詳細を見る

ドイツ政府による大規模なビットコイン売却の影響を専門家が分析

5 mins

ヘッドライン

  • オンチェーンデータによると、ドイツによる最近の売り越しは、1日で16,000BTCを超えた。
  • 専門家たちは、売りが長期的に及ぼす可能性のある影響と、市場全体の信頼感への影響について議論している。
  • 注目すべきは、ドイツ政府の売り浴びせが始まって以来、ビットコイン価格が13%近く下落していることだ。
  • promo

ブロックチェーン分析プラットフォーム「アーカム・インテリジェンス」のオンチェーンデータによると、ドイツ政府は8日、大規模なビットコイン(BTC)の売り越しを続けている。

政府は1億5530万ドルに相当する2738.7BTCをクラーケン、カンバーランド、アドレス「bc1qu」などの市場や取引所に送ったばかりだ。

ドイツのビットコイン売り越しに対する市場の反応

注目すべきは、ドイツ政府が過去数時間以内に1,533BTC、8,760万ドルを送金したことだ。これ以前、ドイツ政府はカンバーランドやbc1quアドレスと過去に交流がなかった。

最初の取引の数時間後、ドイツ政府はさらに8,100BTC(4億6,320万ドル相当)を取引所やマーケットメーカーに送金し、その中にはFlow Tradersへの2億ドルも含まれていた。この第2弾の直後に、さらに5,200BTC、2億9,730万ドルがKraken、Bitstamp、Coinbase、139Poに送られた

ドイツ政府による取引所とマーケットメーカーへのビットコイン送金。
ドイツ政府の取引所とマーケットメーカーへのビットコイン送金:アーカムインテリジェンス

この結果、1日で最大の売り越しとなり、全体で約1万6,000BTCが送金された。もともとMovie2kから押収されたものの半分以下で、政府の現在のビットコイン保有量は23,787.7 BTC、13.5億ドルに相当する。

興味深いことに、Arkhamのデータによると、ドイツ当局は後日、主にCoinbase、Kraken、Bitstampから3,000 BTC近くを取り戻した。ドイツ政府の最近のBTC売却は、業界の専門家の間で議論を呼んでいる。

CryptoQuantの創設者兼CEOであるKi Young Ju氏は、この状況について自身の考えを述べた。同氏は、ビットコイン市場は依然として “サイコパス “の影響を大きく受けているとコメントした。

“政府のBTC売りは全体的な流動性に比べてごくわずかであり、ほとんどのMt.GoxのBTC保有は債権者に移動していない。[暗号資産ツイッター]は、依然として下落を政府の売りのせいにしている。スマートマネーはダムマネーに取って代わろうとしている。我々はまだ早い」と同氏は自身のX(ツイッター)に書いている。

著名な暗号資産トレーダー、アレックス・クルーガーは、売り越しについて詳細な分析を行った。同氏は、これがドイツの売り越しの最後の伸びであり、最終的にはコインを使い果たすだろうと指摘した。さらに同氏は、Mt.Goxのフローがそうであったように、市場は残りをひとすくいで吸収できると示唆した。

Daan Cryptoもこの意見に同意した。同氏は、ドイツ政府のビットコイン残高の減少は、価格の低下とスタックの縮小が部分的な原因であると述べた。同氏は、時間の経過とともに影響は徐々に小さくなるはずだと考えている。

BeInCryptoによると、先週末、ドイツ政府はさらに700BTC(4047万ドル相当)を「139PoP」アドレスに送金した。ドイツ政府の継続的な売り浴びせは紛れもなく市場をかき乱し、売り浴びせが始まってからのビットコインの価格パフォーマンスに反映されている。

続きを読む:ビットコイン(BTC)価格予測 2024/2025/2030

ドイツ政府が6月19日に送金を開始したとき、ビットコインは6万5,000ドル台で取引されていた。現在、5万6,586ドルで取引されており、約13%の下落を記録している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー