詳細を見る

EU、暗号資産市場の新規制でMEVを違法と判断

4 mins

ヘッドライン

  • EUのMiCA規制は、暗号資産操作を抑制するため、最大抽出可能価値(MEV)を違法な市場濫用としている。
  • ESMAは取引プラットフォームに対し、疑わしいMEV活動を監視・報告するよう求めており、ドラフト・テンプレートがフィードバックされる予定です。
  • EUはMEVに関して断固とした行動をとらなければ、米国に遅れをとる危険性がある、とサークルのパトリック・ハンセンは警告する。
  • promo

欧州連合(EU)は27日、暗号資産市場(MiCA)規制において、最大抽出価値(MEV)を違法な市場濫用と位置づけた。

この重要な動きは、巧妙な市場操作を抑制し、すべての参加者が公平に関与できるようにすることを目的としています。

EUの規制措置と定義

MEVとは、ブロック内の取引の順序を入れ替えたり、含めたり、除外したりすることでブロック・プロデューサーが得ることができる利益を指す。この操作はシステムを不公平にし、より多くのリソースと技術的知識を持つ者に有利になる可能性がある。サークルのEU戦略・政策責任者であるパトリック・ハンセン氏は、この問題の深刻さを強調した。

「よく知られているMEVは、マイナー/バリデーターが特定のトランザクションをフロントランして利益を上げるためにトランザクションの順序を変更するもので、明らかに市場の乱用を示唆している」と同氏は説明した。

欧州証券市場庁(ESMA)は、MEVに取り組むための措置を概説した。ESMAによると、取引プラットフォームは疑わしいMEV行為を監視・報告する必要があり、提案されている基準には悪用を検出するための詳細な手順が含まれています。

ESMAのテンプレート案は最終的なものではなく、今後数ヶ月の間に修正が加えられる可能性があります。ESMAは6月25日を期限とし、関係者に対し基準案に関する意見提出を求めている。

MEVは2018年以来、ブロックチェーンコミュニティで論争となっており、取引コストを膨張させ、ネットワークのセキュリティを損ない、不公正な取引を促進している。トランザクションの順序を入れ替えることで、採掘者は価値を獲得し、手数料の上昇や非効率につながる。

暗号資産業界の著名人は、この問題を解決するための様々な方法を提案している。イーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリン氏は最近、MEVの問題を取り上げた。同氏は、確認されるまで取引の詳細を隠すプロトコルや、不当な価値の引き抜きを制限するために取引の提案者とブロック構築者を分離することで、MEVを削減することを想定している。

米国の金融規制当局もMEVの脅威を認識しています。米司法省(DOJ)は、MEVの手口を使ってイーサリアムから2500万ドルを盗んだ2人の兄弟を逮捕したと発表した。同容疑者らは詐欺とマネーロンダリングの罪に問われ、20年の実刑判決を受ける可能性がある。

ESMAの基準草案は、EU内外の当局間の協力を促し、協調的な執行アプローチを提案している。最終化されれば、これらの基準はEUの暗号資産規制環境を形成し、他の法域の先例となるだろう。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

wpua-150x150.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー