詳細を見る

【2024年版】最大手バイナンスは本当にオススメの暗号資産取引所なのかを検証

35 mins

Binanceは、世界最大の中央集権型暗号通貨取引所です。暗号通貨取引の枠を超えて、幅広い製品ラインナップを備えています。世界中に1億5000万人以上の登録ユーザーがいるため、Binanceは成長を続けていますが、止める要素はほとんどありません。

しかし、Binanceはあなたに最適な取引所でしょうか?この詳細なBinanceレビューでは、プラットフォームの細部を掘り下げ、暗号通貨取引など、Binanceが提供するすべてを探索します。

Binanceの概要:全体的な評価

Binanceは、取引量で世界最大の暗号資産取引所として知られています。その理由は、多彩な取引ペアや豊富な機能、手数料の安さなど、他の取引所と比べて優れたサービスを提供しているからです。

ただし、唯一の欠点は、電話によるカスタマーサポートがないことです。しかし、世界中にユーザーがいるグローバルな取引所としては、致し方ないのかもしれません。それでも、Binanceは中央集権型取引所(CEX)の中では、群を抜いた存在であることは間違いありません。

基準安全顧客

サポート
料金資産製品BeInCrypto

スコア
スコア5/53/5
4/5

5/5
5/5
4.4

バイナンスとは?

Binanceは、暗号資産取引所の取引量と信頼度で世界一を誇る取引所です。その理由は、豊富な取引ペアや機能、手数料の安さ、そしてセキュリティの強さなどが挙げられます。

Binanceのレビューとランク: CoinMarketCap

Binanceは、2017年にCZ氏によって設立されました。CZ氏は、中国系カナダ人の起業家であり、暗号資産取引所の業界では最も有名な人物の一人です。Binanceの創業メンバーには、He Yi氏(Chief Marketing Officer)も名を連ねています。

Binance のレビューと共同創設者: Binance

グローバル諮問委員会は、Bruno Bezard、Ibukun Awosika、Leslie Maasdrop などで構成されています。 

バイナンスチーム: バイナンス

Binanceの取扱銘柄数は385種類、取引ペアは1,600種類以上にも及びます。2022年の取引量は、平均で1日650億ドルを超え、年間で3,000億ドル以上の取引が行われました。

Binanceの米国法人であるBinance.USは、規制上の懸念から、すべての州でサービスを提供していないほか、取り扱い銘柄数も約150種類に制限されています。CoinMarketCapのランキングでは、Binance.USは52位、BinanceTR(トルコ)は33位となっています。

Binanceは、世界中の取引所の中で最も流動性の高い取引所でもあります。CoinMarketCapの流動性スコアは868と、他の取引所を大きく引き離しています。

バイナンスを利用できる国

Binanceは、世界最大の暗号資産取引所であり、世界100カ国以上で利用可能です。アメリカ、ヨーロッパ、アジアのほとんどの国に加えて、アフリカ、中東、南米でも利用できます。

ただし、一部の国では、現地の金融法に違反するとして、利用が制限されています。具体的には、マレーシア、カナダ、オランダ、北朝鮮です。また、キューバ、シリア、クリミアにもBinanceは存在しません。Binanceが利用可能な国や地域は、今後も変更される可能性があります。最新の情報を、Binanceの公式ウェブサイトなどで確認してください。

バイナンスを利用する方法

1.Binanceのウェブサイトにアクセスし、「登録」をクリックします。

2.メールアドレス、電話番号、または第三者アカウント(GoogleやAppleなど)を使用してサインアップします。

3.メールで送信されたコードを使用してアカウントを認証すると、Binanceアカウントが正式に作成されます。

4.前の手順を完了したら、より多くのアカウント特権を得るためにKYCが必要です。

ウェルカムオファー/ボーナス

Binanceは、多くのリワードを提供しており、その中には学習して獲得するものやタスクを完了して獲得するもの、ウェルカムボーナス、アフィリエイトプログラムなどが含まれています。以下に、それぞれのリワードについて説明します。

バイナンスの主なサービス

Binanceは大きな取引所で、多くの機能とサービスが用意されています。その中でも、取引に関する機能を個別に見ていきます。

取引機能

取引は暗号通貨取引所の本質です。Binanceで探索できる取引関連のすべてがここにあります。

Binance のレビューと取引インターフェイス: ビットコインチャート

スポット取引と暗号通貨

Binanceでは、スポット取引が最も一般的で、プラットフォームの大部分を占めています。また、適切なスポット取引トークンがない場合は、ウェブ3ウォレットやリミット価格でトークンを他のトークンに変換できます。この機能は、Binanceプラットフォームでは手数料がかかりません。

Binance のレビューとスポット レバレッジ: Binance

OTC取引

USDT、ETHなどの大量の暗号資産を持っている場合、OTC取引を利用してブロック単位で取引できます。これにより、取引所の特定のオーダーブックをナビゲートする必要がなく、スリップを避けることができます。ただし、OTC取引の注文は、最低でも200,000USD相当の暗号資産が必要です。

レバレッジ取引

Binanceは、通常のスポット取引でもレバレッジをかけられます。好みに応じてクロスマージン取引とアイソレートマージン取引を選択できます。取引の種類に応じて、3倍から10倍のレバレッジをかけることも可能です。さらに、担保や既存の保有資産を使って資金を借り入れ、クロスマージンアカウントとアイソレートアカウントで取引することもできます。

P2P取引

OTC取引の最小取引額に達しない場合や、直接個人と取引したい場合は、P2P取引が便利です。

バイナンスのピアツーピア: バイナンス

USDT、BTC、その他11種類の資産で、特定のバイヤーやセラーと直接取引できます。P2P取引には、大規模な取引向けの「ブロック」取引インタフェースもあります。さらに、個人との交渉が面倒な場合は、「エクスプレス」の売買オプションを選択できます。これを使えば、市場価格や注文内容を確認せずに、簡単に暗号資産を買ったり売ったりできます。

ボットとAPI

取引を自動化したい場合は、トレードングボットが役立ちます。スポットグリッド追跡、先物取引、DCA機会、ポートフォリオリバランス戦略など、あらゆる状況や取引嗜好に合わせたボットがあります。

また、ストラテジー・トレーダーや特定の取引体験をユーザーに提供したい場合は、APIアクセスが利用できます。この機能は、ウォレット、マイニング、NFTステーキングなどに関する高度な取引サービスを提供したい機関投資家に特に便利です。

デリバティブ

Binanceでは、仮想通貨のオプション取引を行うことができます。オプション取引は、期限日前に取引を行うことが可能で、ビナンスではさらにモック取引を行うことができます。これにより、経験を積むことができます。

Binanceプラットフォームでは、暗号化カタログにおいて、永続的および配送モードにアクセスできます。

先物取引: バイナンス

Binanceプラットフォームでは、期限前に取引できる暗号通貨オプションの取引も可能です。これらは高度な取引オプションであり、Binanceは経験を積むためのモック取引も提供しています。

オプション取引インターフェース: Binance

バイナンスで稼ぐ

世界をリードする取引所は、ユーザーに幅広い受動的収益プランを提供しています。「Simple Earn」の設定やBNB Vaultなどが特に人気です。元本保護型収益プラン、高利回りオプション、SIP風自動投資戦略から選ぶことができます。

獲得プラン: Binance

また、ETH2.0のステーキングなど、他の受動的収益プランから選ぶことも可能です。Binanceはプールを通じた暗号通貨のファーミングもサポートし、ユーザーは流動性を注入して報酬を獲得することができます。

また、事前に定義された価格で決済して高い利回りを得る二重投資オプションがあります。最後に、特定の範囲内でトレードするように資産を調整して報酬を獲得する範囲ベースの動きがあります。BNB Chainに加えて、CosmosとPolkadotのチェーン固有のトレーディングオプションを選択することもできます。

あるいは、より高いAPYやボーナスを獲得できるチャンスのある、コインまたはトークン固有のステーキングやファーミングのオプションを探すこともできます。

バイナンスと他の取引所の比較

「Binance」は、初心者から上級者まで幅広いトレーダーに人気の取引所です。しかし、他の取引所もそれぞれに特徴があり、自分に合った取引所を選ぶことが大切です。

そこで、今回はBinance以外のおすすめの取引所を5つご紹介します。

1.Coinbase

Coinbaseは、初心者でも使いやすい取引所です。手数料が低く、日本語にも対応しているため、初めてビットコイン取引をする方におすすめです。

2.Kraken

Krakenは、セキュリティが強固な取引所です。定期的なペネトレーションテストやDDoS攻撃対策を実施しており、安心して取引できます。

3.eToro

eToroは、コピートレード機能が充実した取引所です。コピートレードとは、成功しているトレーダーの取引を自動で真似できる機能です。eToroなら、初心者でも簡単にプロのトレーダーと同じような成績を収めることができます。

4.Stormgain

Stormgainは、レバレッジ取引に強い取引所です。レバレッジ取引とは、少額の資金で大きな取引ができる取引です。Stormgainでは、最大200倍のレバレッジ取引に対応しています。

5.OKX

OKXは、ステーキングに強い取引所です。ステーキングとは、ビットコインなどの仮想通貨を保有することで、報酬を得られる仕組みです。OKXでは、ビットコインやイーサリアムなど、さまざまな仮想通貨のステーキングに対応しています。

なお、上記の各取引所の特徴は、あくまでもBinanceと比較した場合のものです。それぞれの取引所には、独自の特徴や強みがあります。ぜひ、ご自身のニーズに合った取引所を見つけてみてください。

バイナンスの機能とツール

Binanceは、より信頼できる取引所の1つと考えられています。CoinGeckoのダッシュボードによれば、10点満点です。

信頼スコア: CoinGecko

MerkleTreeを用いた証明済み準備金を初めて公開した取引所の一つです。Binanceの共同創設者であるC Z氏は、以下のようにツイートしています。

すべての暗号取引所はMerkle Treeの証明済み準備金を実施すべきです。
銀行は準備金の割合を持っています。
暗号取引所はそうではありません。
Binanceは証明済み準備金を始めるでしょう。完全な透明性。

Binanceの共同創設者Changpeng Zhao氏:Twitter

ご覧のとおり、ほとんどの資産は過剰担保化されています。

Binance のレビューと証拠金証明: Binance

予約基準に基づく信頼性のほか、以下のセキュリティ実装も行っています。

  • 2要素認証
  • アドレスおよびデバイスのホワイトリスト
  • 制限されたデバイスアクセス
  • QRコードによる認証
  • ホットウォレットとコールドウォレットの範囲でのユーザー資金の保管
  • 撤退通知およびパスキー支援によるP2Pチャンネルを通じた暗号通貨の取引

また、高度な暗号化標準と定期的なオーディットを通じて、信頼性のある立場を維持しています。

2023年10月17日.BinanceUSは、プラットフォームでドルの撤退を停止しました。この動きは、米国証券取引委員会(SEC)がブイナンス、CEOのCZ、およびブイナンス.USを提訴したことによるもので、取引量の人為的な膨張や欺瞞的な実践などの不正行為が含まれています。

撤退を希望する顧客には、資金を安定コインや他のデジタル資産に変換するように助言が与えられています。SECの行動は、ブイナンスのアメリカ合衆国での運営に影響を与え、フィアット撤退サービスに直接影響を与えています。この法廷闘争と規制当局の監査が、暗号産業におけるブイナンスの長期的な立場にどのような影響を与えるかはまだ不明です。しかし、2023年10月末時点で、多くのアメリカ合衆国に基づく顧客が、ブイナンス.USの信頼性のある代替案を求めています。

料金体系

Binanceは多数の製品やサービスを提供しているため、それぞれに関連する手数料は異なる場合があります。現物取引手数料から始めて、さらに詳しく見ていきましょう。

支払う必要があるスポット取引手数料は、VIPレベルによって異なります。たとえば、当社は「一般ユーザー」レベルを使用して運用しており、メーカーとテイカーの両方に0.1%のスポット取引手数料がかかります。Binanceは最も流動的な暗号通貨取引所の1つであるため、メイカー手数料とテイカー手数料は同じです。

ただし、VIP1、VIP2、VIP9レベルまで順位を上げた場合、メーカーでは0.012%、テイカーでは0.0240%という低いスポット取引手数料を体験できます。VIPレベルは30日間の取引量によって異なります。

バイナンスのネイティブトークンであるBNBを使用して取引手数料を支払うことを検討すると、取引手数料の追加割引が可能です。料金体系は非常に透明性があり、プラットフォームでは借入金利や証拠金金利も事前に宣言されています。同じことは、VIPレベル、さらには借りている資産の種類によっても異なります。

個人取引および先物取引の手数料体系

USDT-M先物の取引手数料は、メーカーに対して0.0200%、ターゲットに対して0.0400%で始まります。これらのレベルは、では最低で0.012%と0.030%になります。COIN-M futuresは、メーカーに対して0.01%、ターゲットに対して0.05%の手数料がかかります。これらは、「レギュラーユーザー」のレベルです。

ヨーロッパ式オプションについては、レギュラーユーザーは両方ともに0.03%の手数料がかかります。また、Binanceは、スワップファーミング、NFT取引、およびP2P取引のための手数料レベルも提供しています。

オプション料金体系: Binance

入出金:法定通貨と暗号通貨のオプション

Binanceでは、法定通貨と暗号通貨の入出金が可能です。外部ウォレットから暗号通貨を入金するには、ページのすぐ上にあるタブである「入金」をクリックするだけです。インターフェイスが開くと、暗号資産、資金の移動に使用されるネットワーク、およびネットワーク固有のアカウントのパブリックアドレスをすぐに選択できます。

仮想通貨預金: Binance

このアドレスは、あなたに支払いを行っている可能性のある人に送信できます。入金が完了すると、資金は「ファンディング」ウォレットで確認できます。Binanceは暗号通貨預金の取引手数料をゼロにします。

法定通貨預金: Binance

法定通貨を入金するには、通貨を選択し(約30の法定通貨がサポートされています)、支払い方法を選択して、「続行」をクリックする必要があります。クレジットカードやデビットカードを使用した支払いには一律1.8%の手数料がかかることに注意してください。ただし、デビットカード以外にもオプションがあるので、続行する前に確認する必要があります。

また、法定通貨を入金する代わりに、それを直接使用して暗号通貨を購入することもできます。出金の場合は、「ウォレット」タブの「法定通貨とスポット」セクションに移動する必要があります。選択した資産に対して、仮想通貨の出金セクションが表示されます。そこに到達したら、プロセスは一目瞭然で、資金を送金するアドレスとネットワークの選択を選択して、「続行」をクリックするだけです。

仮想通貨の出金: Binance

Binanceアカウントに法定通貨がある場合は、1.8%の定額手数料を払って、それを銀行に引き出すことができます。暗号通貨の入出金手数料については、ネットワーク取引手数料を考慮するだけで済みます。ただし、出金手数料は取引手数料であり、ネットワークと暗号通貨の種類によって異なります。

暗号通貨の入出金レート: Binance

バイナンス・レビュー:ユーザーエクスペリエンス

Binanceのダッシュボードに注目しました。

アプリのサポート: Binance

まず、Binanceには非常に多様な取引プラットフォームがあります。これは、AndroidおよびiOSエコシステムに関するモバイルアプリのカバーとは別に、macOS、Linux、さらにはWindows用のデスクトップアプリケーションも利用できることを意味します。または、このレビューで使用したインターフェイスを使い続けることもできます。

Binanceは、2要素認証を支援する専用の認証システムも提供しています。

アカウント設定プロセスに関しては、電子メールと電話を使用してログインするだけです。詳細が確認されたら、KYCの詳細を確認し、2FA、パスワード、生体認証ロック、パスキーなどのセキュリティ対策を実装して開始する必要があります。

取引インターフェイスには、スポット、デリバティブ、P2P、その他のサービスが満載されています。インターフェイス自体はBinanceLiteとBinanceProとして分離されていることに注意してください。名前が示すように、Binance Lite は初心者トレーダー向けであり、より合理化されたインターフェイスを提供します。BinanceProは経験豊富な人向けです。

モバイルアプリを使用するときは、この分離されたインターフェイスを探すことをお勧めします。

暗号通貨に興味がある人向けの教育リソース:Binance の Learn プラン

Binanceは、暗号通貨について学ぶのに役立つ記事を幅広く提供しています。記事、ビデオ、用語集、チュートリアルなどのすべてのサービスは、Binance Academy内にあります。

バイナンス アカデミー: バイナンス

それに加えて、BinanceAcademyはLearn and Earnプランも主催しており、トピック固有の質問に答えながら暗号通貨を獲得できるようにすることで、新規ユーザーと経験豊富なユーザーを奨励します。

バイナンスの調査: バイナンス

次に、エコシステム内のあらゆる主要なイベントを追跡するBinanceブログがあります。また、Binanceは非常に強力なコミュニティを誇っており、その存在感と人気は世界的な広がり、多数のTwitterフォロワー、Binanceフィードを介したユーザーの投稿などを通じて確認できます。

この点に関する別の展開は次のとおりです。

バイナンスのメリットとデメリット

バイナンスのメリットとデメリットを解説します。

メリット

  • 高い流動性がある
  • 1600以上の暗号通貨ペアをサポート
  • モック取引や反復永久契約など、高度な取引機能がある
  • 競争力のある取引手数料で、取引量が高い場合やBNB保有量が多い場合にはさらに削減可能
  • 高度なセキュリティ機能がある
  • P2P取引インターフェースが早くて効率的

デメリット

  • ラッシュ時にはカスタマーサービスが遅くなる可能性がある
  • ファイアト資金の入出金に地域的な制限がある
  • 米国での暗号通貨の取り扱いが広範囲ではない

顧客サポート

2023年9月の時点で、Binanceには顧客サービスの拡大の一環として電話サポートがありません。ただし、Binanceユーザーには依然としてさまざまな方法で助けを求めることができます。さらに、ユーザーはチケットを簡単に送信したり、電子メールで問題を伝えたりすることができます。

さらに、簡単なガイダンスが必要な場合には、有益なコンテンツを含む専用のヘルプセクションがあります。さらに、24時間年中無休のライブチャットサポートを提供しており、すぐに質問できるようになっています。

よくある質問

Binanceからお金を引き出すにはどうすればよいですか?

バイナンスには手数料がかかりますか?

Binanceから私の銀行口座に送金できますか?

Binanceへの最低入金額はいくらですか?

Binanceにはモバイルアプリがありますか?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー