詳細を見る

株式会社フィナンシェ、ポリゴンラボとの協業を発表|プレスリリース

2 mins

暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックで今月上場したフィナンシェトークン(FNCT)を発行する株式会社フィナンシェは27日、イーサリアムのL2ソリューション「ポリゴン(Polygon)」を開発するポリゴンラボ(Polygon Labs)との協業を発表した

両社の協業により、今後フィナンシェトークンはポリゴンネットワークを採用する。ポリゴンネットワークは、イーサリアムL1のスケーラビリティ問題(トランザクション数の増加により取引処理の遅延が発生したり、取引手数料が高騰する問題)を解消するために開発され、手数料が安く、安全で持続可能なブロックチェーン基盤を提供する。

プレスリリースによると、フィナンシェトークンのユーティリティの提供部分にポリゴンネットワークを活用することで、取引処理の遅延や取引手数料の高騰を抑えながら、より安定したサービスを提供していく。

フィナンシェトークンの発行企業である株式会社フィナンシェは、トークン発行型クラウドファンディングを手掛ける日本発のWeb3企業である。スポーツやエンタメ分野での採用実績が多いのが特徴だ。

株式会社フィナンシェは17日、ステーキングサービス「FNCTステーキング」を4月3日に開始予定と発表するなど、フィナンシェトークンのユーティリティは今後、段階的に増加していく見込み。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー