詳細を見る

イーサリアム、上海アップグレード完了|ステークされたETHが引き出し可能へ

4 mins

イーサリアムは12日早朝、Shapella(上海)アップグレードの実装を完了した。同アップグレードに伴い、ステーキングされているイーサリアム(ETH)、約1800万ETHおよび、バリデータのステーキング報酬の引き出しが可能となった。

上海アップグレードは、2022年9月に実装されたイーサリアムネットワークのアップグレード「The merge」に続くもの。イーサリアム2.0への布石となる重要なアップグレードの一つだ。同アップグレードでは、エポック194048からハードフォークが実施。バリデーターはビーコンチェーンからエクセキューションレイヤー(EVM)に戻る。これにより約1800万ETH及びバリデータのステーキング報酬の引き出しが可能に。本稿執筆時点には、54.7万ETHのうち、約27.5万ETHの引き出し要請が可能であることがイーサリアム・ブロック・エクスプローラー「beaconchai.in」にて確認された。さらに、ブロックチェーン分析会社Nansen.aiのデータによると、ステークが解除されたイーサリアムはほとんど引き出されておらず、ステークされたイーサリアムの変化率は0.4%にとどまった。

これを記念し、イーサリアムのコミュニティグループイーサリアムキャットハーダーズ(Ethereum Cat Herders)が「Shapella Mainnet Watch Party」というイベントを開催し、約4000人が参加した。イーサリアム共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は同アップグレードに関し、「イーサリアムプロトコルの移行の最も難しく、速い部分の移行は終了した。重要な部分の移行がまだ残っているが、これらの移行はゆっくりと安全に行ってゆく」と語った。

Krakenのステーキングサービス、すべての米国ユーザーのETH引出しへ

Ratedネットワークエクスプローラーのデータによると、ステーキングに移行するバリデーターの中で、暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケンが出金キューの62%を占めている。米国証券取引委員会(SEC)は23年2月、クラーケンのステーキングサービスが無登録の証券提供にあたると発表。同取引所は和解金として3000万ドル(約39億円)を支払った。本件を踏まえ、同社のステーキングサービスは、米国ユーザーがステークしたETHの自動出金のオペレーションを行っている。なお、引き出し処理は、特定の期間内で実行できるバリデータの数に上限が設けられており、すべてのETHが即座に引き出し可能なわけではない。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー