詳細を見る

欧州最大手銀行がブラックロック社ビットコインETFを米国富裕層や年金基金に先駆けて購入

4 mins

ヘッドライン

  • BNPパリバ、米ファンドに先駆けてブラックロックのビットコインETFを購入。
  • 同行の投資は、ビットコインETFへの大きな動きとなる。
  • ブラックロックのビットコインETF、取引額が2000億ドルを超える。
  • promo

欧州第2位の銀行であるBNPパリバは3日、ブラックロック社のiシェアーズ・ビットコイントラストETF(IBIT)を通じてBTCへの大きなエクスポージャーを獲得した。

この戦略的な購入により、BNPパリバはビットコインベースの投資商品を採用する多くの米国の富裕層や年金基金に先駆けて位置づけられる。

機関投資家がブラックロック・ビットコインETFを購入

6000億ドル以上の運用資産を誇るBNPパリバは、ブラックロックのビットコインETFに約4万ドルという比較的ささやかな投資を行った。同行の莫大な資産プールから見れば投資規模は小さいものの、この動きは重要だ。

欧州の大手銀行がETFを通じてBTCへのエクスポージャーに踏み切った最初の例となる。これは、従来の金融機関の間で暗号資産の受け入れが拡大していることを反映している。

ブラックロックiシェアーズ・ビットコイントラストETFは、今年初めに導入されて以来、大きな成功を収めている。現在までに2,000億ドル以上の取引高を積み上げている。これはこの商品のベンチマークとなり、市場の信頼と投資家の強い意欲を示している。

関連記事:ビットコインETFのおすすめの購入方法と注意点

ブラックロック・ビットコインETFネットフロー
BlackRockビットコインETFネットフロー|クリプトクアント

BlackRockからのさらなるインサイトは、ETFへの投資が拡大し、政府系ファンド、年金、基金による今後の配分の可能性があることを示唆している。

ブラックロックのデジタル資産担当責任者であるロバート・ミトニック氏は、現在進行中の議論について強調した。これらの機関における最近の教育的取り組みは、ビットコインの導入に対する持続的な関心と積極的なアプローチを示している。

「年金、寄付基金、政府系ファンド、保険会社、その他の資産運用会社、ファミリーオフィスなど、関心を持つ企業の多くは、継続的な検討や調査を行っており、我々は教育の観点から役割を果たしている。

BNPパリバが先鞭をつけたことで、より多くの金融機関が追随する舞台が整った。こうした投資は、ビットコイン導入の新たな波につながる可能性がある。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

スポンサー
スポンサー