詳細を見る

イーサリアムETF申請業者の手数料引き下げ競争に対応する戦略

5 mins

ヘッドライン

  • イーサリアムの上場投資信託(ETF)の手数料戦争が勃発し、発行体は投資家を惹きつけるために積極的にコストを引き下げる可能性がある。
  • すでに、資産運用会社のフランクリン・テンプルトンは、手数料免除とともに、スポットEther ETFの手数料0.19%を提案している。
  • 一方、21シェアーズのような他の発行体は、アーク・インベストを申請から外すなど、申請内容に注目すべき変更を加えている。
  • promo

イーサリアムのETF(上場投資信託)の手数料引き下げ競争が始まっている。

専門家は、ETF業界では手数料競争が一般的であり、発行体は資金流入を呼び込むために経費率を引き下げる傾向にあると指摘している。暗号資産業界は、SECによる1月のスポット・ビットコインETFの承認プロセスで、これを身をもって経験した。

ETH ETFの手数料戦争が勃発

BloombergのETFアナリスト、エリック・バルチュナス氏は、業界が「ETH ETF手数料戦争の幕開けを見た」と指摘した。これは、フランクリン・テンプルトンが5月31日にSECに修正申請書を提出し、提案されているスポット・イーサリアムETFに0.19%の手数料を導入したことから起こった。さらに、同社は最初の6ヶ月間、最初の100億ドルの資産に対する手数料を免除すると述べた。

「スポンサー手数料は、ファンドの純資産価値の0.19%に相当する年率で毎日発生し、米ドルまたは現物、またはそれらの組み合わせで、少なくとも四半期ごとに後払いされる。スポンサーは独自の裁量で、一定期間スポンサー・フィーの全部または一部を免除することができる。

関連記事:イーサリアムETFの概要と仕組み

その結果、イーサリアムETF市場は申請者間で独自の「手数料戦争」を経験することになるとの憶測を呼んでいる。ETF Storeのプレジデントであるネイト・ジェラチ氏は、グレイスケールのETHミニトラストの手数料が “最も興味深い手数料になるだろう “と述べた。同投資会社のビットコインファンドが競合他社に比べて手数料が高いために大幅な資金流出を経験したことを考えれば、ジェラチ氏の見解は当然だろう。

“彼らは頸動脈を狙っているのか、それとも違うのか?いずれにせよ、スポットETH ETFの価格がスポットBTC ETFと同程度になることは明らかです」とジェラチ氏は付け加えた

コミュニティーの関心が差し迫った手数料戦争に集中しているように見える一方で、他のETH ETF申請者はSECへの提出書類を更新した。最も注目すべき変更は21Sharesの申請で、Ark Investに関する記述をすべて削除した。ETFの名称は“Ark 21Shares Ethereum ETF“から “21Shares Core Ethereum ETF “に変更された。

この変更を受け、アーク・インベストはイーサリアムの可能性を信じており、投資家に資産へのアクセスを提供する効率的な方法を模索していると述べたと報じられている。

関連記事:イーサリアムETFに投資するには?

「ARKはイーサリアムのブロックチェーンの変革の可能性と長期的な価値を信じているが、現時点ではイーサリアムETFを進めるつもりはない。私たちは、投資家の皆様にこの革新的なテクノロジーへのエクスポージャーを提供するための効率的な方法を、そのメリットを最大限に引き出す方法で評価し続けます」とARKは宣言した。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

oluwapelumi-adejumo.png
Oluwapelumi Adejumo
オルワペルミは、ビットコインとブロックチェーン技術が世界をより良く変える可能性を秘めていると信じている。同氏は熱心な読書家で、2020年に暗号資産についての執筆を始めた。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー