詳細を見る

暗号資産(仮想通貨)ワールドコインとは?特徴や入手手順を解説

11 mins

ワールドコインは、OpenAIの共同創設者であるサム・アルトマンが開発を推進している新しい暗号資産(仮想通貨)プロジェクトです。虹彩スキャンによる認証方法を採用し、すべての人に金融アクセスを提供することを目標としており、今大きな注目を集めているプロジェクトの1つです。

そこで本記事では、ワールドコインの特徴や将来性について詳しく解説します。ワールドコインについて詳しく知りたい人は、ぜひ最後までご覧ください。

仮想通貨ワールドコインとは?

ワールドコインはOpenAIの共同創設者であるサム・アルトマンが開発を推進している新しい暗号通貨プロジェクトです。

「すべての人に金融アクセスを提供すること」を目標にしており、虹彩スキャンを認証方法として採用することで、17億人以上の金融サービスを受けることができていない人々に、金融サービスを提供することを目指しています。

仮想通貨ワールドコインの特徴

仮想通貨ワールドコインの特徴3つについて解説します。

  • 虹彩スキャンによる認証
  • ユニバーサル・ベーシック・インカム(UBI)の実現
  • 透明性のあるオープンソース公開

仮想通貨ワールドコインの特徴①:虹彩スキャンによる認証

ワールドコインの最も独特な特徴は、虹彩スキャンの認証です。ユーザーを確認する特別に設計されたデバイス「Orb(オーブ)」を使用し、ユーザーの虹彩をスキャンし、一人一人にデジタルID「World ID」が提供されるという特徴があります。

虹彩スキャンは、指紋や顔認証よりも偽造が難しく、セキュリティが高いというメリットがあり、注目を集めています。

仮想通貨ワールドコインの特徴②:ユニバーサル・ベーシック・インカム(UBI)の実現

ワールドコインは、ユニバーサル・ベーシック・インカム(UBI)の実現を目指しています。UBIは、すべての人々に一定の所得を保障する制度であり、貧困の解消や格差解決につながるとされており、世界的にも実証実験が進められています。ワールドコインは、暗号通貨技術を活用することで、UBIをより効率的に実現することを目指しており、その成果に期待が集まっています。

仮想通貨ワールドコインの特徴③:透明性のあるオープンソース公開

ワールドコインのソースコードはオープンソースとして公開されており、透明性のあるエコシステムを構築することに取り組んでいます。トランザクションはブロックチェーンに記録され、ネットワークの全参加者に開示されている点も特徴の1つです。

仮想通貨ワールドコインを構成する3つの要素

虹彩をスキャンする装置Orb(オーブ)

ワールドコインを構成する3つの要素を解説します。

  • World ID
    人間であることを証明するデジタルIDで、虹彩をスキャンする装置Orb(オーブ)を使って取得でき、個人情報を明示せずに、サービスにアクセスすることができる。ワールドコインの配布や支払いなどに必要
  • Worldcoin
    世界中の人々に無料で配布される暗号通貨で、World IDを取得した後に受け取ることができる。ワールドコインは、世界中の人々に富を分配することを目的としており、ユニバーサル・ベーシック・インカム(UBI)の実現にも貢献している
  • World App
    支払いや送金などを行うことができ、ワールドコインのエコシステムの中核となるアプリ。ユーザーは自分の資産や取引履歴などを管理することができ、シンプルで使いやすいインターフェースが特徴

仮想通貨ワールドコインの入手手順

仮想通貨ワールドコインの入手手順を解説します。

  • World Appというアプリをダウンロード
  • Orb会場で虹彩をスキャンし、World IDを取得
  • ワールドコインを受け取る

仮想通貨ワールドコインの入手手順①:World Appアプリをダウンロード

まず、ワールドコインの公式サイトやアプリから、World Appアプリをダウンロードします。

仮想通貨ワールドコインの入手手順②:Orb会場で虹彩をスキャンし、World IDを取得

次に、World IDというデジタルIDを取得します。World IDは、人間であることを証明するIDで、虹彩をスキャンする装置Orbを使って取得できます。Orbは、世界中の様々な場所に設置される予定です。Orb会場の最新情報は、公式Twitterでも確認できます。

2023年8月時点で日本国内にOrbがあるのはこちらです。

Orb会場予約はWorldcoin公式サイトから予約可能です。

仮想通貨ワールドコインの入手手順③:ワールドコインを受け取る

最後に、ワールドコインを受け取ります。World ID発行から1時間ほどで25WLDをもらうことができますが、この25WLDは365日間ロック、解除まで売却不可となっています。その後、毎週1WLDが配布され続けます。

まとめ:仮想通貨ワールドコインの今後の普及に注目

本記事では、OpenAIのCEOであるサム・アルトマン氏が開発した仮想通貨プロジェクト「ワールドコイン」について解説しました。「すべての人に金融アクセスを提供すること」を目標にしており、ユニバーサル・ベーシック・インカム(UBI)の実現にも貢献しています。

虹彩スキャンのプライバシー保護やセキュリティ対策といった課題もありますが、ますます普及していく可能性も高いため、今後のワールドコインの動向に注目しましょう。

仮想通貨ワールドコインよくある質問

Q1:ワールドコインはどのように配布されるのですか?

Q2:ワールドコインのプライバシー保護は、安全ですか?

Q3:ワールドコインの発行枚数はどのくらいですか?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー