詳細を見る

イギー・アゼリアのミームコイン「MOTHER」、新事業発表後に30%高騰

5 mins

ヘッドライン

  • イギー・アゼリアのMOTHERトークンは、彼女が通信会社の再出発を発表した後、30%急騰した。
  • Unreal MobileとSphere Labsの提携により、MOTHERミームコインを使った携帯電話やプランの購入が可能になりました。
  • 価格の上昇にもかかわらず、アザレアの暗号資産は業界からの批判やコミュニティからの懐疑的な意見に直面している。
  • promo

オーストラリアのラッパー、イギー・アゼリアが自身の通信会社アンリアル・モバイルを再生させた。この動きは、彼女のミームコインであるマザー・イギー(MOTHER)の30%増に火をつけた。

多くの業界リーダーが有名人のミームコインを強く批判する中、このような展開となった。

イギー・アゼリアがミームコインにユースケースをもたらす試み

Azaleaは、Unreal Mobileが携帯電話や月々の携帯電話プランの購入にミームコインであるMOTHERと Solana(SOL)を受け入れると発表した。このアップデートは、暗号資産決済の導入を支援する決済インフラ・プロバイダーであるスフィアラボとの提携によってサポートされる。

アンリアル・モバイルは、データ使用量やネットワークの選択に応じて、月額20ドルから80ドルの競争力のあるプランを提供している。X(旧Twitter)でのアゼリアの発表後、MOTHERの価値は30%以上上昇した。

関連記事:2024年注目のミームコインとアルトコイン7選

イギー・マザー(MOTHER)の価格パフォーマンス
マザー・イギー(MOTHER)の価格パフォーマンス。ソーストレーディングビュー

しかし、Azaleaの新しいベンチャーは、コミュニティからの懐疑的な意見と重なっている。一部のコミュニティ・メンバーは、アンリアル・モバイルを定評のあるソラナ・サーガ・モバイルと比較し、彼女の努力を嘲笑しています。

「アンリアル・モバイルはサービス・プロバイダーです。アンリアル・モバイルはサービス・プロバイダーです。もちろん、必要であれば携帯電話の購入も可能ですが、それは二次的なものです。私たちはアナトリーが開発しているものが大好きで、最終的には私たちの利用可能な携帯電話の選択肢に加えることを目指しています」とアゼリアは明らかにした

さらに、有名人のミームコインは、業界のリーダーたちからも広く批判を受けている。実質的な裏付けがないことが多く、表面的な性質が批判されているからだ。具体的には、イーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリン氏が懸念を表明している。

それにもかかわらず、アゼリアは他の有名人や暗号資産に関わる論争から距離を置いている。彼女は、投資家を欺いたという非難に直面しているサヒル・アローラとの関係を強く否定した。

さらにアゼリアは、新たに暗号資産に参入する有名人による「ラグ・プル」に対抗するため、保有するコインの一部を燃やすことを約束した。

しかし、ブロックチェーン分析会社Bubblemapsからの報告など、プロジェクトは困難に直面している。彼らは、MOTHERの立ち上げ時に、インサイダーが発表前に供給量の20%を取得し、その後200万ドル相当のトークンを売却するなど、重要なインサイダーの活動を指摘した。

このような動きはオンチェーン調査員によって注意深く監視されており、有名人主導の暗号資産構想の複雑さを浮き彫りにしている。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
ハルシュ・ノタリヤはジャーナリストであり、最新のWeb3と暗号資産のニュースを配信することを得意とする暗号資産専門家である。以前はSportyのグロースマーケター、Totality Corpのコミュニティコンサルタントとして、同氏はコミュニティのエンゲージメントとフォロワーを大幅に増加させた。また、トップ暗号資産インフルエンサーのShivam Chhunejaのために、教育的でありながら楽しい体験となるようミームを織り交ぜた魅力的なコンテンツを作成した。彼の多才なスキルは、暗号資産ジャーナリズムにおいて注目すべき人物となっている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー