詳細を見る

ハッカー、800イーサリアム(ETH)をトルネード・キャッシュに移す

3 mins

ヘッドライン

  • クロノスのハッカー、800ETHをトルネード・キャッシュに移動。
  • 司法省、暗号資産ミキサーに対する厳格な姿勢を維持。
  • 暗号資産による攻撃は最近減少しているが、その影響は大きい。
  • promo

クロノス・リサーチのハッカーが13日、800イーサリアム(ETH:約240万ドル相当)をトルネード・キャッシュに移動させ、インターネット上に再浮上した。

現在、マネーロンダリングを促進した疑惑をめぐって米司法省との法廷闘争に巻き込まれている。

クロノス・リサーチのハッカー、ETHからトルネード・キャッシュへ

このような大量のETHの送金はPeckShieldによって特定され、”ハッカー4 “とタグ付けされた。注目すべきことに、この送金はKronos Researchのハッカーによるより大きなパターンの一部であり、彼は以前にも5月初めに730万ドルをTornado Cashに流し、昨年11月にはPoloniexに1億1700万ドルの取引を行っています。

このハッカーのチェーン上での活動の復活は、暗号資産セクターの最近の傾向と衝突している。報告によると、暗号資産ハッキングの頻度は先月より65%以上減少している。しかし、このようなハッキングの金銭的な影響は依然として深刻であり、セキュリティを確保する上での永続的な課題が浮き彫りになっている。

“KronosResearchハッカー4は800ETH(〜240万ドル相当)をトルネードキャッシュに送金した “とPeckShieldは警告した

関連記事:暗号資産詐欺プロジェクト:偽トークンを見破る方法

司法省の姿勢は厳しく、特にトルネード・キャッシュの共同創設者であるローマン・ストームに対する現在進行中の事件では、その姿勢を示している。検察当局は、ストームの活動は言論の自由の枠を超え、必要なライセンスを持たずに運営し、OFAC制裁に違反するなど、重大な犯罪行為に関与していると断固として主張している。

こうした動きは、暗号通貨規制の将来や、イノベーションとセキュリティのバランスについて重大な問題を提起している。暗号資産コミュニティは、トルネード・キャッシュに対する法的手続きが続く中、引き続き強い警戒感を抱いている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

スポンサー
スポンサー