサリアムの購入と販売のベストな方法についても説明します。

イーサリアムの基礎知識

イーサリアムは、スマートコントラクトやDApps(分散型アプリケーション)などの機能を備えた、ブロックチェーン技術を活用したオープンソースネットワークで。2014年にヴィタリック・ブテリン氏らによって開発され、時価総額でビットコインに次ぐ第2位の暗号通貨となっています。

イーサリアムを購入する前に、その基本的な仕組みと可能性について知っておく必要があります。ここでは、イーサリアムとは何か、スマートコントラクトとは何かについて、わかりやすく解説します。

イーサリアムとは?

イーサリアムは、DApps(分散型アプリケーション)を構築するためのプラットフォーム。DAppsとは、中央管理者が存在せず、ネットワークに参加するすべてのユーザーによって運営されるアプリケーションのことです。

イーサリアムでは、条件が満たされると自動的に実行される契約であるスマートコントラクトと呼ばれるプログラムをブロックチェーンに組み込むことで、DAppsを実現しています。

例えば、イーサリアム上で開発されたDeFi(分散型取引所)では、スマートコントラクトによって取引の決済や出金などが自動化されており、また、イーサリアム上で開発された分散型保険では、スマートコントラクトによって保険金の支払いが自動化されています。

スマートコントラクトとは?

スマートコントラクトは、条件が満たされると自動的に実行される契約のこと。イーサリアムでは、スマートコントラクトをブロックチェーンに組み込むことで、DAppsを実現しています。

スマートコントラクトの特徴は、以下のとおりです。

  • 公正性:プログラムによって実行されるため、人間の介入や改ざんを防ぐことができる
  • 透明性:スマートコントラクトの実行内容は、ブロックチェーンに記録されるため、誰でも確認することができる
  • 効率性:自動的に実行されるため、手続きやコストを削減することができる

スマートコントラクトは、金融、保険、不動産、製造業など、さまざまな分野で活用されています。例えば、金融分野では、スマートコントラクトを活用したデリバティブ取引や保険、融資などのサービスが開発されています。

イーサリアムの購入方法

イーサリアムを購入して保有する方法

①:Krakenアプリを開き、イーサリアムを見つけて「購入」をタップ

②:購入するETHの数量を選択

③:最後に、スライダーを右にスワイプしてトランザクションを確認

イーサリアム(ETH)を購入するには、CEX(中央集権型取引所)またはDEX(分散型取引所)を利用するのがおすすめです。CEXでETHを購入するには、アカウントを作成して本人確認を行い、取引所のウォレットに資金を入金する必要があります。

CEXでは、注文書取引でETHを購入する場合、さまざまな支払い方法を利用でき、BinanceやOKXなどの取引所では、USDTなどの対応する暗号通貨を保有している場合、P2P取引でETHを購入することもできます。

DEXでETHを購入するには、ウォレットを接続して資金を移動し、ETHと交換する必要があります。

ETHを購入したら、ハードウェアウォレット、ソフトウェアウォレット、モバイルウォレットのいずれかを使用して、資産を保管しましょう。

イーサリアムをすぐに売却する方法

ETHを購入したときと同様に、ETHを売却することもできます。また、ETHを取引所トークンに交換して、すぐに法定通貨に換金することもできます。

①:Krakenアプリを開き、ポートフォリオに移動して、イーサリアムと「売却」を選択

②:売却するETHの数量を選択

③:最後に、スライダーを右にスワイプして、売却注文を確定

イーサリアムを購入できる暗号通貨取引所5つ

1. Binance

Binanceは、世界最大の取引所です。ETHの取引高も世界トップクラスで、流動性が高いのが特徴。また、NFTや先物、オプションなどの幅広い商品を取り扱っています。日本ではBinace Japanとして運営されています。

2. Bybit

Bybit(バイビット)は、シンガポールに本社を置く暗号通貨取引所で、バイナンスと並ぶ世界最大級の取引所の1つです。先物取引やパーペチュアル取引などの多彩な取引オプションを提供しており、日本語にも対応しています。

3. Coinbase

Coinbaseは、米国を拠点とする大手取引所。米国のユーザーに人気があり、使いやすいインターフェースが特徴です。また、Coinbase PROでは、手数料が安く、高度な取引機能を利用できます。

4. Kraken

Krakenは、米国を拠点とする大手取引所。ETHの取引高は高く、流動性が高いのが特徴であり、また、複数の注文タイプに対応しており、先物取引も可能。

4. Kucoin

Kucoinは、アルトコインの取引量が多い取引所です。ETHも取り扱っており、流動性も高いです。また、分割されたNFTの購入も可能です。

これらの取引所は、いずれもイーサリアムを購入するのに適したプラットフォームです。流動性が高く、グローバルに展開しており、顧客保護やセキュリティも充実しています。

イーサリアムとDeFi

DeFi(分散型金融)は、ブロックチェーン特有の最も注目すべきユースケースの1つです。イーサリアムのスマートコントラクト機能は、数多くのDeFiアプリケーションの基盤となっており、ホスティングプロトコル、DEXなど、この広大な分野の複数の側面をカバーしています。

DeFi: DefiLlama

イーサリアムには、ERC-20やERC-721などのさまざまなトークン標準も導入されており、シームレスな資産作成とホスティングを可能にしています。流動性ファーミングから収益ファーミング、ステーキングから自動マーケットメーカーまで、DeFiの独自性はすべてイーサリアムが軸となっています。イーサリアムは分散型金融革命をリードしていますが、ネットワーク上に構築されたプロトコルは、他のチェーンにも存在を拡大しています。

NFTとイーサリアム:クリエイター、ツール、ENS、その関係性

NFT(非代替性トークン)は、イーサリアムエコシステムのERC-721トークン標準に準拠しています。BTCやETHなどの標準的な暗号資産とは異なり、NFTは1対1で交換や取引することができません。

NFTとETHの関係性

NFTの良い説明は、これらのトークンを所有権の形態として特定することに重点を置いています。NFTに価値を与えるのは、資産のユニークさです。イーサリアムを買うことだけに集中している場合でも、NFTに注目しておく必要があります。これは、イーサリアムのNFTエコシステムの成長がETHの価格に影響を与える可能性があり、トレーダーや投資家が情報に基づいた売買判断を下すのに役立つためです。

NFT取引量を見てイーサリアムを購入:DappRadar

イーサリアムとNFTの購入を検討するなら、どちらを優先すべきか?

NFT取引を始めるには、トップNFTアーティストやクリエイターの作品をチェックし、そのトークンや作品のパフォーマンスを確認しましょう。

もう1つの方法としては、CryptoSlam、Icy.tools、OpenSeaなどのNFTツールやプラットフォームを活用して、NFTの統計を追跡し、自分の好みに合った資産を見つける方法です。これらのプラットフォームの一部はNFTマーケットプレイスとしても機能しており、これらの限定的なトークンを売買する機会を提供しています。アーティストとして、NFTを鋳造することでNFTを作成することもできます。ただし、イーサリアムでは、NFTの鋳造には多額の手数料がかかる場合があることに注意してください。

ENS(イーサリアムネームサービス)とNFTの状況を理解

ENS(イーサリアムネームサービス)は、DNSまたはドメインネームサービス(DNS)の分散型のサービスです。ENSの背後にある考え方は、ブロックチェーン、またはむしろイーサリアムの存在に、人間が読み取れるIDを与えることです。ENSドメインはユニークであるため、イーサリアムのNFTエコシステムの促進に重要な役割を果たします。

ENS統計: Messari

以上で、イーサリアムの基本と、プラットフォームが提供する主なユースケースの概要を説明しました。それでは、イーサリアムエコシステムの詳細を見ていきましょう。

ENS 四半期指標: Messari

イーサリアムのエコシステム

イーサリアムエコシステムは、ユーザーがネットワーク内で操作できるようにするイーサリアムトークンとウォレットで主に構成されています。ETHを購入したい場合は、トークンおよびウォレットの使用パターンを念頭に置いておくとよいでしょう。それぞれの数値の増加は、資産の購入がよいオプションであるかどうかを判断するのに役立ちます。

イーサリアムトークンとその重要性

イーサリアムエコシステムはETHだけではありません。代替可能トークンと非代替可能トークンも見えています。さらに、ネットワーク上でホストされる他のブロックチェーンは、ERC-20、ERC-721、ERC-1155などのイーサリアムのトークン標準を使用して、独自のネイティブトークンを発行できます。

イーサリアムの調査: CoinMarketCap

WETH(ラップドイーサリアム)とは?

ETHは普遍的に受け入れられているトークンですが、特定のDAppsやDeFiプロトコルを使用する場合は、直接使用できない場合があります。その場合、スマートコントラクトにETHを送信して、同じもののラップされた、またはERC-20バージョンを作成することができます。ラップされたイーサリアム(WETH)と呼ばれるトークンは、いつでもETHと引き換えることができ、その価値はETHの価格に裏付けられています。

WETHは、DEXやERC-20トークンのみを受け入れるDeFiプロトコルやDAppsで保有しているETHを活用する機能を備えるなど、さまざまなメリットがあり、さらに、WETHで利息を獲得することもできます。

イーサリアムウォレットの選び方

イーサリアムウォレットは、ETHやERC-20トークンを保管するためのソフトウェアまたはハードウェアの存在です。ウォレットは鍵のようなもので、DApps、DEX、その他の関連リソースと直接やり取りするために使用できます。

ウォレットの種類としては「モバイル、Web、コールド、ホットウォレット」があり、ニーズに合ったものを利用するのがおすすめ。

暗号ウォレットのシードフレーズや秘密鍵は必ず共有しないでください。

おすすめのイーサリアムウォレット

有名なイーサリアムウォレットには、Ledger Nano XとTrezor Oneがあり、どちらも主要なハードウェアオプションです。MetaMaskやExodusなどのウォレットは、デスクトップやモバイルでの使用に適しています。ウォレットがマルチシグネチャであり、2要素認証を提供しているかどうかを検討してください。

投資対象としてのイーサリアム

イーサリアム (ETH) : Statista

ETHの価格に関連する要素を見ていきましょう。前述のように、ETHは1ドル未満で始まりましたが、2021年末までに4,800ドル以上まで上昇しました。2023年9月下旬現在、最高値から60%以上下落して、1,700ドル近くで取引されています。

ただし、価格履歴がイーサリアムを購入するのに十分説得力がある場合は、さらにいくつかの要因を考慮する必要があります。

  • より広範な暗号市場のセンチメント
  • ETHの供給
  • DAppスペース全体でユーティリティドライバーとしてのETHの需要
  • ETHを商品としての地位や性質をしばしば脅かすグローバルな規制
  • CardanoやSolanaなどの直接的な競争と、Optimismなどのレイヤー2プラットフォームからの間接的な競合
  • 暗号空間に内在するボラティリティ

イーサリアムの長期的な展望に期待しています。Vitalik Buterin氏は、暗号資産とコミュニティにおいて、プラスの影響を与えてきました。

Fundstratの共同創設者、トム・リー氏のTwitterより

イーサリアムのレイヤー2とスケーラビリティ・ソリューション

イーサリアムは、世界最大のスマートコントラクトプラットフォームであり、DeFi、NFT、DAOなどのさまざまな分野で広く使用されています。しかし、イーサリアムの人気が高まるにつれて、スケーラビリティの問題が浮き彫りになってきました。

イーサリアムのレイヤー1ブロックチェーンは、1秒あたり最大30件のトランザクションしか処理できず、これは、DAppsやその他のアプリケーションの需要に追いついていないのが現状です。

この問題を解決するために、レイヤー2ソリューションと呼ばれる技術が開発されています。

その中でも、最も人気のあるソリューションは次のとおりです。

ポリゴン(MATIC)

ポリゴンは、イーサリアム向けのマルチチェーンスケーリングリソース。このエコシステムにより、ユーザーは複数のイーサリアム互換チェーンを構築および接続でき、より安価で高速なトランザクションが可能になります。ポリゴンのネイティブトークンはMATICです。

オプティズム(Optimism)

オプティズムは、スケーリングテクノロジーにオプティズムロールアップを使用する、イーサリアム固有のスケーリングソリューションです。オプティズムは、トランザクションをオフチェーンまたはイーサリアム外で確定し、バッチ化された要約をメインネットにのみ送信することで機能します。基盤となるロールアップテクノロジーは、イーサリアムのガス料金を削減し、トランザクションを高速化するのに優れています。

アービトラム(Arbitrum)

アービトラムは、オプティズムロールアップを組み込んだもう1つのイーサリアムレイヤー2ソリューションです。オプティズムと同様に、トランザクションをオフチェーンにプッシュします。長年にわたり、オプティズムはオプティズムニトロやアービトラムOneなどの新しいアップグレードをリリースし、メインネットのスケーリングを容易にしました。最近、アービトラムはネイティブトークンであるARBをリリースし、そのレパートリーにさらに1つのユースケースを導入しました。

このレイヤー2スケーリングソリューションのもう1つの側面は、アービトラムブリッジです。これにより、ユーザーはスマートコントラクトを使用して、あるチェーンから別のチェーンに資金をブリッジできます。

zkEVMとは?イーサリアムのスケーラビリティを向上させるための新技術

イーサリアムは、スマートコントラクトの実行を可能にする世界最大のブロックチェーンですが、イーサリアムのレイヤー1ブロックチェーンは、1秒あたり最大30件のトランザクションしか処理できないという課題があります。このため、DAppsやNFTなどのアプリケーションの開発や利用が制限される可能性があります。

zkEVMは、イーサリアムのスケーラビリティを向上させるために注目されている新しい技術です。zkEVMは、ゼロ知識証明と呼ばれる技術を使用して、トランザクションの安全性とプライバシーを維持しながら、トランザクションの処理速度を向上させることができます。

イーサリアムと競合の比較

イーサリアムを購入する前に、競合を調べて、ネットワークの採用状況や他のネイティブトークンのパフォーマンスを把握しておきましょう。イーサリアムには、多くの「キラー」やイーサリアムの代替品と言われるものがありますが、ここでは、その中でもトップ3のオプションを分析します。

ライトコインとイーサリアム

イーサリアムがPoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用したことで、ライトコインとイーサリアムの議論はほとんど意味をなさなくなりました。しかし、イーサリアムがPoWだった頃は、ライトコインネットワークはイーサリアムの最も近い競争相手の1つでした。統合後の違いとしては、ライトコインは依然としてイーサリアムネットワークと比較してトランザクション手数料が低いことが挙げられます。

ソラナとイーサリアム

ソラナとイーサリアムの比較は、両方のエコシステムがアプリケーション、NFT、スマートコントラクトをホストできるため、より意味があります。ソラナはPoH(証明履歴)に依存しているのに対し、イーサリアムは純粋なPoSです。ソラナは頻繁にネットワークの停止例がありますが、それでもイーサリアムと比較してトランザクション手数料が低く、トランザクション完了が速いという特徴があります。

イーサリアムクラシックイーサリアム

両方のブロックチェーンが単一のコードベースから派生しているため、イーサリアムクラシックとイーサリアムの比較は、最も意味のある比較といえます。前者は、2016年のDAOハックに続いてイーサリアムのフォークです。イーサリアムがPoSに移行したのに対し、イーサリアムクラシックは依然としてPoWです。

イーサリアムのステーキングについて

イーサリアム(ETH)を購入する理由の1つは、コインを保有して収益を得ることです。その仕組みを見てみましょう。

イーサリアムステーキング

ステーキングは、主にネットワークを保護するためにETHをロックする方法です。同時に、その上で収益を得ることができ、32ETHという十分な量のステークされたETHがあれば、バリデーターになり、トランザクションの検証と手数料の獲得を行うことができます。

イーサリアムステーキングには多くのメリットがありますが、いくつかの欠点もあります。バリデーターになるための高額なステーキング制限や、資金が削減されるリスクなどです。

イーサリアムをステーキングする場所がわからない場合は、Lidoが最善の選択肢です。流動性ステーキングプラットフォームであり、ステークされたETHは実際にはロックされておらず、必要に応じて引き出すことができます。Lido以外にも、Binance、Stakewiseなどのイーサリアムをステーキングできるプラットフォームが存在します。

イールドファーミングによる高収益オプション

イーサリアムエコシステムに慣れていない場合は、イールドファーミングがよく耳にする言葉かもしれません。イールドファーミングとは、ETH保有者が選択した流動性プールに資金をステーキングするプロセス。複利をサポートし、新しいトークンのローンチのためのリードジェネレーション戦略にもなります。

イーサリアムのマイニング方法は?

2023年現在、イーサリアムのマイニングは、もはやそれほど意味のあるものではありません。しかし、イーサリアムがPoW(プルーフ・オブ・ワーク)だった2022年までは、マイニングは可能でした。その仕組みを見てみましょう。

イーサリアムマイニングを理解する

イーサリアムのマイニングは、他の標準的なマイニングプロセスと同様に、複雑な数学問題を解くことで行われていました。マイニング報酬として、ETHとトランザクション手数料の一部が支払われました。また、誰でもマイニングリグを設置してマイニングを行うことはできましたが、エコシステムがPoSに完全に移行する前は、イーサリアムプールマイニングが最も注目を集めていました。

ETHプールマイニングは、ハッシュパワーを組み合わせてブロックをマイニングし、報酬を得る確率を高めました。イーサリアムマイニングプールは現在は存在しませんが、そのプロセスは、信頼できるプールのウェブサイトに登録し、プールソフトウェアに接続して、マイニングを開始するというもので、ビットコインネットワークのクラウドマイニングに似ていました。

ネットワークがPoSに移行した2022年9月15日以降、イーサリアムを採掘して利益を得ることはできなくなりました。しかし、ETH互換のマイニングリグは、イーサリアムクラシック(ETC)やレヴァンコイン(RVN)などの他の暗号通貨のマイニングにも使用できるため、すべてが失われたわけではありません。

イーサリアムのアップグレードと開発

イーサリアムアップグレード:上海アップグレードの重要性

イーサリアムネットワークは、その創設以来、数々のアップグレードを経てきました。2016年のHomesteadから、DAOフォークなどの最初の安定したリリースまで続きます。しかし、2023年3月に開始されたイーサリアム上海アップグレードは、その中でも重要なものの1つです。イーサリアムがPoSに移行する際には、市場全体の売り圧力を避けるために、しばらくの間ステークされたETHをロックすることが不可欠でしたが、上海アップグレードは、段階的にではありますが、ステークされたETHの引き出しを可能にしました。

イーサリアムマージの理解

2022年以前に行ったすべてのイーサリアムの動きは、イーサリアムマージを目的としていました。2022年9月に開始されたイーサリアムマージは、イーサリアムをプルーフ・オブ・ステークコンセンサスに移行させました。メリットとしては、イーサリアムをよりエネルギー効率的にし、ネットワークをわずかにデフレ化したことが挙げられます。2023年9月現在、ネットワークのインフレ率は0.3%未満で、PoWコンセンサスでは3%近くになっていたでしょう。

イーサリアムの将来性

ビットコインは、P2Pの現金システムとしての立場を堅持していますが、イーサリアムブロックチェーンははるかに多様です。イーサリアム(ETH)を購入し、長期保有したい一部の人々は、イーサリアムの時価総額がビットコインを超える可能性がある「フリップニング」の可能性に楽観的です。フリップニングとは、イーサリアムの時価総額がビットコインを超えることを指します。現在、ビットコインの時価総額はイーサリアムの約4倍です。

イーサリアムは、ビットコインとは異なる特性を持っており、イーサリアムは、決済だけでなく、さまざまな分野での活用が期待されています。今後のイーサリアムの成長と、フリップニングの可能性に注目が集まります。

よくある質問

初心者向けイーサリアムの購入方法は?

今イーサリアムを購入しても安全ですか?

ビットコインかイーサリアムを買うべきでしょうか?

イーサリアムの所有者は誰ですか?

最大のETH保有者は誰ですか?

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー