詳細を見る

英チャールズ国王の戴冠式記念NFTが無料配布へ|2万件超の応募が殺到

2 mins

英夕刊紙「イブニング・スタンダード」は4日から8日にかけ、チャールズ国王の戴冠式を記念した無料NFTの配布登録受付を行った。

2022年9月に即位したチャールズ国王の戴冠式が6日、ロンドンのウェストミンスター寺院で執り行われ、同NFTはこれを記念したもの。なお英国では1953年にエリザベス女王の戴冠式が執り行われて以来、70年ぶりの戴冠式となった。

イブニング・スタンダード紙は、英スコットランドのアーティストであるトレバー・ジョーンズ氏および米メタバース企業アポロ・エンターテイメントを起用。共同制作されたNFT「The Oath」は、英王室の祭具である聖エドワード王冠をモチーフにしている。スターバックスNFTの販売取り扱いで話題となったNFTトレードプラットフォーム「ニフティ・ゲートウェイ」にて、4日8時から8日7時59分まで無料配布の登録受付が行われた

本稿執筆時点で同NFTの配布登録受付は終了。累計で20,200件の応募があった。公式情報によると14日、登録を完了したユーザーへNFTの無料配布が行われる予定。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー