詳細を見る

イーサリアムETF、今夏にローンチへ:ゲーリー・ゲンスラーSEC委員長

3 mins

ヘッドライン

  • ゲンスラーは、イーサリアムETFが今夏にも開始される可能性があると発表した。
  • イーサリアムETFの最終承認は、S-1申請で進んでいる。
  • ゲンスラーはETHの分類を避け、ベーナムはコモディティと呼んだ。
  • promo

米国証券取引委員会(SEC)のゲーリー・ゲンスラー委員長は13日、上院歳出委員会の予算公聴会でイーサリアムのスポット型上場投資信託(ETF)が今夏にもローンチされる可能性が高いと発表した。

イーサリアムETFの取引準備はほぼ整う

ゲンスラー氏は、これらのETFの最終承認プロセスが順調に進んでいることを強調した。SECは以前、最初の申請グループにゴーサインを出していた。現在、S-1ファイリングとして知られる最終的な登録要件は “スタッフレベル “で管理されている。

承認されれば、これらのETFは投資家が実際のイーサリアムを保有するファンドを取引できるようになる。したがって、イーサリアムETFを導入することで、イーサリアムへの幅広い市場アクセスが提供されることになる。この動きは、ビットコインのスポットETFが先に設立されたことを反映したものであり、現在58万2000BTC以上、590億ドル以上の価値がある。

関連記事:イーサリアムETFとは?メリット・デメリットについて

ビットコインETF 過去の保有銘柄
ビットコインETFの過去の保有額:クリプトクワント

公聴会でゲンスラー氏は、イーサリアムがコモディティであるかどうかを尋ねられた。同氏は、イーサリアムの分類に関するSECの継続的な不確実性を反映し、明確な回答を控えた。対照的に、商品先物取引委員会(CFTC)のロスティン・ベーナム長官は、イーサリアムはコモディティであると述べた。

それでも、間もなく登場するイーサリアムETFは暗号通貨市場に大きな進展をもたらし、投資家にとってのアクセス性と投資機会の拡大を約束するものである。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー