Bitcoin btc
$ usd

ビットコイン積立投資はおすすめなのか?メリット・デメリットを解説

13 mins

暗号通貨の中でも最も知名度が高く注目を集めるビットコイン。その価格の上昇やブロックチェーン技術による可能性から、多くの投資家がビットコインへの積立投資を開始しています。

本記事では、ビットコインの基本的な情報から始め、ビットコイン積立投資のメリットとデメリットについて解説します。ビットコイン、その他通貨への積立投資を考えている方や、ビットコインについて興味をお持ちの方は、ぜひ最後までご覧ください。

ビットコインの積立投資とは?

ビットコインの積立投資とは、定期的に一定の金額をビットコインに投資する方法。価格変動を追いながら、時間とともにビットコインの資産を積み上げることを目的としています。

この戦略の根幹には「ドルコスト平均法」という考え方があります。ドルコスト平均法とは、価格の変動によらず一定の金額を定期的にビットコインに投資することで、購入数量が市場の状況に応じて変動します。つまり、市場が上昇している場合には購入するビットコインの数量が減少し、市場が下落している場合には数量が増加します。

これにより、購入平均価格を均等化することができるため、ビットコインの積立投資は将来的な資産形成を考える人々にとって魅力的な選択肢となっています。

ビットコインの積立投資のメリット

ビットコイン積立投資のメリットはこちらです。

  • ドルコスト平均法に基づくリスク分散
  • 長期的なリターンが見込める
  • 簡単さと心理的負担の軽減

積立投資のメリット①:ドルコスト平均法に基づくリスク分散

ビットコインの価格は大きく変動する傾向がありますが、積立投資によるドルコスト平均法を活用することで、リスクを分散させることができます。積立投資では、定期的に一定額を投資するため、市場が上昇している時には購入数量が減少し、市場が下落している時には購入数量が増加します。

長期的にはリスクの低い平均取得価格を得ることができるので、市場の短期的な変動に左右されずに、資産をより効果的に成長させることができます。

積立投資のメリット②:長期的なリターンが見込める

積立投資は時間をかけてビットコインの資産を積み上げるため、長期的な成果を追求することができます。ビットコインは高い成長ポテンシャルを持つ資産とされているため、積立投資によって将来的なリターンを期待できるといえるでしょう。

積立投資のメリット③:簡単さと心理的負担の軽減

積立投資は定期的に一定金額を投資するため、トレードなどとは違い、誰でも簡単に投資ができます。また、自動引き落としや定期購入プランを活用することで、手間や時間を節約し、心理的な負担を軽減されるのも特徴です。感情に左右されずに投資を継続することができるため、長期投資を効果的に実行することができるといえます。

ビットコインの積立投資のデメリット

entreprises crypto

一方、ビットコインの積立投資にはデメリットもあります。

  • 大幅な価格変動
  • 規制や法的リスク
  • 信頼性と流動性の問題

積立投資のデメリット①:大幅な価格変動

ビットコイン市場は非常に価格が不安定で、短期間で大きな変動が起こることがあります。そのため、積立投資を行っても、一時的な価格の下落によって投資額が減少するリスクがあります。一時的な価格の下落によって投資額が減少する可能性があるため、長期的な視野で投資を考える必要があります。

積立投資のデメリット②:規制や法的リスク

ビットコインは新興の資産クラスであり、まだ規制環境が整っていません。各国の法的規制や政策変更によって、ビットコインの取引や保有に関するリスクが生じる可能性があります。また、不正行為やセキュリティ上のリスクも懸念されます。

積立投資のデメリット③:信頼性と流動性の問題

暗号通貨市場は比較的小規模であり、流動性が低く価格操作のリスクが存在します。取引所の信頼性に注意が必要であり、ハッキングや詐欺などのリスクもあります。また、ビットコインの流動性が低い場合、大口取引や急激な価格変動によって資金の出し入れが困難になる可能性も考えられます。

ビットコイン積立投資のおすすめ運用方法

ビットコイン積立投資のおすすめ運用方法を紹介します。

  • ビットコインかイーサリアムで運用する
  • 毎月定額を積立投資する
  • 長期的な視点を持つ

おすすめ運用方法①:ビットコインかイーサリアムで運用する

ビットコインイーサリアムは暗号通貨市場で最も広く知られた通貨であり、長期的な成長の可能性があります。ビットコインは最初の暗号通貨として確立され、大手企業や機関投資家の関心を集めており、イーサリアムはスマートコントラクトという革新的な技術を提供し、ブロックチェーンの応用範囲を広げています。

どちらの通貨も市場で広く受け入れられており、将来の成長が期待されるため、比較的安定した通貨であるビットコインとイーサリアムで運用するのがおすすめです。

おすすめ運用方法②:毎月定額を積立投資する

毎月定額を積み立てることにより、投資の習慣を身につけることができます。積立投資は市場の変動に左右されずに一定額を投資できるため、時間とともに購入平均価格を均等化する効果があります。

また、価格の変動に影響されずに定期的に投資できるため、市場の状況を気にする必要がありません。これにより、感情的な売買を避け、長期的な投資戦略を追求することができます。

おすすめ運用方法③:長期的な視点を持つ

積立投資は時間をかけて資産を積み上げる手法です。ビットコインの価格変動による一時的な下落に動じず、長期的な成果を追求することが重要といえます。市場の短期的な変動に振り回されず、コツコツと投資を続けていきましょう。

ビットコイン積立におすすめの取引所

積立投資におすすめの国内取引所を解説します。

  • コインチェック
  • ビットフライヤー

おすすめ取引所①:コインチェック

コインチェックは日本を代表する暗号通貨取引所。豊富な取引ペアや使いやすいインターフェースを提供しており、初心者から上級者まで幅広いユーザーに適しています。

また、銀行口座から自動引き落としでビットコイン積立ができるので、積立投資の手間がかかりません。積立金額や頻度も自由に設定できるので、自分の目標や予算に合わせて投資ができる点も特徴。20種類の暗号通貨も積立ができるため、多様な投資を楽しみたい方におすすめです。

おすすめ取引所②:ビットフライヤー

国内最大手のビットフライヤーは、セキュリティにも力を入れており、マルチシグネチャーウォレットや資金の分散保管などの対策を採用しています。

少額からビットコイン積立ができるので、初心者や資金が少ない方にもおすすめです。最低積立金額は1円からで、積立単位も1円から設定可能。また、積立頻度も「毎日・毎週・月2・月1」から選べるので、自分のライフスタイルや市場動向に合わせて投資ができ、取り扱い通貨数は、21種類です。

取引所比較表

積立投資項目コインチェックビットフライヤー
取り扱い通貨数20種 21 種類
最低積立金額月1万円〜(一日あたり約300円)1円〜
積立単位1000円〜1円〜
積立頻度毎日or毎月毎日・毎週・月2・月1
手数料無料(口座振替手数料・積立サービス手数料)無料
入金方法銀行口座から自動引き落としbitFlyerに入金した日本円残高から

まとめ:ビットコイン積立投資は資産形成におすすめ

ビットコインは分散的なデジタル通貨ですが、まだ業界の市場規模も小さいため、価格変動が大きいという特徴があります。

そのため、一度の投資でリスクを負うよりも、定期的な積立投資によって、リスク分散させることが大切です。積立投資の場合、ビットコインの購入リスクを軽減でき、より堅実なポートフォリオを構築することができるため、積立投資は、ビットコインの特性に合わせた投資戦略と言えるでしょう。

免責事項

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to...
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー