詳細を見る

LayerZeroがエアドロップを非難、ZROは22%急落

5 mins

ヘッドライン

  • LayerZeroは20日にZROトークンのエアドロップを開始した。
  • ユーザーはZROトークン1つにつき10セントを入金しなければならなかったが、これは操作可能なボットやシビル・エンティティを避けるための戦略だった。
  • 暗号資産コミュニティは、クレームの仕組みがエアドロップではなく、寄付の条件になっていると憤慨した。
  • promo

LayerZeroは21日、物議を醸したエアドロップ後に批判を浴びており、そのネガティブな評判がネイティブトークンであるZROの急落を誘発した。

エアドロップ農家が逃げ惑う中、日々の取引は驚くほど急落している。

LayerZeroが物議を醸すエアドロップで呼び出される

オムニチェインの相互運用プロトコルであるLayerZeroは、そのネイティブトークンであるZROのローンチの翌日に厳しい批判を受けました。これは、ZROトークンに選択された請求メカニズムに関する論争の中でのことである。このネットワークは、ユーザーがエアドロップでトークンを要求するための新しい戦略を導入した。

LayerZeroはこの戦略を採用し、シビル・エンティティの抑制を図った。このプロトコルは、エアドロップ参加者が各ZROトークンを要求するために、イーサリアム開発者の集合体であるProtocol Guildに0.10ドルのUSDC、USDT、またはETHを入金または寄付することを要求した。

LayerZeroによると、このトークン配布モデルはプロトコルの長期的な将来へのコミットメントに沿ったものだという。さらに、財団はイーサリアムのレイヤー1(L1)開発者を支援するため、プロトコルギルドへの寄付金のうち最大1000万ドルに上乗せすることを約束した。

関連記事:エアドロップとは?事例や受け取り方を解説

この条件は暗号資産トレーダーには不評だった。これを「税金」と例える人もいれば、「寄付の証明」という印象を与えてプロトコルを批判する人もいた。彼らの意見では、これはエアドロップに近いものではなかった。

「トークンは寄付と引き換えなので、厳密にはエアドロップではないし、チームは通信のどこにもエアドロップとは書いていない。XユーザーのDCF GODは、「誰でもほんの数時間前にノーサイドを5Cで買うことができたし、すでに10倍になっている」と語った

今にして思えば、LayerZeroはトークン生成イベントが近づくにつれ、イベントはエアドロップではないため、「エアドロップ」という用語は意図的に避けたと明らかにしていた。LayerZero Labsは木曜日のブログ投稿で、この区別は意図的なものだったと説明した。

このユーザーはまた、LayerZeroのエアドロップの予測プラットフォームPolymarketのオッズの下落を強調し、トークンが最近デビューしたにもかかわらず、50%まで暴落した。

LayerZeroのデイリー取引は激減

論争の中、オンチェーンメトリクスはLayerZeroエコシステムの弱気なセンチメントを示唆している。Duneの分析データによると、1日の取引件数は90%以上減少している。このピークレベルからの反発は、エアドロップ農家が逃げ出すことで生じている。

日次取引の減少は、暗号資産を積極的に利用するユーザーの減少を示唆している可能性がある。これは暗号資産に対する市場全体のセンチメントを反映している可能性がある。投資家やユーザーは、ネガティブなニュース、規制上の懸念、または開発の進展の欠如のためにプロトコルから離れ、このような行動をとっている。

LayerZeroの1日の取引回数、
LayerZeroの1日の取引回数 出典:デューン

ネガティブなセンチメントはプロトコルのネイティブトークンであるZROにも及んでおり、過去24時間で22%下落している。本稿執筆時点では、トークンはピーク時の4.71ドルから3.15ドルで取引されている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

lockridge-okoth.png
Lockridge Okoth
ロックリッジ・オコトはBeInCryptoのジャーナリストで、Coinbase、Binance、Tetherなどの著名な業界企業に焦点を当てている。同氏は、分散型金融(DeFi)、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、リアルワールドアセット(RWA)、GameFi、暗号通貨における規制動向など、幅広いトピックを扱っている。以前はInsideBitcoins、FXStreet、CoinGapeでビットコインやアルトコイン(Arbitrum、Polkadot、ポリゴン(MATIC)など)の市場分析、技術評価を担当。同氏はケニヤッタ大学で分子生物学の学士号を取得し、バークレー校の起業家センターで認定ブロックチェーン・ファンダメンタルズ・プロフェッショナルの資格を取得している。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー