詳細を見る

日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)、IEOの上場に関する規制を検討=日経

3 mins

ヘッドライン

  • 日本暗号資産ビジネス協会は国内IEOの具体的な規制検討しており、近日中に内容を公開する。
  • 新たな規則でIEOによって上場する暗号資産の発行体や関係者には、最低でも3ヶ月の売却制限が設けられるという。
  • 価格が急落した際の安定操作を明確にルール化する提案などがガイドラインに盛り込まれている。
  • promo

日経新聞が30日に報じたところによれば、日本暗号資産(仮想通貨)ビジネス協会(JCBA)は国内IEO(イニシャルエクスチェンジオファリング)の具体的な規制・ガイドライン内容をまとめ、近日中に公表する。

報道によると、新たな規則でIEO(Initial Exchange Offering)によって上場される暗号資産の発行体や関係者には、最低でも3ヶ月の売却制限(ロックアップ)が設けられるという。月々の売却量にも売り出し数量に対して10%の上限が施される。これは、既存の投資家に対する売却制限やマーケットの安定性を保つための措置とされる。

IEOは新しい暗号通貨トークンの市場導入および資金調達の一手法。このプロセスにおいて、暗号資産取引所が中心的な仲介役を果たし、プロジェクトの背後にいる団体や開発者の信頼性、そしてプロジェクト自体の資質を厳格に事前審査する。審査に合格したプロジェクトのトークンはその後、取引所のプラットフォームで公開販売される。

ボラティリティの高い価格変動を抑えるためには流動性の確保が重要とされていることなどから、流動性提供を行うマーケットメイカーの活用や海外の暗号資産取引所への同時上場が検討されている。また、価格が急落した際の安定操作を明確にルール化する提案などがガイドラインに盛り込まれているという。

国内で過去にIEOにより販売された暗号資産は4つあり、Hashpaletteの「パレットトークン(PLT)」、FC琉球の「FCRコイン(FCR)」、フィナンシェの「フィナンシェトークン(FNCT)」、そしてオーバースの「Nippon Idol Token(NIDT)」がそれである。暗号資産取引所のコインチェックは今年中にゲーム大手コロプラの子会社Brilliantcrypto(ブリリアント・クリプト)ともにIEOを行う予定だ。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー