詳細を見る

エバードームが35%を超える急騰|他メタバース銘柄も上昇

3 mins

メタバース・プロジェクトのエバードーム(DOME)は17日、35%を超える急騰を見せた。このほかアクシィ・インフィニティエンジンコインなどのメタバース銘柄も上昇を見せている。価格の上昇にはアップルのVR・ARヘッドセットの最新情報が関係していると見られる。

17日のアップルのアップルのVR・ARヘッドセットの近日中の販売開始の可能性の報道を受け、メタバース銘柄全体が上昇基調となった。その中でもDOMEが最も大きな上昇を見せ、35%超える上昇となっている。本稿執筆字のDOMEの価格は0.00125ドル。暗号通貨トラッキングサイトのコインマーケットキャップによると、現在、メタバーストークンのトレーディングボリュームは110%近く上昇している。

画像:BeInCrypto

エバードームは15日、暗号資産取引所OKXとのコラボメタバースOKXCollectiveで女子サッカーアレックス・グリーンウッド選手とのコラボNFTを発表していた。

エバードームとは

エバードームとは、メタバースプロジェクトの1つ。エバードームは現実世界の動画と見分けがつかないほどの高いグラフィックを特徴とする。メタバース空間内では土地の入手、不動産の調達・賃貸・リース、広告の掲示など、さまざまな活動が行える。同プロジェクトでは、フォートナイトで有名なEpic Games社の3Dゲームエンジン「Unreal Engine(アンリアル・エンジン)」を採用しており、現実世界のような没入感のあるメタバース空間の再現を目指す。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー