詳細を見る

暗号通貨マイニングにオススメのハードウェア7選

26 mins
記事 Rahul N.

世界的なGPU不足と輸入関税免除の終了という状況下で、ビットコインマイニングマシンを購入する価値は依然としてあるのでしょうか?これは、ビットコインが強気相場を維持するかどうか、および電気代が比較的安いかどうかによって異なります。しかし、市場を調査し、最適なビットコインマイナーを見つけることは賢明といえます。

暗号通貨マイニングの収益性は、ビットコインマイニングマシンの初期費用、消費電力、ハッシュレートのバランスによって決まります。これらの数値がわかれば、マイニング計算機を使って、ビットコインのブロック報酬と電気代に基づいて収益を計算することができます。そこで本記事では、暗号通貨マイニングにオススメのハードウェア7選を解説します。

トップ7のビットコインマイニングマシン

Antminer S19 Pro: Bitmain

DeFiブロックチェーンエコシステム全体にとって重要な要素であるビットコインマイニングの世界を探るには、最適な機材選びが欠かせません。この記事では、暗号通貨マイニングのダイナミックな世界で重要となる独自の特性と効率性を備えた、上位7台のビットコインマイニングマシンを詳しく紹介します。

1. Antminer S19 Pro

  • 消費電力: 3.25 kW
  • ハッシュレート: 110 TH/s
  • 価格: 約$10,000 – $19,600

M30S++と比較して、このBitmainASICマイナーは29.5J/THの効率性を誇ります。最新のファームウェアによる大幅な起動時間とユーザーエクスペリエンスの向上により、このリストの中では最高のビットコインマイナーと言えるでしょう。最新の非マイニングAMDRyzenCPUと同様に、7nmTSMCチップセットを使用している点も優れています。ただし、記事執筆時点では、サプライチェーンの問題によりメーカーのウェブサイトからは入手できません。このような問題は頻繁に発生しているようです。

2. AvalonMiner 1246

AvalonMiner 1246: Canaan
  • 消費電力:3.43kW
  • ハッシュレート:90TH/s
  • 価格:$4,000 – $5,300

中国のCanaanCreativeは、暗号通貨マイニング業界で実績のある企業です。一部では、2013年の最初のモデル以来、専用ASICビットコインマイニングマシンを提供した最初の企業であると評されています。AvalonMiner1246は、4つの統合ファンを搭載しており、最大75dbの騒音になるため、耐久性に優れたマイニングマシンと言えます。

交通騒音と同等とされており、専用マイニングスペースを用意し、防音対策を行う必要がありますが、38J/THという高い効率性を誇ります。さらに、1年間の保証と統合されたAIマイクロチップが付属しています。ほとんどのASICマイナーと同様に、需要が高いため入手が難しいかもしれませんが、まずは公式サイトを確認してみてください。

3. AvalonMiner A1166 Pro

AvalonMiner 1166 Pro: Canaan
  • 消費電力:3.4 kW
  • ハッシュレート:81TH/s
  • 価格:$2,200-$2,850

ハッシュレートと消費電力はほぼ同等ながら、2倍の価格であるAvalonMinerA1166Proは非常に人気が高く、入手が困難です。このビットコインマシンはハッシュレート効率が42J/THで、AvalonMiner1246より4高くなっています。ハイエンドPCと同程度の価格ではありますが、この電力効率であればお得です。

残念ながら、手頃な価格にするためにCanaanはいくつかの妥協をしたようで、保証期間はわずか180日しかありません。また、メーカーから直接購入する場合、最低5台を注文して発送してもらう必要があります。5台すべてを合わせると405TH/sに達し、1日あたりの収益は約115ドルになります。冷却ファンは前のモデルと同じものを使用しているため、音も同様にうるさいと予想されます。

4. WhatsMiner M32-62T

WhatsMiner M32: Whatsminer
  • 消費電力:3.348kW
  • ハッシュレート:62TH/s
  • 価格:$1,075-$1,400

昨年登場したマイニング業界の新星であるこの超手頃なビットコインマイニングマシンは、Samsungの8nmチップセットを採用しています。残念ながら、最新だからといって最も効率的というわけではなく、消費電力から判断するとAvalonMiner1246と同等ですが、30%ほど非効率です。

しかし、トップクラスのASICマイナーよりも4~5倍安価であるため、4か月未満で投資回収を見込んでいるのであれば堅実な投資と言えるでしょう。180日間の保証が付いており、電源ユニットが付属しています。M32シリーズは3種類のバージョンがあり、最も高価なものでは66TH/sを達成します。

ビットコインハッシュレート2022-2024年12月:
TradingView

5. WhatsMiner M30S++

WhatsMiner M30S++: Whatsminer
  • 消費電力:3.472kW
  • ハッシュレート:112TH/s
  • 価格:$9,900-$14,000

中国のMicroBTが製造する別のモデルであるM30S++は、小売市場で入手できるビットコインマイニングマシンの中で最高ハッシュレートを誇るモンスターマシンです。驚くべきことに、消費電力はかなり低く、31J/THという点で最も効率的なASIC マイナーの1つでもあります。しかし、最低でも1万ドルという価格設定のため、ビットコインマイニングに多大なコミットメントが必要です。

電気代が適度であれば、ビットコイン価格が現在の範囲(55k-57k)を超えない限り、10~12か月以内に投資回収が見込めます。昨年10月に発売されたばかりですが、こちらもSamsungの最新の8nmASICチップセットを採用しています。

6. Ebang EBIT E11++

Ebang EBIT E11++: ASIC Miner Value
  • 消費電力:2kW
  • ハッシュレート:44TH/s
  • 価格:$2,024

中国のEbangは、トップクラスのビットコインASICメーカーの1つです。最新モデルは、効率的な排気ファンと吸気ファンを両側に備えた、クラシックでコンパクトなチューブ型デザインを採用しています。ソフトウェア設定も同様に効率的で、「SimplifyIP」セットアップにより、イーサネット経由で迅速にビットコインマイニングを開始できます。

1年間の保証(本体は半年、コントローラーは1年)が付いているEBIT E11++は、10nmチップセット上に構築されています。ハッシュレート効率がAvalonMinerA1166Proよりもかなり低いため、他の選択肢がない場合は最後の選択肢となるでしょう。

7. Bitmain Antminer S5

Bitmain AntMiner S5: Bitmain
  • 消費電力:0.56 kW
  • ハッシュレート:62TH/s
  • 価格:~$500

2014年に発売されたこのモデルは、マイニングアルゴリズムをシームレスに統合し、低消費電力と0.51J/GHという効率的なハッシュレートにより、現在でも有効です。さらに、2.5kgの軽量でオープンなトップデザインは、冷却に役立ちます。最大騒音レベルは65dBで、小スペースにも最適です。

ビットコインマイニングに必要なハードウェア

すでに高性能なPCを持っている場合は、初期費用をかけずにそれをビットコインマイニングマシンに変換することができます。ゲームのように、プレイするために最低限のシステム要件があるように、ビットコインマイニングにも利益を出すために最低限の要件があります。

  • CPU:インテルCeleronシリーズ以上
  • MBO: B250シリーズ以上
  • GPU:NvidiaGTX070またはAMDVega56以上

ワークステーション、高性能なゲーム、マイニングなど、次のPCに最高の出力を求める場合は、AMDRyzenThreadripper3970Xを検討してください。32コアと64スレッドを搭載し、つい最近までスーパーコンピューターと呼ばれていたほどです。また、144MBの大容量キャッシュと280Wの消費電力を持っています。

ビットコインマイニングにおける費用対効果の高いGPUは、NvidiaRTX3070のようです。ただし、入手困難であり、MSRP400ドルで購入できる可能性は低いでしょう。

1ビットコインをマイニングするのにかかる時間

現在のビットコイン価格55,000ドルを基準に考えると、50TH/sのハッシュレートを持つ中程度のビットコインマイニングマシンであれば、1年で1BTCをマイニングすることができます。しかし、このように小規模な規模で効率的にビットコインマイニングを行う時代は、すでに過去のものとなっています。

しかし、マイニングにはクラウドマイニングという選択肢があります。例えば、StormGainは、1日最大0.0318 BTCをマイニングできるクラウドマイニングサービスを提供しています。これは、怪しいマルウェアをコンピュータにインストールしたり、マイニングリグを準備したりすることなく、安全にマイニングを行う方法です。StormGainは金融委員会のブロックチェーン協会のメンバーであり、その信頼性を証明しています。

ASICマイナーとは何ですか?

ビットコインが誕生した初期は、一般的なGPUを使って仮想通貨をマイニングするのが一般的でした。現在でも、電気代が安い地域ではGPUマイニングが行われていますが、ビットコインマイニングにおいては、その方法はすでにコスト効率の面で時代遅れになっています。

実は、ビットコインはもともとCPUの処理能力を使ってマイニングするように設計されていました。その後、ビットコインコア開発者は、GPUの高いハッシュ能力を利用することを決定しました。しかし、さらにその後、ASICマイナーと呼ばれる特殊なハードウェアが登場し、GPUよりも優れた性能を発揮するようになりました。ASICマイナーは、特定の用途に特化した集積回路(Application Specific Integrated Circuit)の略です。現在、本格的なビットコインマイニングファームは、ASICマイナーで構成されています。ASICマイナーを使わなければ、マイニングは収益化できないのです。

最も収益性の高いビットコインマイナーは?

現在、BitWatsのビットコインマイニングマシンが、最も収益性の高いマイニングリグとなる可能性が高いようです。3種類ある中で、最も安価な5,000ドルのモデルは、550Wの消費電力で360TH/sのハッシュレートを実現しているとのことです。

これが事実であれば、暗号通貨マイニングビジネスは大きく変化する可能性があります。現時点では、WhatsMinerM30S++とAntminerS19Proが、ビットコインマイナーに最も人気のある選択肢です。

ASICマイナーの収益

AvalonMinerA116 Proのような81TH/sの能力を持つASICマイナー1台では、1日あたり約23ドルの収益を得ることができます。もちろん、これには機器の購入費用や電気代は含まれていません。

StormGainによるクラウドマイニング以外でASICマイナーへの投資を検討していない場合は、マイニングプールに参加することもできます。

マイニングプールは、複数のマイナーが協力してコンピュータの処理能力を組み合わせ、新しいブロックを追加することを目的としたものです。ブロックがマイニングされると、ブロック報酬はプールに参加している全員で分配されます。

マイニングプールの多くは中国にあり、次いでマルタ、そしてアメリカに集中しています。いくつかのマイニングプールを紹介します。

  • Binance Pool
  • Antpool
  • F2pool
  • ViaBTC
  • Poolin
  • Foundry USA

プールの場所はマイニングに影響を与えないので、アメリカから中国のプールに参加することも可能です。また、マイニングプールはクラウドマイニングとは異なる点に注意が必要です。マイニングプールに参加するには、マイニングリグが必要です。

マイニングリグは、ビットコインのハッシュレート価格(計算能力1テラハッシュあたりに得られる収益)の低下により、手頃な価格になりつつあります。

Luxor Technologiesのコンテンツ責任者、Colin Harper氏:CoinDesk

最近、DeFiや暗号資産コミュニティで、一見すると魅力的なビットコインクラウドマイニングやプールマイニングのウェブサイトが増えています。しかし、あまりにも好条件な案件は、詐欺である可能性が高いということを覚えておきましょう。

過去には、BitClubNetworkという有名な詐欺案件がありました。この案件では、3人の詐欺師が、投資家から7億2200万ドル相当の暗号資産を騙し取ったとして逮捕されています。

このような詐欺案件の手口は、初期投資に対して採掘能力のシェアを約束するというもので、これは、新しい投資家を集めることで利益を得るポンジスキームとよく似ています。さらに、投資家に対して新たな投資家を紹介するよう報酬を与えることで、詐欺の規模を拡大させていくのです。

あなたに最適な暗号通貨マイニングハードウェア

暗号通貨マイニングで成功するには、効率、コスト、居住環境など、さまざまな要素を考慮した上で、最適なマイニングハードウェアを選ぶことが重要です。

1. EBIT E11++:

  • 10nmチップセットを採用
  • ハッシュレート効率は、AvalonMiner A1166 Proなど他の機種に比べて劣る
  • 比較的低価格
  • 省電力

2. Bitmain Antminer S5:

  • 旧型の機種だが、コンパクトなサイズと効率的な冷却設計により、スペースに制限がある場合や、低電力消費量を求める場合に適している
  • 比較的低価格
  • 騒音が大きい

3. MicroBT M30S++:

  • 現在の市場で最も高いハッシュレート能力と優れた効率を誇る
  • ビットコインマイニングに本格的に取り組む場合に最適
  • 高価
  • 消費電力が高い

結論としては、自分に最適な暗号通貨マイニングハードウェアを選ぶためには、それぞれの機種の特徴を比較検討し、自身のニーズと環境に合ったものを選ぶことが重要です。

よくある質問

Q1:暗号通貨マイニングハードウェアとは何ですか?

Q2:暗号通貨マイニングハードウェアはどのように機能しますか?

Q3: GPU と ASIC の主な違いは何ですか?

Q4:マイニングリグとは何ですか?

Q5:マイニングハードウェアの寿命はどれくらいですか?

Q6:ブロックチェーンマーケティングとは何ですか?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー