詳細を見る

FTX独自トークンFTT、40%超の急騰|取引所再開の協議開始が影響か

2 mins

破綻した米暗号資産(仮想通貨)取引所FTXの独自トークンFTTは28日から急騰し、過去24時間の上昇率は40.4%に達した。FTTトークンは10日、過去最安値(ATL)となる0.77ドルを記録した後、反発していた。本稿執筆時点の取引価格は1.77ドル、ATL比128.3%増となっている。

なお、FTTトークンは国内取引所での取り扱いはなく、Gate.ioやMEXCなど、海外大手取引所に上場中。ユーザーは、取引ペアとなるビットコイン(BTC)などを購入後、同トークンの取り扱いがある海外取引所に送金し、トレードすることで入手できる。

過去1ヶ月のFTTトークンチャート(BeInCrypto Japan

米経済紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は28日、2022年11月に破綻したFTXが、グローバル取引所FTX.comの再開に向けた協議を始めたと報道した。報道によるとFTXはリブランディングも検討しており、投資家らと共同事業になる可能性もあるとのこと。なお、米国ではFTX破産などが引き金となり、22年以降は暗号通貨の規制強化が進んでいる。そのため、FTXが実際に取引所を再開できるかは不透明な状況だ。

一連の報道によって投資家の間で取引所再開への期待感が高まり、FTTトークン急騰の一因となっているもよう。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー