詳細を見る

業界リーダーがソラナ(SOL)スポットETFの可能性について議論

6 mins

ヘッドライン

  • SECがイーサリアムETFの承認間近、次の候補としてソラナへの憶測を呼ぶ。
  • ブライアン・ケリーやジョー・マッキャンといった業界専門家は、ソラーナが将来のETFに選ばれる可能性が高いと見ている。
  • 規制のハードルは依然として残っており、ネイト・ジェラーチのような専門家は、より明確な規制がなければ遅れが生じると予測している。
  • promo

米国証券取引委員会(SEC)がイーサリアムの上場投資信託(ETF)の承認を進める中、業界のリーダーたちはソラナが次の候補になるのではないかと推測している。

実際、多くの専門家は、暗号通貨市場におけるソラナの注目度が高まっていることから、ソラナがETFの次の候補になる可能性があると考えている。

次はソラナ(SOL)スポットETFか?

SECのゲーリー・ゲンスラー委員長は、イーサリアムのスポットETFが今年の夏にローンチされる見込みであることを発表した。ゲンスラー氏は、最後の登録要件がスタッフレベルで管理されており、最終的な承認プロセスが前向きに進んでいることを強調した。

この進展により、投資家はどの暗号通貨がイーサリアムに追随するのかに注目している。

“おそらく次はソラナだと考えるべきだ。ビットコイン、イーサリアム、そしてソラナがこのサイクルにおける3大巨頭でしょう」とCNBCのプレゼンター、ブライアン・ケリー氏は述べた

AsymmetricのCEO、ジョー・マッキャン氏もこの意見に同調し、ソラナへの関心はイーサリアムの初期の成功に乗り遅れた人々から生じていると考えている。

「おそらく次はソラナになると思う……実際にソラナへの関心はある。

一方、ポンプ・インベストメンツの投資家アンソニー・ポンプリアーノ氏は、イーサリアムからソラナへの戦略的移行について詳述した。このシフトにもかかわらず、同氏は規制当局の間でソラナETFに関する議論がまだ盛り上がっていないと指摘した。

「昨年末か今年の初めか、それが何であれ、私はイーサリアムを売り、代わりにソラーナを買った。それは、ソラナがイーサリアムをアウトパフォームしていくと思ったからです。今のところ、その通りだと思いますが、米国でソラナETFの話は聞きません」とポンプリアーノ氏は語った。

関連記事:ソラナ(SOL)価格予測 2024年・2025年・2030年

しかし、誰もがソラナETFがすぐに承認されるべきだと確信しているわけではない。この慎重なアプローチは、ソラナが直面する規制上の課題を浮き彫りにしている。

「CMEで取引されるソラナ先物が存在するか、議会が合法的な暗号資産規制の枠組みを導入するまで、ソラナETFは存在しない…暗号資産ETFの蛇口は、イーサリアムのETFが承認された後、しばらくの間止まっていた

ブルームバーグのリサーチアナリスト、ジェームス・セイファート氏は、潜在的なタイムラインについてさらなるインサイトを示した

「ソラナETFは)CFTCが規制する先物市場を取得してから数年以内に実現するだろう…ソラナETFは他のデジタル資産と比較して最も需要があると思う。しかし、SECはイーサリアムのようにソラナのステータスに踊らされてはいない。CoinbaseやKrakenなどに対するこれらの訴訟は、『Solanaは証券である』とはっきり言っている」とセイファート氏は指摘する。

関連記事:ソラナ(SOL)を購入できる国内取引所と購入方法

ソラナETF承認オッズ
ソラナETF承認オッズ:ポリマーケット

市場アナリストが注視する中、ETFの可能性は依然として議論の的となっている。それにもかかわらず、予測市場のPolymarketは、2024年にSolanaスポットETFが承認される可能性は7%と報告している。19万2,000ドル強のベッティングプールは、この提案が投機家にとってまだ魅力的でないことを示唆している。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー