詳細を見る

JMP証券、ビットコインが28万ドルに達する可能性を指摘

5 mins

ヘッドライン

  • JMP証券は、ビットコインETFへの3年間で2200億ドルの投資により、ビットコインは28万ドルに達すると予測している。
  • スポットビットコインETFには大幅な資金流入が見られ、セルサイドの流動性危機につながる可能性のある大きなトレンドを示唆している。
  • 予想される資金流入はビットコインの時価総額に大きな影響を与え、乗数効果によって指数関数的な成長をもたらす可能性がある。
  • promo

JMP証券はビットコインの価値がかつてないほど急上昇し、28万ドルに達する可能性があると予測している。

この予測は、同社の最新の調査レポートによるものだ。同レポートでは、今後3年間でビットコインのスポット型上場投資信託(ETF)に2200億ドルもの資金が流入すると予測している。これは暗号通貨に対する投資家の関心の高まりを反映しており、Coinbaseはこれらの展開から利益を得ることができる。

ビットコイン価格は28万ドルへ

JMPのレポートは、スポットビットコインETFの目覚ましい発展を強調している。アナリストによると、このような驚異的な数字は、はるかに大きなトレンドの初期段階を表している。

ETFの承認が起爆剤となり、こうした資金流入は今後もエスカレートしていくことが予想される。実際、CryptoQuantのCEOであるKi Young Ju氏は、ビットコインへの機関投資家の流入が続けば、「セルサイドの流動性危機」が迫っていると強調した。

「スポット的なビットコインETFの流入が止まらない限り、ベアはこのゲームに勝てない…。このままでは、6ヶ月以内にセルサイドの流動性危機が起こるだろう…。一旦セルサイドの流動性危機が起きれば、セルサイドの流動性が限られ、オーダーブックが薄いため、次のサイクルのトップは我々の予想を上回る可能性がある

関連記事:ビットコインETFの取引方法:ステップ・バイ・ステップのアプローチ

Bitcoin ETF Holdings
ビットコインETFの保有残高|クリプトクワント

この楽観的な見通しの中心は、ビットコインの価格に対する新しい資本の潜在的な乗数効果である。デビン・ライアン氏を含むJMPのアナリストは、2200億ドルの資金流入が予測される場合、暗号通貨の時価総額が指数関数的に拡大し、1ビットコインあたり28万ドルの評価につながると明言した。

この予測は、新しい資本の現在の乗数を約25倍と見積もっている。したがって、ビットコインの全体的な時価総額に大きな影響を与えることを示唆している。

興味深いことに、JPモルガンのアナリストであるNikolaos Panigirtzoglou氏は、最近の流入は、実際には、取引所のような従来の暗号資産プラットフォームからスポットビットコインETFへの資本のシフトによるものである可能性があると述べた。しかし、同氏は将来的にこれが変わる可能性があることを認めた。

「暗号資産取引所では、スポットBitcoin ETFのローンチ以降、累計で約70億ドルのBitcoinが流出した。言い換えれば、個人投資家から新たに創設されたETFへの純流入は、90億ドルではなく20億ドルに近い可能性が高い」とパニギルツォグロウ氏は述べた。

関連記事:ビットコイン価格予測 2024年 / 2025年 / 2030年

Panigirtzoglou氏は、スポットビットコインETF市場は今後2~3年以内に620億ドルに拡大すると指摘した。そして、コインベースは成長するETF市場から利益を得るのに有利な立場にあり、JMP証券はCOIN株の目標株価を220ドルから300ドルに調整した。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー