詳細を見る

NFTはオワコンなのか?NFTの使い道を解説

14 mins

ヘッドライン

  • NFTバブルが発生していた2021年頃には、価値のないNFTや実態のないNFT発行され、多くの被害者も生まれた
  • しかし、2024年現在状況は大きく変化しており、NFTの使い方としての幅も広がっている
  • しかし依然としてNFTは、ほかの投資アセットと比べても価格変動が激しい資産であるため、長期目線で始めることが重要

2021年から世界的に盛り上がりをみせたNFTですが、2022年〜23年の暗号資産市場の低迷に伴い、その価値を疑問視する声も少なくありません。確かに、99%価値が下がったNFTも存在し、投機目的で参入した人々にとっては厳しい状況と言えるでしょう。NFTには意味がないとの声もありますが、しかし、2024年現在ではNFTにしっかり実用性を持たせた事例がいくつもあり、NFTの活用方法も広がってきています。

本記事では、過去のNFT事例を紹介したのち、現在の実用性のあるNFT事例を紹介していきます。NFTに「意味がない」と感じている方はもちろん、「これからNFTを始めたい」と考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

NFTとは?特徴

NFTは、デジタル資産に唯一無二の証明書を発行する技術。従来のデジタルデータは、簡単に複製や改ざんすることが可能でしたが、NFTを用いることで、所有権を明確に証明することができます。

例えば、デジタルアート作品にNFTを発行することで、その作品が本物であることを証明することができます。また、ゲームアイテムやチケットなどにNFTを発行することで、希少性や価値を高めることができます。NFTは、単なる投資的な目的に留まらず、様々な分野での活用が期待されています。

  • NFTの発行証:従来の発行証は、偽造や改ざんのリスクがありましたが、NFTを用いることで、より安全で信頼性の高い発行証を発行することが可能です
  • NFTのふるさと納税:NFTを用いることで、デジタルアート作品やバーチャル体験などのユニークな返礼品を提供することができます
  • NFT型のクラウドファンディングクリエイターが自分の作品をNFTとして発行し、ファンから資金を集める新しいクラウドファンディングの形。参加者は、NFTを購入することでプロジェクトを支援し、その代わりに独自の特典を得ることができます

NFTは、まだ発展途上の技術ですが、今後は、不動産取引や、メタバース(仮想空間)上での経済活動にも、NFTが重要な役割を果たすことが予想されます。

NFTには意味がないのか?

あずきNFT

NFTは、デジタルアートやゲームアイテムなど、様々なデジタル資産の所有権を証明する技術として注目を集めてきました。しかし、その一方で、「NFTには意味がない」という批判も根強く存在します。

価値がつかないNFTが存在したのは事実

実際に、2021年頃には、価値のないNFTが大量に発行されたり、流動性がなく売却が困難なNFTも存在しました。これは、NFT技術の黎明期における混乱と、悪意のある利用者の存在が原因と言えるでしょう。しかし、2024年現在、状況は大きく変化しています。淘汰を経て、本当に価値のあるNFTのみが残存し、活発な取引が行われています。

NFTが価値を持つ理由

  • 希少性:NFTは、ブロックチェーン上に記録され、唯一無二の所有権を証明することができる
  • ユーティリティ:NFTは、ゲーム内アイテムやチケットなど、様々な用途で利用することが可能
  • コミュニティ:NFTプロジェクトには、熱心なコミュニティが存在し、活発な経済圏ができている

日本国内でも、大手企業とコラボするNFTプロジェクトが続々と登場しています。また、NFTはPFPプロジェクト(アイコン型NFT)だけでなく、ふるさと納税やクラウドファンディングなど、様々な場面で活用されています。今後はより大きな企業や、政府や公的機関におけるNFT活用の事例も増えてくるはずです。NFTの価値はさらに高まっていくと予想されます。NFTは、単なるバブルではなく、社会に価値をもたらす可能性を秘めた技術であるため、これからは、々な分野で活用されていくことでしょう。

NFTの意味ある使い方を紹介

CryptoPunk, NFT, NFTセール, ブルーチップNFT

NFTの有効的な使い方、実例を紹介します。

  • コミュニティ
  • ふるさと納税
  • クラウドファンディング

NFTの意味ある使い方①:コミュニティ

NFTは、同じ価値観や興味を持つ人々が集まるコミュニティへの参加権でもあります。日本国内では、コミュニティ形成を重視したNFTプロジェクトが多数存在します。

例えば、CryptoNinjaやLLACなどのPFPプロジェクトは、熱心なコミュニティを形成し、活発な活動を行っています。NFT保有者同士が交流するDiscordサーバーや、オフラインイベントなどが開催されており、プロジェクトの運営に保有者が参加できる仕組みを導入しているケースも多く見られます。NFTを保有することで、以下の様なメリットを得ることができます。

  • 交流:同じNFTプロジェクトを持つメンバーとの交流
  • 情報共有:プロジェクトに関する最新情報やクローズド情報を得ることができる
  • アイデアの実際:NFTのIPを活用して、新たなプロジェクトやイベントを立ち上げることも可能
  • 限定特典:NFT保有者限定の特典やサービスを受けられる

NFTの意味ある使い方②:ふるさと納税

近年、ふるさと納税において、革新的な取り組みとして注目を集めているのが「NFT」の活用です。NFTは、単なるデジタル資産ではなく、地域の魅力を新たな形で発信し、支援者との双方向的な交流を生み出す可能性を秘めています。

NFTふるさと納税とは、寄付者にNFTを返礼品として提供するふるさと納税の形です。NFTには、デジタルアート作品や地域限定アイテムなど、様々な種類があります。NFTふるさと納税は、全国各地の自治体で導入されています。以下は、その代表的な事例です。

  • 愛媛県今治市:今治タオルをモチーフにしたNFTアートの返礼品
  • 大阪府泉佐野市:泉佐野市のゆるキャラ「泉佐野だるま」をモチーフにしたNFTアートの返礼品
  • 滋賀県甲賀市:忍者をテーマにしたNFTアートの返礼品

NFTの意味ある使い方③:クラウドファンディング

NFT型クラウドファンディングとは、クリエイターが自分の作品をNFTとして発行し、ファンから資金を集める新しいクラウドファンディングの形です。ファンは、NFTを購入することでプロジェクトを支援し、その代わりに独自のデジタルコンテンツや特典を得ることができます。

NFT型クラウドファンディングは、国内外の様々なプロジェクトで活用されていますが、以下は、その代表的な事例です。

NFT型クラウドファンディングは、まだ始まったばかりの取り組みですが、今後さらに広がっていく可能性が高いと考えられます。

NFTを購入する際の注意点

NFT規制、非可菌トークン、著作権侵害、Yuga Labs

NFTを購入する際の注意点について解説します。

  • 長期目線で保有する
  • 余剰資金で購入

NFTを購入する際の注意点①:長期目線で保有する

2024年現在、NFT市場は依然として流動性が低く、また投資マネーが十分に流入していない状況です。そのため、市場全体が下落した場合、NFTの価格も大きく下落する可能性があります。

しかし有望なNFTプロジェクトの場合は、長期目線で見れば価値が上がっていく可能性が高いです。プロジェクトのコンセプトやロードマップなどをよく確認し、将来性があるかどうか判断し、長期保有できるNFTに投資していきましょう。

NFTを購入する際の注意点②:余剰資金で購入

NFTは、価格変動が非常に激しい資産です。2021年頃には、価値のないNFTが大量に発行されたり、流動性がなく売却が困難なNFTも存在しました。

近年は状況が改善していますが、依然としてリスクが高いことに変わりありません。株式やビットコインと比較しても、さらにリスクが高い投資アセットのため、実際に投資する際には注意が必要になります。実際に投資をする際は、直近の生活では使わない余剰資金でのみ投資するのがオススメです。

まとめ:NFTには意味があり、今後さらに使い道が増えていく

パンドラ erc-404 NFT

本記事では、「NFTには意味があるのか?」について解説しました。NFTは、デジタル資産の所有権を証明する技術で、従来のデジタル資産とは異なり、唯一無二の所有権を持っているのが特徴。

過去には実態のないNFTが発行されたり、流動性がなく売却が困難なNFTも存在しました。しかし、2024年現在状況は大きく変化しており、本当に価値のあるNFTのみが残存し、活発な取引が行われています。しかし依然としてNFTは、ほかの投資アセットと比べても価格変動が非常に激しい資産であるため、実際に投資をする際は長期目線で始めることがオススメです。NFTは、まだ発展途上にありますが、今後さらに使い道が増えていく可能性が高いと考えられます。ぜひ本記事を参考に、NFTの有効的な使い方を探してみてください。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー