詳細を見る

ポリゴン(MATIC)を購入できる国内取引所と購入方法

11 mins

ヘッドライン

  • ポリゴンは、イーサリアムのスケーラビリティとインフラストラクチャの問題を解決するために開発されたプラットフォーム
  • ポリゴン(MATIC)は複数の国内取引所に上場している
  • イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決する有望なプロジェクトとして、今後も、ポリゴンの活用事例は拡大していくと考えられる

ポリゴン(MATIC)は、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するために開発されたプラットフォームで、ブロックチェーンネットワークの速度と安全性を向上させるとして、期待が集まっている暗号通貨プロジェクトです。

そこで本記事では、購入できる国内取引所と購入方法について解説します。ポリゴンの購入を検討されている人は、ぜひ最後までご覧ください。

ポリゴン(MATIC)とは?

Polygon

ポリゴン(MATIC)とは、イーサリアムのスケーラビリティとインフラストラクチャの問題を解決するために開発されたプラットフォーム。イーサリアムと互換性のあるさまざまなスケーリングソリューションを提供することで、ブロックチェーンネットワークの速度と安全性を向上させることを目指しています。

イーサリアムとの相互運用性を持ちながら、イーサリアムと同様にDApps(分散型アプリ)などの開発ができるブロックチェーンとして注目を集めており、その将来性が期待されています。

ポリゴンの主な特徴は以下のとおりです。

  • スケーラビリティの向上:イーサリアムメインネットと比較して、処理速度が大幅に向上しており、手数料も安価
  • 相互運用性の向上:イーサリアムとの相互運用性を備えているため、イーサリアム上で構築されたDAppsをポリゴン上で利用することができる
  • 拡張性の高さ:ポリゴンは、サイドチェーンやロールアップなどのさまざまなスケーリング技術を採用しているため、今後もスケーラビリティを向上させることができる

ポリゴン(MATIC)を購入できる国内取引所

polygon

ポリゴン(MATIC)を購入できる国内取引所について解説します。

  • コインチェック
  • ビットフライヤー
  • ビットバンク
  • DMM ビットコイン
  • SBI VCトレード
  • ビットポイント
  • OKCoinジャパン

ポリゴンを購入できる国内取引所①:コインチェック

コインチェックは、2014年に設立された暗号資産の取引所で、現物取引とレバレッジ取引を提供していおり、取り扱い通貨数は23種類。積立投資やステーキングなどの豊富なサービスを提供しており、初心者にも使いやすいと評判のある取引所です。

ポリゴンを購入できる国内取引所②:ビットフライヤー

ビットフライヤーは2014年に設立された取引所で、国内最大級の取引高、豊富な銘柄数を提供しており、国内でも人気の高い取引所です。現物取引、レバレッジ取引、貸暗号資産など、幅広いサービスがあり。初心者から上級者まで、さまざまなニーズに対応しています。

ポリゴンを購入できる国内取引所③:ビットバンク

ビットバンクは、取り扱い銘柄数を強みにしている取引所で、現在31種類の通貨を販売所で購入できます。

また、ビットバンクは、取引所での注文によって手数料が発生するのではなく、手数料が還元されるという仕組みを導入しています。

ポリゴンを購入できる国内取引所④DMM ビットコイン

DMM ビットコインは、DMMグループが運営する取引所で、レバレッジ取引の手数料やロスカット手数料など、様々な手数料が無料となっています。

スマホアプリやPCサイトで、リアルタイムのチャートやレートを確認できるため、中級者以上のユーザーからも支持を得ており、MATICの対象サービスは現物取引およびレバレッジ取引となっています。

ポリゴンを購入できる国内取引所⑤SBI VCトレード

SBI VCトレードは、SBIグループが運営する取引所で、MATICは、現物取引、貸暗号資産、積立の各サービスで取扱いが可能。

SBI VCトレードは、暗号通貨を保有せずNFTの売買を可能にする「SBI Web3ウォレット」の開発も発表しており、注目度も高まっている取引所です。

ポリゴンを購入できる国内取引所⑥ビットポイント

ビットポイントとは、ビットポイントジャパン株式会社が運営する取引所で、「つみたて」や「貸暗号資産」、「ステーキング」などの複数のサービスを提供しています。

ビットポイントは、現物取引の手数料が0.0999%と、国内の取引所の中では最も安い水準です。レバレッジ取引や貸暗号資産も、比較的低コストで利用できます。

ポリゴンを購入できる国内取引所⑥OKCoinジャパン

OKCoinジャパンは、中国の大手暗号通貨取引所「OKCoin」の日本法人が運営する取引所です。MATICの対象サービスは、取引所、販売所。日本語のサポート体制を整えており、電話、メール、チャットなどの問い合わせに対応可能。

ポリゴン(MATIC)の購入方法

Polygon (MATIC)

ポリゴン(MATIC)の購入方法について解説します。

  • 暗号通貨取引所の口座開設
  • 口座へ日本円を入金
  • ポリゴン(MATIC)の購入

ポリゴンの購入方法①:暗号通貨取引所の口座開設

ポリゴンを扱っている7つの取引所のいずれかで、口座開設します。必要な情報(メールアドレス、パスワード、身分証明書のアップロードや住所の確認)を入力し、口座開設を完了させましょう。

ポリゴンの購入方法②:口座へ日本円を入金

取引所に口座を開設したら、つぎに日本円を入金します。入金には、銀行振込やクレジットカードが利用できますが、入金方法は、各取引所によって異なります。入金手続きが完了すると、取引所の口座に資金が反映されるので、購入金額分の金額を入金しましょう。

ポリゴンの購入方法③:ポリゴン(MATIC)の購入

入金が完了したら販売所・取引所でポリゴン(MATIC)を購入することができます。購入する数量や価格を指定し、注文し、約定すると、ポリゴンが取引所ウォレットに反映されます。

ポリゴンを購入する際の注意点

ポリゴンを購入する際の注意点を解説します。

  • 余剰資金で購入する

ポリゴンを購入する際の注意点①:余剰資金で購入する

ポリゴンなどのアルトコインは、値動きが激しく、価格が下落するリスクがあるため、実際に投資をする際は、余剰資金で購入するようにしましょう。仮に価格が下落しても生活に大きな影響を与えない程度で、購入するのがオススメです。

まとめ:ポリゴンの活用事例は、今後拡大していくと考えられる

本記事では、ポリゴン(MATIC)を購入できる国内取引所と購入方法について解説しました。ポリゴン(MATIC)は、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決する有望なプロジェクトとして注目を集めています。今後も、ポリゴン(MATIC)の活用事例は拡大していくと考えられます。もしポリゴンの購入を検討している人は、本記事を参考に国内取引所で購入してみてください。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー