詳細を見る

グレースケールのGBTC売却―目に見える以上のもの

5 mins

ヘッドライン

  • グレイスケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)は株式の売却を続けており、別の破産財団は近々数十億相当のGBTCの売却を計画している。
  • 破産した暗号資産貸し手のジェネシスは、約15億ドル相当のGBTCの約3600万株を売却する裁判所の承認を求めている。
  • 資金流出にもかかわらず、Grayscaleの売却は、Genesisの債権者がBTCで支払われているため、見た目ほどダメージはない。
  • promo

世界最大の暗号資産運用会社は、Grayscale Bitcoin Trust (GBTC)の株式と原資産の売却を終えていない。これは、競合するスポットビットコイン上場投信のローンチを受けた数週間の資金流出に続くものだ。

グレイスケールのGBTC売りは鈍化し、業界オブザーバーやビットコイン擁護者にとっては喜ばしいことだが、さらなる流出が控えている。

グレースケールのGBTC流出

2月13日、スワンのシニアアナリスト、サム・キャラハン氏は、別の破産財団が近々数十億ドル相当のGBTCの売却を計画していることを業界オブザーバーに思い出させた

FTXは1月にETFに転換して以来、GBTC株を10億ドル近く売却している。これにより、経営難に陥った暗号資産会社のグレイスケールの株式はゼロになった。

しかし、破産した暗号資産貸し手のジェネシスからは、まだ続きがある。同社は最近、約15億ドル相当のGBTC約3600万株の売却を承認するよう裁判所に要請した。

さらに、このうち470万株は破綻した暗号資産ヘッジファンドのスリーアローズキャピタルから取得したものだ。

ジェネシスが売却を望んでいる残りのGBTC株3100万株は、ジェミニ・アーン・プログラムの担保として使われていたと、法廷文書を引用してカラハンは述べた。

Gemini Earnは、2023年初頭に未登録の証券を提供・販売した疑いでSECがジェネシスとジェミニの両社を告発する結果となったプログラムである。

続きを読むビットコインETFとは何か

しかし、グレースケールの暴落はこれで終わらないかもしれない。

“すぐに売却される可能性のある13億ドル相当のGBTC株式がさらに3100万株ある。”

さらに、グレイスケールの親会社であるDCGは、これらの株式をジェミニに送ることに同意した。 これはFTXが破綻した頃、「ジェミニの貸し手の利益のため」であったと指摘している。ジェネシスはこれらの株式の所有権をめぐる争いに勝利したため、債権者への返済のために近々売却される可能性がある。

ジェネシスは近々、総額30億ドル近いGBTCの6700万株もの株式を売却する可能性がある。ただし、ジェネシスの債権者にはBTCで支払われるため、直接売却の圧力は軽減される。

“GBTCの流出が再び増加することを期待するが、これは1回限りの売りイベントであることを忘れないでほしい。”

ビットコインETFの最新フロー

グレースケールの売りは先週末にかけて減速した。しかし、売りは再び急増している。

Farsideによると、同社は2月12日に9500万ドル、13日に7280万ドルの流出を見た。同社はスポットETF化以来、現在65億ドル相当のビットコインを清算している。

とはいえ、ブラックロックとフィデリティは、グレイスケールの売却額をはるかに上回る額を購入している。2月13日には、GBTCの流出にもかかわらず、6億3100万ドルの純流入があった。

Spot ETF BTC holdings, excluding Grayscale. Source: X/@HODL15Capital
グレースケールを除くスポットETFのBTC保有残高|出典:X/@HODL15Capital

ジェネシスの債権者はBTCで支払われており、新しいETFファンドは毎日マイニングされるよりもはるかに多くのコインを吸収しているため、グレイスケールの暴落は言うほど悪くはない。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

profile.jpg
Martin Young
マーティン・ヤングは、デジタル資産分野の最新ニュースやトレンドを7年以上取材してきたベテランの暗号通貨ジャーナリスト兼編集者。同氏は、複雑なブロックチェーン、フィンテック、マクロ経済学の概念を主流の聴衆に分かりやすく伝えることに情熱を注いでいる。 BeInCrypto、CoinTelegraph、NewsBTC、FX Empire、Asia Timesなど、金融、テクノロジー、暗号資産に関するトップクラスの出版物で紹介されている。彼の記事は、暗号通貨市場、分散型金融、新興プロジェクト、規制の進展、デジタル資産の現実世界での採用について詳細な分析を提供しています。 暗号資産に加え、マーティンはウェブ開発とサイバーセキュリティの分野で20年以上の経験がある。同氏はその幅広い知識を暗号資産業界の最新の脅威や悪用に関する記事に活かしている。 執筆以外では、同氏が拠点とする東南アジアの僻地への旅行に多くの時間を費やしており、CNNでも写真を発表している熱心な写真家でもある。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー