詳細を見る

ビットコインETFとは?

30 mins
記事 Ananda Banerjee

ビットコインETFは以前から存在していますが、正式にSECが期待されていたスポットETFを承認した後、その議論が活発化しました。11のビットコインスポットETFが登場しており、これらを含めたETFについて議論する価値は、十分にあります。

この記事では、ビットコインETFの種類、それぞれの特徴、そして投資家にとっての意味について解説します。本記事を最後まで読むことで、ビットコインETFへの投資を検討するか、サトシ・ナカモトが提案したビットコインに投資するかの判断材料になるはずです。

ETFとは?

ETFとは、直接資産を所有することなく、多様な資産にアクセスすることができる上場投資信託のことです。ETFの価格は、基礎となる資産の価格に基づいて決定されます。

ETFの仕組み: BeInCrypto

ETFとは、フルーツバスケットのようなイメージです。各果物を個別に買い物する必要がないため、非常に利便性が高いのが特徴。

従来のETFは、リスク管理の特性とポートフォリオの多様化を支援する機能で知られています。

ビットコインETFとは?

ビットコインETFは、従来のETFと同様に、ビットコインに関連する何らかの機能や特徴への投資を可能にする金融商品です。2024年1月中旬に承認されたスポットビットコインETFは、BTCに直接投資し、その価格を反映しています。

その他にも、ビットコイン先物ETF(ETFがビットコイン先物に投資)、ストラテジーETF(ETFがBTC保有企業に投資)、など様々な種類のビットコインETFが存在します。

ビットコインETFを利用することで、一般のユーザーは先物契約やBTCにアクセスしている企業、市場のタイミングについて技術的な要素に入ることなく、対応するETFの基本的な構成要素にリーチすることができます。

BTC ETF の仕組み: BeInCrypto

なぜビットコインETF、できればスポット暗号ETFが必要だったのでしょうか?

多くの人がビットコインの一部または全体を所有することを夢見ています。しかし、取引所のUIや秘密鍵、シードフレーズなどのウォレット要素を理解するのは、多くの人にとって参入障壁となっています。ビットコインETFは、これらの障壁を排除します。

ETFは、ビットコインに投資するための単一かつ規制されたルートです。ユーザーはETFを購入することで、発行会社に資金を提供し、発行会社はユーザーの代わりにBTCを購入します。このシンプルで効果的なアプローチは、従来の株式などの金融商品に慣れている投資家を含む、より多くの人々にBTCをより身近なものにすることを目的としています。

簡単に言えば、BTC ETFは、暗号資産の世界と伝統的な金融の世界を橋渡しすることを目的としています。スポット型ETFに加えて、暗号資産デリバティブ市場へのエクスポージャーを好むユーザーにとって、ビットコインETFはより有用です。暗号資産先物取引プラットフォームへの参加には、追加の技術的なスキルと知識が必要となる場合があります。BITOなどの先物ETFを購入することで、ETFの保有者は、暗号資産先物取引プラットフォームでの取引を代行してもらえます。

スポットビットコインETFとは?

スポットビットコインETFは、ビットコインのスポット価格に連動するETFです。運用会社は、BTCを裏付け資産として保有し、ETFの価格をビットコイン価格に連動させます。つまり、スポットビットコインETFに投資すると、保有するETFの各口の投資パフォーマンスは、ビットコインの価格変動に直接連動します。

別の言い方をすれば、スポットビットコインETFは、証券取引所で取引される投資信託です。通常の株式のように購入することができ、結果的にBTCへの投資が可能となります。

スポットETFの意義

スポットBTCETFの最も重要な点は、そのアクセス性です。従来の取引所に抵抗があった投資家にとって、BTCへの投資を容易にする画期的な動きとなりました。

この動きは、伝統的な投資市場におけるBTCの存在を正当化し、規制の枠組みの中で行動する機関投資家を、暗号資産先物市場やスポット市場に呼び込む可能性を秘めています。

ETFの歩み

スポットBTC ETFの承認は、一朝一夕に成し遂げられたものではありません。ビットコインETFの推進者たちは、長年にわたって拒否、一部承認などを経験し、ようやくスポット商品が主流として認められるに至りました。

2024年1月時点で上場・承認されたETF

2024年1月時点で承認されているスポットETFのリストをご紹介します。

  • ARK 21Shares Bitcoin ETF (ARKB)
  • Bitwise Bitcoin ETF (BITB)
  • Blackrock’s iShares Bitcoin Trust (IBIT)
  • Franklin Bitcoin ETF (EZBC)
  • Fidelity Wise Origin Bitcoin Trust (FBTC)
  • Grayscale Bitcoin Trust (GBTC)
  • Hashdex Bitcoin ETF (DEFI)
  • Invesco Galaxy Bitcoin ETF (BTCO)
  • VanEck Bitcoin Trust (HODL)
  • Valkyrie Bitcoin Fund (BRRR)
  • WisdomTree Bitcoin Fund (BTCW)
BTC ETFスポットリスト: Milk Road

これらのETFは、最近承認されたスポットETFです。その他の種類のETFについても、後述します。

10xリサーチによるスポットETF関連分析によると、BTCのスポット価格は継続的な売り圧力と弱気なRSIレベルへの懸念から、38,000ドルまで下落する可能性があるという。このような状況下では、ドルコスト平均法を用いたBTCの積み立て投資が有効な投資戦略となる可能性があります。

ビットコインは先週から横ばい。承認に伴う価格上昇時に多くの人がBTCを売却しようとしたようだ。ETHは、ロングBTCショートETHのトレードを解消する動きから上昇している。また、暗号資産関連銘柄は12月末から売却が続いている。これは、従来の金融市場における暗号資産への熱狂が減退していることを示しているかもしれない

10xリサーチのCEO、マルクス・ティーレン氏

ビットコインETFの種類

スポットBTCETFは唯一の種類ではありません。他にも複数のタイプのBTC ETFが存在します。

ビットコイン先物ETF

ビットコイン先物契約に投資し、ロールオーバーコストが発生する。代表例としては、ValkyrieのBitcoin Strategy (BTF)やProShares Bitcoin Strategy ETF (BITO)などがある。これらのファンドは、ビットコイン先物取引手数料と比較して、経費率または潜在的な手数料が低くなっています。

MEXCOKXなどのビットコイン先物取引所でも取引可能だが、ETFは手数料が低く、市場追跡の手間が軽減され、また、先物取引に組み込まれたリスク管理も備えています。

これらのETFは、現貨取引よりも暗号資産デリバティブ取引を好むユーザーや、複雑なオプション取引や先物取引に携わることなくビットコインのエクスポージャーを得たいユーザー向けです。

BITO ETFチャート: 
TradingView

初心者向けのビットコイン先物取引ガイドとして機能する代表的なETFは、BITO、BITI(ショートビットコインETF)、XBTF、BTF、MAXI、BITSなどがあり、取引規制や戦略を気にすることなく、価格変動を確認できるため、初心者向けのガイドとしても機能する。

ビットコインマイナーETF

ビットコインをマイニングする企業に投資するETF。採掘業界、関連技術、エネルギーコストなどの要因がこれらのETFの価格に影響を与える。代表例としては、Viridi Cleaner Energy Crypto-Mining & Semiconductor ETFなどがあります。

レバレッジETFまたはインバースETF

複雑な金融商品であり、ビットコイン価格の倍数のエクスポージャーまたはショートポジションへのエクスポージャーを提供しており、代表例としては、ProShares Short Bitcoin Strategy (BITI) などです。

インバースBTC ETFチャート: 
TradingView

ハイブリッドETF

Bitwise 10 Crypto Index Fundなど、このタイプのETFは、BTCと他の暗号資産や株式などの資産へのエクスポージャーを提供します。ハイブリッドETFは、個別に各資産を購入することなく、ポートフォリオを分散したいユーザーにとって有効な選択肢です。

国際ETF

米国市場におけるETFが注目される一方で、いくつかの国際ETFはすでに存在しています。例えば、カナダのPurpose Bitcoin ETF (BTCC)は2021年2月から取引されており、トロント証券取引所に上場されています。

国際ビットコインETFチャート: 
TradingView

欧州では、2023年8月にJacobi FT Wilshire Bitcoin ETFが誕生し、取引可能になりました。ラテンアメリカにはQR Asset Management Bitcoin ETF (QBTC11)、アジア太平洋地域にはCSOP Asset Management ETF、オーストラリアにはGlobal X 21Shares Bitcoin ETF (EBTC)などがあります。

BTC ETFリスト1:
ETFDB
BTC ETFリスト2:ETFDB

BTC ETFの比較分析

各ETFの仕組みを理解したところで、それぞれを比較してみましょう。注目度の高いビットコイン先物ETFとスポットETFをまず比較します。

ビットコイン先物ETFとスポットETFの比較

ビットコイン先物ETF (XBTF、BITOなど) は、ビットコイン先物取引所で取引されます。投資対象はビットコイン先物契約であり、ショートビットコインETFやレバレッジ取引戦略と類似しており、ビットコインの現物価格と連動しません。

メリットとしては、仮想通貨取引所の証拠金取引よりも手数料が低く、標準および永続スワップ契約を扱う暗号資産デリバティブ市場に連動しているため、一定の透明性があります。

一方で、ロールオーバーコスト、トラッキングエラー、カウンターパーティリスクなど、先物市場特有のリスクを伴います。

スポットETF は、ビットコイン現物価格に連動し、暗号資産デリバティブ市場よりも直接的な投資手段を提供します。また、暗号資産デリバティブ取引とは異なり、発行者は実際にビットコインを保有しています。そのため、ビットコイン先物市場分析や証拠金取引の知識は不要で、保有しているETFは所定量のビットコインに裏付けられています。

ビットコインETFの保有は、ビットコインそのものの保有と同じか?

しかし、ビットコインETFの保有は、ビットコインそのものの保有とは異なります。ビットコインの直接的な所有権は24時間取引が可能となり、オプション取引や証拠金取引も可能です。経験豊富な暗号資産トレーダーであれば、直接的なビットコイン取引が好ましいでしょう。

一方、伝統的な株式取引プラットフォームを通じてビットコインへのエクスポージャーを求める個人投資家には、スポットETFが選択肢となります。ただし、スポットETFは手数料が発生する一方、取引所によっては直接ビットコインを購入・保有する方が手数料を抑えられる場合もあります。

ビットコインETFのメリット・デメリット

ビットコインETFの仕組みを分析する前に、まずそのメリットとデメリットを理解しましょう。

ビットコインETFのメリット

  • アクセスが容易: 従来の証券口座を通じて投資可能
  • 規制の監督: 証券取引所による規制を受け、投資家保護が向上
  • 分散投資: ポートフォリオへの分散手段として有効
  • 高い流動性: 現物資産よりも高い流動性を誇る
  • 税制上の優遇: 多くのETFと同様に税制上の優遇措置を受ける可能性がある
  • 機関投資家・一般投資家からの注目: 機関投資家や一般投資家からの関心が高い
  • 複雑な取引戦略不要: 先物取引の規制や戦略を気にする必要がない
  • 機関投資家による暗号資産先物取引への参入: ETFを通じて機関投資家が暗号資産市場へ参入
  • 低コスト: 従来のビットコイン先物取引手数料よりも低い

ビットコインETFのデメリット

  • 先物ETFの場合、トラッキングエラーが発生する可能性がある
  • 中央集権的な管理: 資産管理者が集中管理
  • 24時間取引不可: 取引時間は証券取引所の営業時間に限定
  • 金融システムリスク: 金融システム全体のリスクの影響を受ける
  • カストディアンへの依存: ビットコインを保有するカストディアンへの依存

ビットコインETFはどのように機能するか

ビットコインETFの仕組みについて深く掘り下げてみましょう。スポットビットコインETFの仕組みだけでなく、すべての種類のビットコインETFの基盤に焦点を当てます。

構造と管理

ETFの背後にいるファンドマネージャーは、ファンドを作成し、物理的なBitcoin、BTCの先物契約、またはBitcoinのマイニングに積極的に関与している企業の株を保有します。保有されている資産はETFのリスクプロファイルと投資戦略を決定します。

ETF株とビットコイン価格

保有資産が決まると、ETF発行者は新規のシェアを発行します。当初は価値はゼロですが、市場の関心が高まれば流動性が増加します。このシェアの発行・償還は、認定参加者 (Authorized Participants:AP) によって行われます。

シェア価格は、保有資産の種類、手数料、先物契約の価値 (スポットETFでない場合)、その他の要素によって決定されます。最終的に、これらのシェアは証券取引所での通常の取引に利用可能になります。

認定された参加者の役割

APは、現物資産を購入して新しいシェアを作成します。彼らは資産をファンドに提供し、引き換えに新しいシェアを受け取ります。これらのシェアは償還可能です。リアルタイムで資産を取得・保管するこのプロセスにより、ETFの純資産価値 (NAV) は現物資産の価格に連動します。需要が増加すると、APはそれに応じて新しい株を作成します。

ストレージとセキュリティ

 ビットコイン先物契約はデジタルで保管可能ですが、スポットETFの場合、APとファンドマネージャーはコールドウォレットとホットウォレットを組み合わせて実際にビットコインを保管します。

投資と償還

ETF株への投資は簡単です。投資家は証券口座を通じてシェアを購入・売却します。スポットBTCまたは先物契約の価格が上がると、より高い価格で償還できます。

ショートBTC ETFは、レバレッジ取引の仕組み、ビットコイン先物契約、およびビットコインオプション取引のルールを利用して、価格との逆相関を実現します。

適切なビットコインETFの選び方

2024年1月中旬現在、スポット、先物、逆相関、マイニング、国際など、さまざまなビットコインETFが存在します。しかし、自分に合ったものを選ぶためには、まず以下の要素を考慮する必要があります。

1. リスク許容度

リスク許容度が低い場合は、マイニングETFがおすすめです。これは、直接ビットコインへの投資ではなく、ビットコイン採掘企業への投資を行うため、価格変動リスクが比較的低くなります

2. 投資目標

より積極的な価格上昇を狙い、短期間で資産を増やしたい場合は、スポットETFや先物ETFが最適です。これらのETFは、直接ビットコインへの投資を行うため、価格変動リスクが高い一方、高いリターンを得られる可能性があります

3. 分散投資

BitwiseなどのハイブリッドETFは、BTCを含む幅広い資産へのエクスポージャーを提供するため、ポートフォリオの分散に役立ちます

4. 発行者の評判

GrayscaleやVanEckなど、実績のある発行者を好む場合は、その発行者が提供するETFを選ぶことができます

スポットETFを選ぶ場合は、以下の要素を考慮する必要があります。

  • 信託報酬
  • 流動性
  • 保管・セキュリティ
  • 規制遵守
  • 純資産総額

先物ETFを選ぶ場合は、以下の要素を考慮する必要があります。

  • 契約満了時のロールオーバーコスト
  • スポットETFよりも高い信託報酬

ビットコインETFは良い投資か

暗号資産や分散型エコシステムに深く投資している方は、ビットコインETFは必要ないかもしれません。 取引所、ウォレット、秘密鍵の管理が煩わしいと感じている方には、証券取引所でBTC ETFを購入する方が良い選択肢となるでしょう。スポットBTC ETFは比較的新しい商品ですが、2024年春に予定されているビットコイン半減期イベントの影響で、価格上昇が期待されています。 これにより、ETFシェアの価格も上昇する可能性があります。

ビットコインはデジタルゴールドとも呼ばれ、スポットBTC ETFの承認は、相関関係から現物資産の価格上昇にも影響を与える可能性があります。 

ETFBTCと金の相関関係: 
Reddit

これは、ETF投資の新たな視点となります。

しかし、過去の実績を見ると、ProShares Bitcoin Strategy ETFは2023年だけで137.33%、2024年1月16日時点で1年間で110.27%のリターンを記録しています。 これは、基盤となる資産が価格上昇に反応すれば、ETFは良い投資選択肢となり得ることを示しています。

ただし、どのETFに投資する場合でも、正確な暗号資産ポートフォリオ管理のためには、適切なトラッカーを使用する必要があります。

ビットコインETF、BTC、あるいはその両方:どれを買うべきですか

ビットコインETFによって、ビットコインは広く知られるようになりました。 ETFは、ビットコインは聞いたことがあり、興味もあるが、ウォレットや取引所などを避けたいユーザーに適しています。一方、ビットコインの分散型・非中央集権的なビジョンに共感し、支払い手段としてBTCを利用したい、あるいはYouHodlerなどのプラットフォームを利用して保有資産の収益機会を最大化したいと考えている場合は、単にビットコインを購入して保有する方が依然として良い選択肢となるでしょう。

よくある質問

ビットコインを保有するETFはありますか?

バンガードにはビットコインETFがありますか?

シュワブはビットコインETFを提供していますか?

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー