詳細を見る

Web3ウォレットの特徴や注意点をわかりやすく解説

12 mins

ヘッドライン

  • Web3ウォレットとは、ブロックチェーン技術を利用して、DApps(分散型アプリケーション)やNFTなどを管理するウォレット
  • ブロックチェーン技術を活用し、NFTやDeFiなどのDAppsと連携できる
  • ウォレットの秘密鍵を紛失した場合、保管していた暗号通貨は永久に失われるため、管理に注意が必要

暗号通貨NFTの普及に伴い、保管や送受信を行うためのツールである「Web3ウォレット」が注目を集めています。Web3ウォレットは、従来の金融口座と異なり、中央集権的な管理者を必要とせず、ユーザー自身が秘密鍵を管理します。

本記事では、Web3ウォレットの特徴や注意点について解説します。Web3ウォレットの利用を検討している人は、ぜひ最後までご覧ください。

Web3ウォレットとは?

Web3ウォレットとは、ブロックチェーン技術を利用して、DApps(分散型アプリケーション)やNFTなどを管理するウォレットのことで、自分の暗号通貨やトークンを自由に管理することができます。ブロックチェーン上のアドレスと秘密鍵が対になっており、ウェブブラウザ上で動作するものや、スマートフォンアプリとして提供されるものなど、さまざまな種類があるので、利便性としても高いツールです。

Web3ウォレットは、Web3時代の新しい金融インフラ・Web3の入口として注目を集めており、今後より多くのユーザーが利用することが期待されています。

Web3ウォレットの特徴3つ

Web3ウォレットの特徴について解説します。

  • DApps(分散型アプリケーション)との連携
  • 秘密鍵の自己管理
  • 複数のアセット保管

Web3ウォレットの特徴①:DApps(分散型アプリケーション)との連携

Web3ウォレットは、ブロックチェーン技術を活用することで、NFTやDeFiなどのDAppsと連携することができる点が、もっとも大きな特徴です。

ユーザーは、ウォレットから直接DAppsにアクセスし、アプリケーション上でトランザクションを行うことができるため、Web3.0に対応したDAppsを使用する際には、Web3ウォレットは欠かせないツールとなっています。

Web3ウォレットの特徴②:秘密鍵の自己管理

Web3ウォレットは、従来の金融口座と異なり、中央集権的な管理者を必要とせず、ユーザー自身が秘密鍵を管理します。ユーザーは自分で秘密鍵を保管する必要がありますが、自己管理することでより高いセキュリティを確保することができるのが特徴です。

Web3ウォレットは、ユーザーの端末に秘密鍵を保存するため、ハッカーがサーバーに侵入しても、秘密鍵を盗むことはできず、より安全に資産を保管することができます。

Web3ウォレットの特徴③:複数のアセット保管

Web3ウォレットは、ERC-20トークンやERC-721トークンなどの、イーサリアムブロックチェーン上で動作するトークンの保管が可能です。

さらに、自分の暗号通貨やトークンを一元管理することができるため、1つのウォレットで複数のアセット管理が可能になっています。

Web3ウォレットを使う際の注意点

Web3ウォレットを使う際の注意点を解説します。

  • Web3ウォレットの秘密鍵を紛失に注意する
  • セキュリティ機能を適切に設定する

Web3ウォレットを使う際の注意点①:Web3ウォレットの秘密鍵を紛失に注意する

秘密鍵を紛失した場合、保管していた暗号通貨は永久に失われるため、秘密鍵は必ず安全に保管する必要があります。プライベートキーや復旧フレーズは、絶対に他人と共有しないようにしましょう。保管方法としては、下記がおすすめです。

  • 紙に印刷して保管する
  • 暗号化ソフトを使用して保管する
  • ハードウェアウォレットを使用する

Web3ウォレットを使う際の注意点②:セキュリティ機能を適切に設定する

Web3ウォレットは、2段階認証や生体認証などのセキュリティ機能を備えているため、これらのセキュリティ機能を設定し、ウォレットのセキュリティを確保することが重要になります。

セキュリティ機能は、ウォレットの種類や提供元によって異なるため、Web3ウォレットを安全に利用するためにも、事前にセキュリティ機能を確認しておきましょう。

代表的なWeb3ウォレット3選

代表的なWeb3ウォレットについて、解説します。

  • MetaMask(メタマスク)
  • Trust Wallet(トラストウォレット)
  • Rainbow(レインボー)

代表的なWeb3ウォレット①:MetaMask(メタマスク)

MetaMask(メタマスク)は、2016年にリリースされた、Web3ウォレットの代表的なアプリで、イーサリアムブロックチェーン上で動作するDAppsやNFTと連携して使用することができます。

Chromeなどのブラウザ拡張機能として利用できるほか、AndroidとiOSの両方でも利用可能であり、Web3ウォレットで最も有名なウォレットでもあります。

代表的なWeb3ウォレット②:Trust Wallet(トラストウォレット)

Trust Wallet(トラストウォレット)は、2017年にサービスが開始された、Binanceの公式ウォレットアプリです。

65種類以上のブロックチェーンと450万種類以上のアセットに対応しており、また、クレジットカードで暗号通貨を購入したりできるという特徴ももっています。

代表的なWeb3ウォレット③:Rainbow(レインボー)

Rainbow(レインボー)は、イーサリアムブロックチェーン上のウォレットで、ETHアドレスを検索バーに入力すると、そのアカウントが保有するNFTをすべて表示してくれる機能もあります。

Rainbowウォレットはセキュリティを優先しており、ユーザーがシームレスにアカウントを回復できるように暗号化された秘密鍵をiCloudに保存できるようになっているのが、大きな特徴です。

関連記事:Web3ウォレット6選

Web3ウォレットに関するよくある質問

Q1:Web3ウォレットはどのようにセキュリティが確保されているのでしょうか?

Q2:Web3ウォレットの利用料金はどのように決定されますか?

まとめ:Web3ウォレットは、Web3時代の新しい金融インフラとして注目を集めていく

本記事ではWeb3ウォレットの特徴や注意点について解説しました。Web3ウォレットは、DAppsやNFTと連携して使用することができる、イーサリアムブロックチェーン上で動作するウォレットです。代表的なWeb3ウォレットとして、MetaMask、Trust Wallet、Rainbowがあり、今後もその使い勝手の向上が期待されます。

Web3ウォレットは、Web3時代の新しい金融インフラとして注目を集めているため、今後のサービス拡充や普及に期待していきましょう。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー