詳細を見る

ポリゴンの買い方完全ガイド

26 mins
記事 Ananda Banerjee

ポリゴンは、イーサリアムを支える重要なプロジェクトの1つです。イーサリアムメインネットの拡張性を高める分散型プラットフォームであり、その核となるツールキットはPolygon SDKです。レイヤー2ソリューションとして、ポリゴンは業界で確立された存在であり、ネイティブトークンMATICは常に時価総額ランキングトップ10入りを果たしています。

以下からポリゴン(MATIC)を購入できます。

YouHodler

無料のBTCマイニングに最適
YouHodler
公式サイトはこちら
取扱国 ヨーロッパ / 英国
入金手数料 0
取引手数料 一定期間ごとに支払う オールオーバー手数料
期間限定オファー 初回入金と取引量は10ドルから10,000ドルまで

OKX

オファーに最適
OKX
公式サイトはこちら
取扱国 全世界
入金手数料 0
取引手数料 0.08%(メーカー)0.1%(テイカー)
期間限定オファー エアドロップ最大10,000ドル

Coinbase

初心者に最適
Coinbase
公式サイトはこちら
取扱国 アメリカ / ヨーロッパ
入金手数料 0
取引手数料 0〜0.4%(メーカー)0.05〜0.6%(テイカー)
期間限定オファー 米国ユーザーに10ドルボーナス

ポリゴンとは?

ポリゴンはイーサリアムの取引速度を向上させることを目的としたオフチェーンプラットフォームです。ポリゴンはサイドチェーンと呼ばれるマルチチェーンエコシステムを構築し、プラズマフレームワークを用いてイーサリアム関連の取引をサイドチェーン上で処理します。

CoinbaseBinanceなどの大手企業からも支持を得ているポリゴンは、技術力の高い分散型プロジェクトであり、常に進化し続けています。

ポリゴンへの参加するビッグブランドが今後少なくなるかもしれない…

Polygon共同創設者ミハイロ・ビエリッチ氏:Twitter

レイヤー2ソリューションとは?ポリゴンの仕組みを解説

ポリゴンは、サイドチェーンと呼ばれる独立したブロックチェーンを構築することで、イーサリアムの負荷を軽減します。1つのサイドチェーンで約65,000tpsの処理能力を実現し、プラズマフレームワークを用いて、イーサリアムとシームレスな連携を実現しています。

ポリゴンのエコシステム: ポリゴン

ポリゴンプラットフォームは、プラズマフレームワークとサイドチェーンエコシステムを活用して多数のDAppsをホストしています。また、MATICというERC-20型のトークンが、ポリゴンエコシステム全体で支払い手段として利用されています.

ポリゴン統計:ポリゴン

ポリゴンのユニークな特徴

ポリゴンは、次世代のレイヤー2投資先として、あるいは技術的な理由で注目されているプラットフォームです。他のプラットフォームとは一線を画す、いくつかの特筆すべき特徴があります。

  • モジュール型チェーンによる柔軟性:ポリゴンはモジュール型チェーンとして設計されており、DApps開発者はそれぞれのニーズに合わせてチェーンをカスタマイズできる
  • 相互運用性に重点:異なるブロックチェーン間でのシームレスなデータ転送と資産移行を実現する、相互運用性に重点を置いたエコシステムを構築してる
  • 高いセキュリティ:独自のセキュリティ技術を採用することで、高いレベルのセキュリティを実現している
  • 超高速なトランザクション処理:2秒未満という超高速なトランザクション処理速度を実現している
  • DeFiソリューションの充実:ポリゴンは、DeFiソリューションの開発に力を入れており、様々なDeFiプロジェクトがポリゴン上で展開されている
  • 環境に優しいPoSチェーン:エネルギー効率の高いPoS(Proof-of-Stake)コンセンサスアルゴリズムを採用している
  • MATICトークンによるステーキング:ネイティブトークンであるMATICは、ステーキングによって報酬を得ることができる
Polygon とその DeFi エコシステム:DeFillama

ポリゴンは、イーサリアムから資産をブリッジする機能も提供しています。Polygonブリッジによって、さらにスケーラブルで相互運用性の高いレイヤー2ブロックチェーンへと進化しています。

ポリゴンの競合:他のレイヤー2ソリューションとの比較

ポリゴンの技術的な特徴を詳しく見てきたところで、他のレイヤー2ブロックチェーンソリューションとどのように比較されるのかを見てみましょう。

Polygon vs. Loopring

PolygonとLoopringは、どちらもブロックチェーンにおけるレイヤー2ソリューションですが、それぞれ異なる機能を提供しています。ポリゴンは、DAppsのホスティングとスマートコントラクトの管理に特化しており、低コストな支払い、DApp統合、スマートコントラクト実行に適しています。

一方、Loopringは、イーサリアムにおける自動化されたマーケットメイカー(AMM)に重点を置いた分散型取引に特化しており、手数料を抑えた金融資産の取引に適しています。

両プラットフォームは、高速なトランザクションと低コストを実現していますが、ユーザーのニーズによって使い分けが重要です。

Loopringは、以下のようなユーザーにおすすめです。

  • Loopring:イーサリアム資産を効率的かつ低コストで取引したい方
  • Polygon:NFTやDeFiを含む、堅牢なブロックチェーンエコシステムを求めている方

Polygon vs. Arbitrum

Arbitrumは、Optimistic Rollupsと呼ばれる技術のみを使用しています。Optimistic Rollupsは、トランザクションをオフチェーンで処理し、結果のみをオンチェーンに記録することで、スケーラビリティを実現します。Arbitrumは、EVM(Ethereum Virtual Machine)と互換性のあるコントラクトをそのままサポートするため、開発者は既存のスマートコントラクトを簡単に移行できます。

一方、ポリゴンは、PoS Plasma、Optimistic Rollups、ZK-Rollupsなど、複数のスケーリング技術を組み合わせたソリューションを提供しています。これにより、ユーザーは自分のニーズに合わせて最適な技術を選択することができます。

PolygonとOptimismも比較されます。OptimismはOptimistic Rollupsに特化していますが、ポリゴンは複数の技術を網羅しています。

ポリゴンエコシステム:インド発の革新

ポリゴンは、元々Maticネットワークと呼ばれていたインド発のプロジェクトです。サンディープ・ネイルワル、ジャヤンティ・カニヤニ、アヌラグ・アルジュンによって立ち上げられたPolygonエコシステムは、MATICトークンを基盤として、DAppsやスマートコントラクトの機能を提供しています。

ポリゴンのスマートコントラクトは、イーサリアムに送信されるチェックポイントによってセキュリティが確保されます。

MATICウォレットについて

MATICを長期保有する予定なら、適切なウォレット選びが重要です。人気があり使いやすいMetaMask以外にも、WirexやZengoなどソフトウェアウォレット、Crypto.comのDeFiウォレットやRainbowウォレットなどのホットウォレットが選択肢としてあります。セキュリティを最重視するなら、LedgerTrezorなどのハードウェアウォレットがおすすめです。

MATICを購入するには無料のウォレットを選択してください。

Wirex

無料のクロスチェーンウォレット
Wirex
公式サイトはこちら
価格 無料
期間限定オファー 15ドルの紹介ボーナス
金利 年率最大20%

Zengo Wallet

シードフレーズの脆弱性なし
Zengo Wallet
公式サイトはこちら
価格 無料
期間限定オファー 10ドルの紹介ボーナス
金利

CoinbaseWallet

数百のトークンをサポート
CoinbaseWallet
公式サイトはこちら
価格 無料
期間限定オファー ボーナスなし
金利

MATIC で収益を得る方法

MATICを購入したら、保有期間中に追加的な収入を得ることもできます。MATICステーキングやAaveSushiSwapをはじめとする高利回りの流動性プールを利用して、APYを獲得しましょう。

ポリゴン(MATIC)の購入場所

  • Binance:注文簿の厚さと狭いスプレッドにより、BinanceでMATICの取引をスムーズに行うことができました。直感的なインターフェースで、他の暗号資産との間で簡単に MATIC を購入、売却、取引できます。また、手数料が低く、高度なチャートツールが備わっているため、トレーディング体験が向上します
  • Coinbase:Coinbaseは、初心者・経験豊富なトレーダーのどちらも対象に、MATICへの簡単アクセスを提供します。彼らの教育コンテンツは特に印象的で、投資する前にMATICを理解する上で貴重な情報源となります。米国ユーザーにとっては、厳しい規制基準を遵守しているという点も信頼につながります
  • Kraken:米国在住でMATIC取引の詳細なコントロールを求めるトレーダーには、Krakenがおすすめです。高度な取引インターフェースは、洗練された注文設定とリスク管理戦略を可能にします。リミット、ストップリミット、成行注文など、さまざまな注文タイプを利用して、正確に取引計画を実行できます。さらに、Krakenの仮想通貨先物取引は、MATICの価格変動を利用してポートフォリオをヘッジしたり、市場トレンドから利益を得たりする機会を提供します。Krakenの高度な取引インターフェースは直感的で使いやすく、経験豊富なトレーダーが取引の可能性を最大化するのに理想的なプラットフォーム
  • KuCoin:様々な暗号資産を取り扱うグローバル投資家にとって、KuCoinはMATICとともに幅広い選択肢を提供します。豊富なトークンを取り揃えており、ポートフォリオの分散化に最適です。取引以外に、KuCoin は一部NFTの分割購入、先物取引、ステーキングサービスなど様々な機能を提供しています。ユーザーフレンドリーなプラットフォームで操作が簡単で、ステーキング機能はMATIC保有資産から簡単に利益を得る方法として優れています
  • YouHodler:YouHodlerは、取引以外の幅広い暗号資産関連ニーズに対応するユニークな取引所です。ユーザーはMATIC保有資産に対して利息を獲得でき、トークンの潜在的な成長へのエクスポージャーを維持しながらパッシブインカムを得ることができます。さらに、YouHodlerは暗号資産担保ローンを利用して、暗号資産を売却することなく法定通貨に即座にアクセスできるようにします。

上記のプラットフォームを選んだ理由

ポリゴンを購入するためのプラットフォームを選ぶ際には、以下の点を考慮する必要があります。

  • 流動性が高いこと
  • 世界中で利用できること
  • 使いやすいこと
  • セキュリティがしっかりしていること

上記のプラットフォームは、これらの点を満たしている確立されたWeb3プレイヤーです。

CEXからポリゴンを購入:CoinMarketCap

匿名でポリゴンを購入したい場合は、Uniswap、PancakeSwapCurveなどの分散型取引所でも購入できます。MATICのペアを選び、購入前に流動性を確認することを忘れないでください。

ポリゴンの購入方法

Coinbaseは、中央集権型取引所の中でおすすめの一つです。ここでは、Coinbaseを使ってMATICを購入する方法を紹介します。

1:Coinbaseアプリを開き、「取引」を選択して、MATICを検索

2:「購入」を選択して、購入したい金額を入力

3:「注文を出す」を選択して、取引を完了する

CEXからポリゴンを購入:CoinMarketCap

ポリゴンの売却方法

MATICを売却するには、ウォレットに保管されているMATICトークンを、CEX(中央集権型取引所)に送金し、CEXでMATICを売却し、法定通貨に変換します。標準的なスワップや暗号資産の変換の場合、DEXの方が高速な場合があります。Binanceなどの取引所では、特定の地域でMATICのP2P取引も提供しています。ここでは、Coinbaseを例に、MATICの売却方法を紹介します。

1:Coinbaseアプリを開き、「取引」に移動します。検索バーでMATICを選択し、「売却」を押します

2:売却したい金額を入力

3:注文を出す」を選択して、売却取引を完了します

2023年のMATICウォレット

ポリゴンエコシステムに不可欠なウォレットは、MATIC(ネイティブトークン)の保管と管理を可能にします。これらのウォレットは、トランザクションを円滑に進めます。ユーザーは特定の量のMATICを要求すると、ネットワークは転送用にユニークで安全なアドレスを生成します。

MATICウォレットは機能が異なります。基本的なバージョンは、ステーキングとMATICの転送をサポートしますが、より高度なウォレットは、スマートコントラクトのデプロイなど、追加機能を提供します。

WirexYouHodler、Uphold、ZenGo、CoinbaseWalletなど、さまざまなユーザーニーズに対応する機能を提供するMATICウォレットが多数あります。

MATIC価格予測

MATICの購入を検討している場合は、長期保有することをおすすめします。当社のMATIC価格予測は、2025年までに5,35ドル2030年までに47ドル近くになると予想しています。しかし、市場が変動した場合に備えて、暗号資産には少額のみ投資することをおすすめします。

包括的な分析(ファンダメンタルズ、ソーシャルセンチメント、詳細なテクニカル分析を含む)に基づいていても、価格予測は暗号資産の変動性のある世界において正確な科学ではありません。常に自己調査を行い、単一の予測に頼るのではなく、プロジェクトの価値と長期的な存続可能性を信じて投資するかどうかを判断してください。

ポリゴン価格履歴:CoinMarketCap

2023年、MATICは買いなのか、待ちなのか?

2024年にMATICを購入するべきかどうかは、あなた自身が暗号資産で何をしたいかによって異なります。長期的な視点で投資を考えている場合は、現在の市場状況に関わらず、いつでもMATICを購入することができます。ポリゴンは、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決する有望なプロジェクトであり、今後数年間で成長が見込まれます。

短期的な売買で利益を得ようと考えている場合は、市場の感情、テクニカル分析、その他の要因を分析して、MATICをできるだけ安く購入することが重要です。

よくある質問

Q1:ポリゴンを購入するにはどうすればよいですか?

Q2: 米国でポリゴンを購入できる場所は?

Q3:ポリゴンはWazirXで利用できますか?

Q4:ポリゴンコインはBinanceにありますか?

Q5:MATIC暗号通貨はインド発のものですか?

Q6:インド初の暗号通貨億万長者は誰ですか?

Q7:ポリゴンのオーナーは誰ですか?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー