詳細を見る

メタマスクとは?特徴や機能、将来性について解説

14 mins

メタマスクとは、イーサリアムブロックチェーン上で動作する暗号通貨ウォレットです。2016年に開発され、現在では世界中で最も人気のあるウォレットの1つとなっています。

本記事では、メタマスクの特徴や機能、将来性について解説します。メタマスクに興味がある人は、ぜひ最後までご覧ください。

メタマスクとは?

メタマスクとは、イーサリアムブロックチェーン上で動作する暗号通貨ウォレットです。2016年に開発され、現在では世界中で最も人気のあるウォレットの1つとなっています。DAppsへのアクセスや、イーサリアムベースの暗号通貨の保管・送受信、NFTマーケットプレイスNFTゲームなどの、ブロックチェーンを基盤としたサービスを利用することができます。

メタマスクは汎用性が高く、操作性がいいため使いやすい暗号通貨ウォレットであることから、Web3.0時代の必須ツールと言えるでしょう。

メタマスクの特徴3つ

メタマスクの特徴について解説します。

  • ブラウザ拡張機能としての利便性
  • セキュリティにも優れており、安全性が高い
  • トークンの簡単な追加と管理できる

メタマスクの特徴①:ブラウザ拡張機能として利用できる

メタマスクは、主要なウェブブラウザに対応する拡張機能として提供されているため、ユーザーは特別なソフトウェアをダウンロードすることなく、簡単にDAppsにアクセスしたり、トークンの取引を行ったりすることができます。常に手元にあるブラウザから直接アクセスできるため、日常的な使用に非常に便利なアプリとなっています。

なお、Dappsについては「分散型アプリケーション(DApps)とは?特徴や活用事例」にて詳しく解説しています。

メタマスクの特徴②:セキュリティにも優れており、安全性が高い

メタマスクは、ユーザー自身が秘密鍵やアカウント情報を管理することができるため、セキュリティにも優れています。メタマスクでは、パスワードやシードフレーズという12個の復元キーを設定することで、自分のウォレットを保護できます。また、トランザクションを実行する際には、毎回確認画面が表示されるため、不正な操作や詐欺にも注意することができるため、安全に資産を保管できる点も特徴です。

メタマスクの特徴③:トークンの簡単な追加と管理できる

メタマスクはカスタムトークンを追加するためのコントラクトアドレスを入力するだけで、そのトークンの残高や取引履歴を確認することができます。あらゆるトークンを一括に管理することが可能なため、利便性が高いアプリとなっています。

メタマスクで使える機能

Metamask

メタマスクで使える機能について紹介していきます。

  • ウォレット機能
  • トランザクション管理機能
  • DAppsブラウザ機能
  • カスタムトークンの追加機能
  • プライバシーモード機能

メタマスクで使える機能①:ウォレット機能

イーサリアムネットワーク上でトークンを保管するためのウォレット機能です。ウォレット機能を使用することで、トークンを安全に保管することができ、トークンの送信や受信、残高の確認なども可能です。

メタマスクで使える機能②:トランザクション管理機能

イーサリアムネットワーク上でのトランザクション管理機能を提供しています。トランザクションの送信や受信、履歴の確認などを行うことができ、また、トランザクションの手数料や承認待ちのトランザクション管理も可能です。

メタマスクで使える機能③:DAppsブラウザ機能

DAppsブラウザ機能を利用することで、ユーザーはイーサリアムネットワーク上で動作するDAppsに簡単にアクセスすることができます。ブラウザ上でDAppsを使用するための環境を提供されているため、メタマスクを介してログインすることが可能です。

メタマスクで使える機能④:カスタムトークンの追加機能

カスタムトークンの追加機能では、イーサリアムネットワーク上で発行されていないトークンを自分で追加することができます。カスタムトークンを追加することで、新しいトークンをメタマスクで管理することができ、自由にカスタマイスすることが可能です。

メタマスクで使える機能⑤:プライバシーモード機能

プライバシーモード機能とは、特定のWebサイトでのメタマスクの使用を制限することができる機能です。ユーザーが安心してメタマスクを使用するための機能であり、Webサイトからの情報収集を制限するために使用されます。

メタマスクを利用する際の注意点

メタマスクを利用する際の注意点について解説します。

  • パスワードとシードフレーズを安全に保管する
  • メタマスクを不正なサイトにアクセスさせない
  • メタマスクを最新の状態に保つ

メタマスクの注意点①:パスワードとシードフレーズを安全に保管する

メタマスクは、パスワードとシードフレーズによってウォレットが保護されています。パスワードは、メタマスクにアクセスするための認証情報です。シードフレーズは、ウォレットの秘密鍵です。パスワードとシードフレーズを紛失したり、盗まれたりすると、ウォレットにアクセスできなくなり、保管している暗号資産を失う可能性があります。そのため、パスワードとシードフレーズは、安全に保管するようにしましょう。

メタマスクの注意点②:メタマスクを不正なサイトにアクセスさせない

メタマスクは、DAppsにアクセスすることができますが、メタマスクを不正なサイトにアクセスさせてしまうと、ウォレットにアクセスできなくなり、保管している暗号通貨を失う可能性があります。そのため、メタマスクを不正なサイトにアクセスさせないことが大切です。

メタマスクの注意点③:メタマスクを最新の状態に保つ

メタマスクは、常にアップデートされています。アップデートには、セキュリティの改善や機能の追加などが含まれています。そのため、メタマスクを最新の状態に保つようにしましょう。

メタマスクの将来性について

メタマスクは、現在、イーサリアムネットワーク上で最も人気のあるウォレットの1つであり、イーサリアムネットワーク上でのトークンの管理や、DAppsの使用などを支援することができます。

近年、DAppsの人気が急速に増加していますが、DAppsを使用するためには、暗号通貨のウォレットが必要となります。メタマスクは、このようなDAppsに対する需要が増加するにつれて、ますます重要性を増していくと考えられています。すでに多くのユーザーやコミュニティを形成していることから、メタマスクの規模拡大はさらに有利になっていくことが考えられるでしょう。

メタマスクに関するよくある質問

Q1:メタマスクはどのようなブラウザに対応していますか?

Q2:メタマスクではガス代を自分で調整できますか?

Q3:メタマスクでNFTを表示することはできますか?

まとめ:メタマスクは今後も新しい機能やサービスが追加される可能性がある

本記事では、メタマスクについて解説しました。メタマスクは、イーサリアムブロックチェーン上で動作する暗号資産ウォレットです。2016年に開発され、現在では世界中で最も人気のあるウォレットのひとつとなっています。メタマスクは、DAppsへのアクセスや、暗号資産の保管・送受信など、さまざまな用途に使用することができます。

メタマスクは、まだまだ発展途上の技術であり、今後も新しい機能やサービスが追加される可能性があります。今後のメタマスクの展開に期待しましょう。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー