詳細を見る

ETFの承認とクジラの活動でイーサリアムの供給不足が迫る

4 mins

ヘッドライン

  • 最近、SECによってイーサリアムETFのスポットが承認されたことで、この資産に対する機関投資家の需要が大きく高まることが予想されます。
  • オンチェーンデータは、主に暗号資産クジラによってイーサリアム・ブロックチェーン上で大口取引が急増したことを示している。
  • アナリストは、これらの動きが大きな需要ショックにつながり、イーサリアムの市場力学を再構築する可能性があると指摘している。
  • promo

新たに承認されたイーサリアムのスポット型上場投資信託(ETF)は、時価総額第2位の暗号通貨の供給不足を引き起こす可能性がある。

集中型取引所におけるイーサリアムの供給量は8年ぶりの低水準に達しており、利用可能なETHはわずか1,278万ETHとなっている。この量は総供給量のおよそ11%に相当する。

イーサリアム需要ショックが予想される

アナリストは、この資産が機関投資家の需要の急増を経験する準備が整っているときに、投資家が取引所からETHを引き出していると指摘している。このような取引所残高の減少は通常、強気のサイン。これは、投資家が価格の上昇を期待し、短期的に保有資産を売却する予定がないことを示している。

今週、米証券取引委員会(SEC)は複数のイーサリアムETFを承認し、暗号通貨の需要を押し上げる可能性があると多くの人が考えている。

AlluvialのCEOであるMara Schmiedt氏は、1月にビットコインのスポットETFがローンチされて以来、機関投資家の関心が非常に高いことを指摘している。これらのETFは現在80万BTCを保有しており、機関投資家の投資意欲が高まっていることを示している。その結果、イーサリアムにも同様の需要が発生し、大きな需要ショックにつながる可能性があると予測している。

「市場から200億ドルもの資金が流出したらどうなるでしょうか?需給の転換点になるかもしれません。このような急激な需要ショックは、これまで市場にはありませんでした」とシュミエット

関連記事:イーサリアムETFに投資するには?

注目すべきは、ETHはすでに機関投資家の動きが急増していることだ。ブロックチェーン分析プラットフォームのIntoTheBlockは、イーサリアムETF承認への期待感から、オンチェーン取引量が2年ぶりの高水準となる159.8億ドルに達し、主に暗号資産クジラによって牽引されたと報告した。

159.8億ドルのうち、143.3億ドルは10万ドルを超える取引によるもので、典型的なクジラによるものです。これはその日の総取引量の90%を占める。

イーサリアムのオンチェーン取引
イーサリアムのオンチェーン・アクティビティ|出典:IntoTheBlock

IntoTheBlockは、ETH ETFの承認は暗号通貨の受容における重要なマイルストーンであると説明した。さらに、この動きは、最近の大量取引に見られるように、ETHクジラの活動を増加させる可能性が高いと続けた。

“オンチェーンでの取引量に裏打ちされた状況の変化は、イーサリアムに対する機関投資家や投資家の信頼の高まりを示唆している。この傾向は勢いを増し、さらに大きな市場の動きにつながる可能性がある」とIntoTheBlockは付け加えた

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

oluwapelumi-adejumo.png
Oluwapelumi Adejumo
オルワペルミは、ビットコインとブロックチェーン技術が世界をより良く変える可能性を秘めていると信じている。同氏は熱心な読書家で、2020年に暗号資産についての執筆を始めた。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー