詳細を見る

フィナンシェトークン(FNCT)を購入できる国内取引所と購入方法

10 mins

ヘッドライン

  • フィナンシェトークン(FNCT)は、「FiNANCiE」で使用されるプラットフォームトークン
  • 2023年11月現在は、コインチェックとOKCoinJapanに上場している
  • FNCTはステーキングに預けることで、報酬を得ることも可能で、FNCTエコシステムを成長させるための投票に参加できる

フィナンシェトークン(FNCT)とは、ブロックチェーンを活用したトークン発行型クラウドファンディングサービス「FiNANCiE」で使用されるプラットフォームトークンで、現在、国内でも注目を集めているトークンでもあります。

そこで本記事では、フィナンシェトークン(FNCT)を購入できる国内取引所一覧と購入方法について解説します。フィナンシェトークン(FNCT)の購入を検討している人は、ぜひ最後までご覧下さい。

フィナンシェトークン(FNCT)とは?

フィナンシェトークン(FNCT)とは、ブロックチェーンを活用したトークン発行型クラウドファンディングサービス「FiNANCiE」で使用されるプラットフォームトークン

FiNANCiEプラットフォームで使用可能なトークンとして、スポーツクラブやクリエイターのコミュニティを活性化するサポーターへの更なるメリットを提供することを目的に設計・開発されており、コミュニティのガバナンス(投票活動)に参加するために必要なトークンとしても利用可能。総発行枚数は200億枚です。

フィナンシェトークン(FNCT)を購入できる国内取引所

2023年11月現在は、以下の2つの取引所の上場しています。

  • コインチェック
  • OKCoinJapan

フィナンシェトークン(FNCT)を購入できる国内取引所①:コインチェック

コインチェックは、2014年に設立された暗号資産の取引所で、現物取引とレバレッジ取引を提供していおり、取り扱い通貨数は23種類。積立投資やステーキングなどの豊富なサービスを提供しており、初心者にも使いやすいと評判です。

フィナンシェトークン(FNCT)は、コインチェックの「取引所」でのみ購入が可能となっています。

フィナンシェトークン(FNCT)を購入できる国内取引所②:OKCoinJapan

OKCoinJapanは、中国の大手暗号通貨取引所「OKCoin」の日本法人が運営する取引所。

また、現状FXCTは対応していないが、保有する暗号資産を利用して報酬を得ることができるサービス「ステーキング」や「FlashDeals」、決まったタイミングで決まった額を購入する「積立サービス」にも対応しており、幅広いサービスが特徴です。

フィナンシェトークン(FNCT)の購入方法

フィナンシェトークン(FNCT)の購入方法について解説します。

  • 暗号通貨取引所の口座開設
  • 口座へ日本円を入金
  • フィナンシェトークン(FNCT)の購入

フィナンシェトークンの購入方法①:暗号通貨取引所の口座開設

フィナンシェトークン(FNCT)を扱っている2つの取引所のいずれかで、口座開設をします。必要な情報(メールアドレス、パスワード、身分証明書のアップロードや住所の確認)を入力し、口座開設を完了させましょう。

フィナンシェトークンの購入方法②:口座へ日本円を入金

取引所に口座を開設したら、つぎに日本円を入金します。入金には、銀行振込やそのほか入金方法が利用できますが、入金方法は、各取引所によって異なります。入金手続きが完了すると、取引所の口座に資金が反映されるので、購入金額分の金額を入金しましょう。

フィナンシェトークンの購入方法③:フィナンシェトークン(FNCTの購入

入金が完了したら販売所・取引所でフィナンシェトークン(FNCT)を購入することができます。購入する数量や価格を指定し、注文し、約定すると、FNCTが取引所ウォレットに反映されます。

フィナンシェトークン(FNCT)はステーキングも可能

フィナンシェトークンはステーキングも可能となっています。フィナンシェが提供するFNCTステーキングで、所定の手続きを行いFNCTを長期保有することで、報酬を得ることが可能。FNCTステーキングは、FiNANCiEアプリの取引の安全性を高め、FNCTの価値を支える機能となっています。

FNCTステーキングの報酬

報酬プールの5%を毎月ステーキング報酬として対象者に分配され、FNCTメインページより手続き可能となっています。

FNCTステーキングの報酬については、以下のステップで決定されます。

  • FNCTステーキング報酬プールから、毎日報酬が発生
  • バリデーションを行なったバリデーターに発生した報酬を付与
  • バリデーターがデリゲーターのロックシェアに応じて報酬を分配

FNCTステーキング報酬プールはフィナンシェの成長に応じて、FNCTが追加されていきます。ユーザーがFNCTステーキングを行い、FNCTエコシステムを盛り上げることで、さらにFNCTが追加されていくという仕組みです。

また、FNCTをステーキングすると、FNCTエコシステムを成長させるための提案への投票に参加することも可能。投票へ参加する場合は、必要ロック量以上ステーキングしているかを確認し、不足している場合は追加のステーキングを行うようにしましょう。

まとめ:フィナンシェトークン(FNCT)の複数取引所の上場に期待

本記事では、フィナンシェトークン(FNCT)を購入できる国内取引所一覧と購入方法について解説しました。フィナンシェトークン(FNCT)は、トークン発行型クラウドファンディングサービス「FiNANCiE」で使用されるプラットフォームトークン。

2023年11月現在は、コインチェックとOKCoinJapanに上場しています。FNCTはステーキングに預けることで、報酬を得ることも可能で、FNCTエコシステムを成長させるための提案への投票に参加することができます。FNCTの購入を検討している人は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー