詳細を見る

暗号資産のステーキングとは?パッシブインカムを得るためのガイド

26 mins

暗号資産のステーキングとは、暗号資産でパッシブインカム(受動的な収入)を得る方法です。ブロックチェーンネットワークのセキュリティと安定性をサポートしつつ、リターンも得られるこの素晴らしい仕組みは、投資家の人気を集めています。

この記事では、暗号資産のステーキングとその機能について詳しく説明し、現在利用できる最適なステーキングコインを紹介します。

暗号資産のステーキングとは?

暗号資産のステーキングは、ネットワークの安全性確保と、新コイン生成のため、プルーフ・オブ・ステーク(POS)のブロックチェーンで用いられる手法です。ステーキングとは、ブロックチェーンのサポートの一環として、暗号資産を一定期間ロックすることを意味します。ユーザーはその報酬として暗号資産が得られます。

POSコンセンサスメカニズムのブロックチェーンでは、新しいトランザクションを検証し、ネットワーク上に新しいブロックを追加したいユーザーは、一定金額の暗号資産を「ステーク(預け入れ)」する必要があります。ステーキングを行なうことで、有効なトランザクションやデータのみがブロックチェーンに組みこまれます。

ユーザーは、新しいトランザクション検証の資格を得るために、セキュリティとなる一定額の暗号資産をロックする必要があります。ブロックチェーンには、ステーキングの最低要件を設けているものと、そうでないものがあります。

ユーザーが、エラーデータや不正データを検証した場合、ペナルティとしてステーク額の一部または全部を失うこともあります。一方、トランザクションやデータを正しく検証した場合は、報酬として暗号資産が追加されます。

ステーキングは、ソラナ(SOL)イーサリアム(ETH)バイナンスコイン(BNB)など、人気のある暗号資産のコンセンサスメカニズムで重要な役割を担っています。

プルーフ・オブ・ステークとは?

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)は、ブロックチェーンのコンセンサスメカニズムを指します。一部のブロックチェーンがネットワークの安全確保と新コインの生成に暗号資産マイニングを行っているように、ステーキングも同じ役割を果たしています。 暗号資産ステーキングに使われる暗号資産やブロックチェーンネットワークは、ネットワークを円滑に進めるため、トランザクション手数料が安く、エネルギーコストも低いのが特徴です。

ユーザーの中には、ブロックチェーンの主要コンセンサスメカニズムープルーフ・オブ・ワーク(PoW)とプルーフ・オブ・ステーク(PoS)を混同している人もいます。しかし、この両者の機能は異なっており、PoWコインはステークできません。カルダノ(ADA)はPoW暗号資産と混同されることが多く、カルダノをマイニングする方法を請う人もいます。

バリデータは、自身が保有するステークの大きさに応じて、新ブロックの追加や、報酬を得る確率が高くなります。

PoSブロックチェーンでは、ブロック作成者はマイナーではなくバリデータです。バリデータとは、ネットワークへの参加コミットメントのために資産を預ける個人、またはそのグループを指します。バリデータは、不正なブロックを作成するなど悪意ある行動をとると、ステークの徴収や破棄される場合があります。

バリデータは、様々な保有者からステークを委任されるにしたがい、そのコンセンサス票の信頼性が高まり、保有者から集めたステーク量に応じて(ノード間の)コンセンサス票が加算されます。

ステーク(に伴うトランザクション検証)は、一個人の持つトークンの量で決まるとは限りません。例えば、あるホルダーがステーキングプールに参加して、そのステーキングプールのオペレーター(運営者)がブロックチェーン上のトランザクションを検証することもあります。

またバリデータは、各ブロックチェーンに応じたルールに従わなければなりません。例えばイーサリアムでは、各バリデータは最低32ETHの保有が条件です。ステーキングプールでは、最低ステーク額以下の範囲で、保有者間の協力が認められています。通常、ステーキングプールは、ブロックチェーンではなく、第三者によって管理されます。

ステーキングプールとは?

ステーキングプールは、報酬目的で資産をプールする暗号資産保有者のグループを指します。例えばイーサの場合、32ETH未満の投資家にとっては、ステーキングプールへの参加がイーサリアムブロックチェーンでステークできる唯一の方法となります。ステーキングプールでは、技術的専門知識がなくてもステークできます。

ステーキングプールに参加するには、通常、ユーザーは暗号資産ウォレットに資金を転送し、該当コインを送金してステーキングプールを選択します。

ただし、ステーキングプールはユーザー収益から手数料を取るため、ユーザーが報酬全額を受け取れるわけではないので注意してください。ステーキングプールは高額になりすぎたため、ブロックチェーンに大きな支配力を及ぼすと懸念する声もあります。

暗号資産ステーキングのメリット、デメリット

暗号資産ステーキングのメリット

  • ユーザーは保有する暗号資産の利息が簡単に得られる
  • 暗号資産のマイニングと異なり特別な機器を必要としない
  • ブロックチェーンのセキュリティと効率性の維持に貢献
  • マイニングに比べて環境に優しい

ステーキングの主なメリットとしては、より多くの暗号資産が得られること、金利が年率10%から20%を超えることもあります。このため、ステーキングには高い収益が期待でき、POSチェーンの暗号資産を所有しているだけでその恩恵が受けられるのです。

またステーキングは、投資した暗号資産のブロックチェーンを支えるという重要な役割も担っています。暗号資産をステークする保有者は、トランザクションの検証、ブロックチェーンネットワークの円滑運用を保証する働きを担っています。

暗号資産ステーキングのデメリット

  • 急速な価格変動により、ステーキング報酬が損なわれる場合がある
  • コインのロック期間中は当該コインを使用できない
  • 暗号資産によっては、ステーキング解除の際に7日以上の解除期間が設定されている

暗号資産ステーキングで最も大きなリスクは、暗号資産価格の下落です。高額なステーキング報酬付きの暗号資産を購入する場合、小規模な暗号資産取引所は投資家の関心を引くために高報酬を掲げているケースが多いので、価格暴落リスクがあることに留意してください。リスクを避けたい方には、暗号資産の株式への投資をお勧めします。

いったんステークされた暗号資産を再び取引に使用するには、ステークを解除しなければなりません。不測の事態に動転しないよう、ロックアップ最低期間と解除期間はよくチェックしておいてください。

暗号資産ステーキングを始めるには?

ステーキングは、PoSチェーンの暗号資産保有者であれば誰でも参加できます。ただし、ブロック作成権を持つバリデータになるには、最低コイン保有数、技術知識、トランザクション検証用の常時接続コンピュータが求められます。またバリデータの検証作業が中断した場合、ステークが徴収されるペナルティがあります。

一般個人には、ステーキングに参加できるもっと簡単な方法があります。中央集権型暗号取引所は、通常、暗号資産ステーキングをユーザーに提供しています。他にも暗号資産ステーキングができる取引所があります。

OKXは、セーシェル諸島に拠点を置く暗号資産取引所で、世界中の顧客に暗号資産サービスを提供しています。グローバル投資の暗号資産トレーダーは、その使いやすさと低い交換手数料でOKXを選んでいます。OKXでは、カード、銀行口座、モバイルウォレットを使って簡単に暗号資産が購入できます。また、ステーキングや貯蓄サービスを利用すれば、高利回りも期待できます。以下に、OKXを利用して簡単にステーキングを始める方法を説明します。

ステップ1. プルーフ・オブ・ステーク(PoS)の暗号資産を購入する

ステーキングは、どの暗号資産でもできるわけではありません。PoSブロックチェーンのネイティブコインを選んでください。イーサリアム、カルダノ、ポルカドット、ソラナなど、ステーキングができる主要な暗号資産を調べ、その仕組み、ステーキング報酬、ステーキングプロセスを習得しましょう。

直接暗号資産を購入するなら、フィアット(法定通貨)を扱う暗号資産取引所(この場合、OKX)が便利です。暗号資産を購入したら、そのまま同じ取引所でステークできます。暗号資産ウォレットから別のプラットフォームに移動してブロックチェーン手数料を支払う必要はありません。

暗号取引所でステークするもう一つの大きなメリットは、バリデータ用の高価なハードウェア購入の必要がなく、自分で決めた金額だけで済むことです。

ただし、取引所によって暗号資産ステーキングの種類は異なりますので注意してください。暗号資産購入の前に、よく調べておくことをお勧めします。

ステップ2. ステーキングに進む

暗号資産を購入したら、同じ取引所で直接ステークできます。

OKXでは、「Grow(トップメニュー)」に行き、ドロップダウンメニューから「Staking」を選択します。

「Staking」ページで、選んだ暗号資産を検索します。

ステップ3. 暗号資産をステークする

暗号資産を選択したら、プラットフォーム上のステーキングオプションの1つを選択して、その暗号資産をステークします。

大半の暗号資産は、30日、60日、90日、120日の期間のどれかにステークできます。また、もっと柔軟に条件設定してステーク解除と報酬受け取りができる暗号資産もあります。

プラットフォーム上では、各暗号資産のステーキング条件の種類とステークする金額を選択できます。

取引所では、ステーキング利用のための条件スポットが限られていることが多く、暗号資産をステーキングする際に利用できない条件でも、後で可能になることもあるので注意してください。

以上で入力は完了です。すぐにステークした暗号資産の報酬を得られる準備が整いました。

ステーキングに最適な暗号資産は何ですか?

以下に、パッシブインカムが期待できる最適なステーキング暗号資産トップ5をご紹介します。

1.ポルカドット(DOT)

ポルカドット(Polkadot )は、イーサリアムの共同創設者、ギャビン・ウッド氏が開発したスケーラブルなマルチチェーン技術にもとづく優れたステーキングコインです。

報酬が得られる最小ステーキング値は、OKX等の取引所では、0.1 DOTです。本記事執筆時点では、フレキシブルステーキング(期間無制限の預け入れ、自由な引き出しが可能)では5%以上、ステーク期間120日では16%以上の報酬が得られます。一方、バリデータノードの作成者は、350DOTの出資が必要になります。

ポルカドットは、パッシブインカムを実現できる有益なステーキングコインです。ポルカドットの時価総額は業界トップ10にランクインしており、将来に期待が持てるステーキングに最適な暗号資産の1つです。

2. テゾス(XTZ)

テゾス(Tezos)は、他者にブロック投票権を任意委任できるリキッド・プルーフ・オブ・ステーク(Liquid Proof of Stake:LPoS)を採用しており、他の暗号資産とは一線を画しています。暗号通貨XTZは、「ベーキング」(ブロック生成)作業で作られます。また、ユーザーは、Tezosネットワークの「ベーカー」として、XTZコインをステークして新しいトランザクションブロックの検証に協力すれば、大きな報酬が期待できます。

OKXでは、フレキシブルステーキングを選択すると3.12%から、120日間ステーキングでは最大11.75%のXTZステーキング報酬が得られます。

ウォレットを使ったステーキングも可能で、その場合はXTZは1単位から始められます。初回の報酬支払いは35~40日後で、その後は3日ごとに支払われます。テゾスの報酬は概ね安定しており、XTZは暗号資産ステーキングコインの中でも最高ランクです。平均年間報酬率も、6.75~10.60%にのぼります。

3. ポリゴン(MATIC)

ポリゴンはレイヤー2ブロックチェーンです。ネイティブコインMATICはユニークなステーキング暗号資産で、イーサリアムのスケーラビリティを高め、イーサリアムベースの分散型アプリケーション(DApp)間の互換性を確保しています。1秒間に最大65,000件のトランザクション(TPS)を検証でき、イーサリアムネットワーク上で円滑なトランザクション処理ができるため、最高のステーキングコインとみなされています。

デリゲーター(ブロックの生成・承認を行う代表者)は、コイン1枚のみでポリゴンネットワークに参加できますが、ステーキングへの参加には最低2枚のコインが必要です。ユーザーは、MetaMaskウォレットをポリゴンに接続するか、ステーキング用取引所を介して、ステーキングを開始できます。ポリゴンの年間ステーキング報酬額は、ステークするコインの数量によって異なります。

4. アルゴランド(ALGO)

アルゴランドは、バリデータノードとインスタントトランザクション(instant transactions)によるスケーラビリティを実現するプラットフォームで、効率的なステーキングができます。ALGOは、ステーキング実行者がALGOコイン1枚だけでバリデータになれるため、最高のステーキングコインと言われています。しかし、ステーキング最低額が低いため、バリデータの参加はあまり進んでいません。

予想リターンは、ステーキングオプションによって異なり、平均的な年間リターンは、投資総額の4%から10%です。

5. ソラナ(SOL)

ソラナは、スケーラビリティに重点を置いたブロックチェーンで、低手数料と高速トランザクションが特徴です。本記事執筆時点では、時価総額で業界第10位にランクインしています。SOLもステーキングコインとしては最高です。ユーザーは自身のノード運営はできませんが、多くのバリデータがいるのでステーキングに支障はありません。

ユーザーは、自分のステークをバリデータに委ねることで、彼らが受け取る報酬から利益が得られます。2021年、SOLは大きな飛躍を遂げ、1コイン当たり210ドルという史上最高値を記録しました。SOLをステークした場合の年間リターンは、7~11%です。Ledgerなどの人気ウォレットでSOLをステークできます。

暗号資産をステークすべきか?

暗号資産のステーキングは誰でもできますが、その気がなければする必要はありません。ですが、保有暗号資産を使ってパッシブインカムを得たければ、ステーキングは素晴らしい選択肢です。

ただ、どの暗号資産もステークできるわけではありません。ステーキング用の暗号資産を保有していなければ、暗号資産の投資先の調査から始めましょう。また購入前には、各コイン/トークンの長期投資の可否も見極めることが大切です。長期投資に適していると判断した場合のみ、ステーキング用暗号資産を購入してください。

よくある質問

ステーキングでどのくらい収益が得られますか?

ステーキングに税金はかかりますか?

どの暗号資産がステークできますか?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Takashi-HIgashi-new.jpg
Takashi Higashi
国際広報、海外の先端技術調査、海外企業との提携等をこれまで行ってきました。ここ数年、暗号資産に関心を持ってウオッチしています。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー