詳細を見る

リップル(XRP)の購入方法

21 mins
翻訳 Shota Oba

XRP Ledgerは、数少ない決済に特化した暗号通貨プロジェクトの1つです。広範なDeFiの存在やマイクロペイメントのサポートで知られ、XRP Ledgerは伝統的な金融セクターにも革命をもたらす可能性があります。しかし、その革新がXRPブロックチェーンのネイティブコインを購入する理由となるでしょうか?

そこで本記事では、XRPに関する包括的な情報を網羅し、短期および長期で購入する価値があるかどうかを解説します。

XRPを購入できるオススメ取引所

Coinbase

初心者に最適
Coinbase
Coinbaseはコチラ 公式サイトを見る
サポートされるアセット 250種類以上
入金手数料 0
取引手数料 0~0.001%

Kraken

セキュリティに最適
Kraken
Krakenはコチラ 公式サイトを見る
サポートされるアセット 120以上
入金手数料 0
取引手数料 0.02~0.05%

OKX

ステーキングに最適
OKX
OKXコチラ 公式サイトを見る
サポートされるアセット 300
入金手数料 0
取引手数料 0.1%

XRPとは?

XRPはパーミションレスの分散型ブロックチェーンであり、低コストのトランザクション、高速のファイナリティ、高いスケーラビリティを実現しています。環境にも配慮がなされおり、XRPLは現在カーボンニュートラルなエコシステムとなっています。

同エコシステムは、ジェド・マケーレブ氏、アーサー・ブリット氏、デビッド・シュワルツ氏によって2012年に設立されました。

一般的にXRPと関連付けられるリップルは、XRP Ledgerブロックチェーン上に構築された決済ネットワークです。

リップル決済ネットワークは現在、ブラッド・ガーリングハウス氏が率いるリップル・ラボの一部です。リップル・ラボはXRPLを構想した会社であり、現在は分散化されて独立して運営されています。

XRPの仕組み

XRP Ledgerは、送金、現物資産(RWA)のトークン化および、既存金融の非効率性に関連する問題の解決策を提案するためのプラットフォームとして機能します。同ブロックチェーンは複数のプログラミング言語をサポートし、ビジネス固有の解決策を作成する手助けをします。XRP Ledgerを使用することで、分散型取引所(DEX)、クロスチャネルおよびクロスボーダー決済などの機能を活用できます。

XRPの使用例:XRPL

XRPの人気を博している要因はいくつかあり、次のものが含まれます:

  • 独自のコンセンサスメカニズム
  • モチベーションの高いコミュニティ
  • 10年以上の問題のないレジャー決済

他の暗号資産との比較

イーサリアムとビットコインは2大暗号資産です。XRPとこれらの比較を見てみましょう。

XRP vs. イーサリアム

XRPはクロスチャネル決済を積極的に行うプロジェクトとして活躍していますが、イーサリアムネットワークはスマートコントラクトやdapps(分散型アプリケーション)のために設計されています。XRPはまた、イーサリアムネットワークが混雑時に遅くなるのに対し、より速い取引と即時決済を行えるのが特徴です。

XRP vs. ビットコイン

XRPとビットコインは大きく異なります。ビットコインがP2Pキャッシュシステムであるのに対し、XRPは金融機関間の決済を行うためのブリッジ通貨として設計されています。また、XRPはエネルギー効率がはるかに高いとされています。

XRP コンセンサス: XRPL

XRPエコシステムにはどのように形成されているのか?

XRPLはXRPエコシステム全体の分散型部門である一方で、他にも関与する利害関係者や要素があります。同エコシステムには次のものが含まれます:

  • リップルまたはリップルネット、機関決済の促進プロジェクト
  • オンデマンド流動性(ODL)、オンデマンドの流動性提供
  • バリデータ
  • XRP取引を支援する取引所
  • コミュニティとXRP開発者
  • オンランプおよびオフランプゲートウェイ
XRPを購入し、ユーティリティを体験: XRPL

XRPウォレットの使い方

XRPを購入する前に、XRPウォレットを準備する必要があります。長期保有を計画しているなら、Ledger Nano Xのようなハードウェアウォレットを使うと良いでしょう。または、Toast、Atomic WalletなどのXRPモバイルおよびデスクトップウォレットを利用するのもひとつの手です。

XRPと規制上の課題

2020年、米国証券取引委員会(SEC)はブラッド・ガーリングハウス氏、クリス・ラーセン氏、およびリップル・ラボ自体に対して訴訟を起こしました。この訴訟は、リップル側がXRPを未登録の証券として提供したとの主張を非難するものでした。しかし、リップル対SECの騒動は、2023年7月13日に米国の裁判官がリップル側に有利な裁定を下したことで一部解決しました。裁定後、XRPは数時間で75%急騰しました。

SEC問題に関するガーリングハウス氏は以下のようにコメントしています:

「小売投資家保護に関する重要なトピックが浮上しました。SECは法的管轄権がないにもかかわらず、自分が暗号の警察であると宣言することでこの混乱を引き起こしました。その結果、消費者は破産裁判所で手詰まりになり、SECは記者会見を開いています。」

XRPのおすすめの購入取引所

  • YouHodler: XRP購入に関する初期印象は非常に良好です。特に暗号資産担保ローン機能が特徴的です。同機能は、投資家がXRP保有を担保にして迅速にフィアット資金を利用可能にする試みです。このアイデアはこれまでのところ非常にうまく機能しています。プラットフォームのユーザーエクスペリエンスとローンオプションは、金融の柔軟性において優れているものの1つです。
  • Binance: XRPの購入と取引において、流動性の高さと高度な取引機能からトップクラスと評価されています。グローバルなリーチと多機能エコシステムが、スポット取引から革新的な金融サービスまでをサポートし、分散化された暗号資産取引をリードしています。プラットフォームの豊富な学習リソースも、経験豊富なユーザーと初心者の両方に役立つでしょう。
  • Coinbase: 厳密なテストにより、CoinbaseはXRP購入のための優れた選択肢であ流と言えるでしょう。使いやすいインターフェースと高度なセキュリティ対策が組み合わされています。特に米国の投資家は、シームレスな購入プロセスと教育リソースの充実したサービスに好印象を抱くでしょう。さらに、経験豊富な中上級トレーダーは、Coinbase Proのツールキットと低手数料から利益を得ることができます。
  • Bithumb: 韓国市場での支配力は、XRPの購入と取引において非常に競争力のあるプラットフォームとして位置付けられています。Bithumbの強力な流動性とリアルタイムの取引サービスは、国内外の競合他社に対して大きな優位性を持っています。使いやすいインターフェースと多様サービスが、XRPを購入したい投資家にとって強力な選択肢となります。
  • Avatrade: BinanceやCoinbaseほどの知名度はありませんが、Avatradeには独自の魅力があり、高評価を受けている暗号資産取引所と言えるでしょう。たとえば、XRPと外国為替取引のシームレスな統合は非常に実用的で効率的です。また、強固なセキュリティを持つプラットフォームは多機能な取引環境を提供し、当社が勧める取引所を満たすものです。高度な取引ツールとレスポンシブなカスタマーサポートも強みです。

なぜこれらのプラットフォームを選んだのか

XRPを購入するための信頼できるソースを探しているなら、上記のプラットフォームは豊富な流動性、グローバル地位、強固なセキュリティなどといった側面から選ばれた有力な候補です。個々の選択は個々の要件とニーズによるでしょう。たとえば、暗号資産レンディングサービスを使いたいなら、YouHodlerが必要なプラットフォームです。上級トレーダーはCoinbase Proの低手数料と幅広い取引ツールなどのサービスは魅力的でしょう。

XRPの購入方法

ここでは、CoinbaseでXRPを購入する方法を説明します。

1. まず、Coinbaseアプリを開き、取引を選択してXRPを選びます。

2. 次に、購入したい金額を選択します。

3. 最後に「注文を出す」を押して取引を完了します。

XRPを購入したい場合、最も簡単な方法はBinanceやCoinbaseなどの中央集権型取引所(CEX)にオンボードすることです。CEXを使用するには、KYC認証が必要となります。

XRPの売却方法

1.Coinbaseアプリを開き、取引を選択してXRPを選びます。

2.「売却」を選択し、売却したいXRPの金額を選びます。

3. 最後に「注文を出す」を選択して取引を完了します。

XRPの売却方法を選ぶ際には、いくつかの要因を考慮すると良いでしょう。取引所にXRPを保有していない場合や、XRPをUSDや他の暗号資産に売却したい場合があります。外部に保管されているXRPは、希望する取引所に資産を預ける必要があります。その後、特定のXRPペアの流動性を確認し、好みの方法で売却取引を行います。

Buy XRP from CEXs: CoinMarketCap

XRP価格予測

当社のXRP価格予測に従うと、2025年中頃までにXRPは$120まで上昇することが予想されます。このレベルに到達するには、まず2018年1月4日に達した史上最高値の$3.84を突破する必要があります。

暗号資産市場のボラティリティの激しいで予測不可能な性質を考えると、予測には慎重にアプローチすることが重要です。投資家や暗号資産愛好家は、予測に頼るのではなく、独自の多角的な調査を行う必要があります。ファンダメンタル分析や、技術的、社会情勢の分析は将来の価格の可能性を考慮する優れた方法ですが、市場の力とニュースサイクルはXRPの価格に明確な影響を与えると言えます。

DEXでXRPを購入できるか?

CEXではXRPを簡単に購入できますが、KYC認証は時間がかかることがあります。シームレスな購入には、PancakeSwap、BiSwap、BabySwapなどの分散型取引所がより良い選択肢かもしれません。その一方で、取引を進める前に希望する取引ペアの流動性を確認すると良いでしょう。

XRPには将来性はあるのか?

XRPを購入したい場合、XRPが単なる利益を引き寄せる暗号資産ではないことを理解することが重要です。また、プロトコルの成長やニュースで印象に残るためにSEC主導の論争に行っているわけではありません。XRPは、機関投資家への流動性の提供、CBDC(中央銀行デジタル通貨)の促進、DeFi(分散型金融)製品の提供など、幅広いユースケースを持つ暗号資産です。それでも、短期トレードを行う投資家にとって、XRPの取引は興味深い選択肢と言えるかもしれません。

よくある質問

XRPはまだ購入できますか?

米国でXRPを購入する場所は?

5年後のXRPの価値は?

XRPは$1に達するか?

XRPが$1,000に達する可能性は?

直接XRPを購入する方法は?

XRPを安全に購入する方法は?

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー