詳細を見る

米暗号資産規制法案=バイデン大統領の拒否権発動か

8 mins

ヘッドライン

  • 下院がSECのSAB121に反対する決議を可決。
  • デジタル資産の保管をめぐり議会がSECに異議申し立て
  • しかし、バイデン政権はこの法案に拒否権を発動するかもしれない。
  • promo

米下院は8日、マイク・フラッド下院議員の超党派決議案「H.J.Res. 109」を可決した。デジタル資産規制の再構築に向けて大きな一歩を踏み出した。この決議案は、金融・暗号資産コミュニティで論争となっている証券取引委員会(SEC)のスタッフ会計公報(SAB)121を覆すことを求めるもの。

この法案を支持する人々は、SECのルールは金融機関に負担を強いるものだと主張している。デジタル資産のカストディアンとしての役割を果たすにはコストがかかりすぎるという。

立法府の支持と大統領の拒否権:SAB121をめぐる争い

2022年3月に公表されたSAB121では、金融機関は顧客のデジタル資産を貸借対照表に計上しなければならない。批評家は、この会計要件は運用上および財務上の重大な問題を引き起こすと主張している。これらの課題は、暗号通貨やその他のデジタル資産を保管する企業に影響を与える。

H.J.Res.109の支持者は、SAB121を覆すことで、規制上の障壁を取り除くことができると考えている。これにより、規制対象の銀行や金融機関を通じたデジタル資産取引がより安全かつ効率的になる。パトリック・マクヘンリー下院議員は、SAB121の現実的な意味を強調した。

「アメリカの資産を保護したいのであれば、銀行のバランスシート上ではなく、カストディ(保管)されるべきです。[そして最後に、不正な規制当局が我々の確立された規則制定プロセスにおいて議会を回避することはできないというメッセージを送りたいのであれば、賛成票を投じてください」とマクヘンリー下院議員は述べた。

関連記事:ブロックチェーン・プロジェクトのWeb3マーケティング戦略

この決議案は、SECの規則が規制権限の行き過ぎであると考える業界の様々なセクターや議員から支持を集めている。デジタル資産イノベーションの超党派性を強調したトム・エマー下院院内幹事も、この思いを代弁している。

「デジタル資産のエコシステムがここ米国で繁栄できるようにするために、我々は議会でそのように取り組まなければならない」とエマー氏は断言した。

しかし、この決議案に反対しているのは、ジョー・バイデン大統領政権をはじめとする政府上層部である。彼らは、SAB121を覆すことは、暗号資産に関連するリスクから投資家や広範な金融システムを保護するSECの能力を弱めることになると主張している。

「暗号資産に対する包括的かつ効果的な金融規制の枠組みを維持するSECの能力を制限することは、実質的な金融の不安定性と市場の不確実性をもたらすだろう。もし大統領がH.J. Res. 109を提示されたら、同氏は拒否権を行使するだろう」とホワイトハウスは述べている。

議員らがSECの暗号資産取り締まりを批判

SECの最近の行動に対する批判は、主要暗号資産への対応にも及んでいる。例えば、SECがRobinhoodのようなプラットフォームに対してウェルズ・ノーティスを発行したことは、一部の議員によって、規制の権限を拡大しすぎたものとして描かれている。ジョン・ローズ米下院議員は、このような行為は秩序ある市場を維持し、投資家を保護するというSECの役割を超えていると主張した。

「SECは、強制措置の前段階であるウェルズ通知をロビンフッドに発行することで、投資家を保護し、公正で秩序ある市場を維持するという使命を超えている。私は、ゲーリー・ゲンスラーのような不正な規制当局が、投資家を保護し、イノベーションを混乱させないという使命に集中できるように、21世紀のためのFIT法を可決することによって、明確性を提供する努力を主導することに貢献できることを誇りに思います」とローズ下院議員は語った

ゲーリー・ゲンスラーSEC委員長は、CNBCのインタビューで厳格な規制アプローチを擁護した。同氏は暗号資産をより厳格な管理下に置くことを目指している。

ゲンスラー氏は、110兆ドル規模の資本市場に対するSECの監督について語った。同氏は、暗号通貨は詐欺や不正行為を起こしやすいと見ている。

しかし、ゲンスラーはイーサリアム(ETH)がコモディティ(商品)なのか、それともセキュリティ(有価証券)なのかについては消極的だった。その代わりに同氏は、投資家に必要な情報開示の欠如に焦点を当て、中央集権化された暗号資産市場における仲介業者の慣行を批判している。

SECのマーク・ウエダ委員はこの姿勢を批判した。FOXのジャーナリスト、エレノア・テレットは、ウエダ氏がイノベーションを受け入れる規制の枠組みの必要性を強調したと報じた。

暗号資産やデジタル資産のイノベーションに対する規制当局の最も簡単な対応は、悪質業者を口実に『すべてをシャットダウン』することですが、規制当局は合法的な取り組みに対してコンプライアンスへの道筋を作るべきです。SECはまだそのような道筋を作っていません」とウエダ氏は説明する。

H.J.Res.109が上院に進むにつれ、その承認の可能性がデジタル資産の規制環境に与える影響は大きくなっている。これは、暗号資産分野における規制とイノベーションの間で進行中の議論を浮き彫りにしている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー