詳細を見る

2023年に注目すべきメタバーストップ10

32 mins
記事 Ayotomiwa Oladotun

メタバースとは、現実世界とは別の仮想空間を構築し、そこで様々な活動や体験ができるようにする空間やサービスのことで、ゲームやエンターテイメントだけでなく、教育やビジネスなど様々な分野で活用される可能性があります。メタバースには暗号通貨やブロックチェーンなどの技術が不可欠であり、これらの分野の発展にも大きく貢献すると考えられます。

そこで本記事では、2023年に注目すべきメタバーストップ10を紹介します。これからメタバース業界に参入したい人や、メタバース関連銘柄への投資を考えている人は、ぜひ最後までご覧ください。

国境なきインターネットの探検:MultiHop+ 接続では、複数のローテーションVPNロケーションを経由して接続をトンネル化し、複数の暗号化レイヤーでオンライントラフィックを保護します。このリンクからプロモコード 「ATLASWELCOME」でアトラスVPNを81% OFFで入手できます!

メタバースとは?

メタバースとは、現実世界とは別の仮想空間を構築し、そこで様々な活動や体験ができるようにする空間やサービスのことで、アバターを操作して、コミュニケーションしたり、ゲームやショッピングなどの活動を楽しんだりできます。

メタバースは、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)などの技術を使うことで、より没入感の高い体験を可能にしており、エンターテイメントやゲームの領域に留まらず、教育、ビジネス、アート、医療など、さまざまな分野での活用が期待されています。現在はまだ発展途上ですが、将来的には100兆円規模の巨大市場になると予測されている業界です。

注目すべきメタバースのトップ10

注目すべきメタバースのトップ10について解説していきます。

  • ディセントラランド
  • ザ・サンドボックス
  • アクシー・インフィニティ
  • ロブロックス
  • ソラーレ
  • イルビウム
  • メタヒーロー
  • ブロックトピア
  • スターアトラス
  • アップランド

メタバース①: ディセントラランド(Decentraland)

ディセントラランドは、イーサリアムのブロックチェーン上で動作するウェブベースの3Dヴァーチャル・ワールドプラットフォームです。この種のものとしては初めてとなるプラットフォームで、2015年にアリエル・メイリッヒ(Ariel Meilich)とエステバン・オルダノ(Esteban Ordano)によって創設されました。最初のイニシャル・コイン・オファリング(Initial Coin Offering)は2017年で、2020年2月に一般公開されています。

自律分散型組織(DAO)がディセントラランドのメタバースプラットフォームを運営しています。DAOは、ネイティブ仮想通貨であるマナ(MANA)にERC-20トークン・スタンダードを使用しています。さらに、このプラットフォームには、他に2つのトークンがあります。ランド(LAND)はERC-721トークンで、土地のNFTの区画(parcel)を表しています。エステート(Estate)は、もう一つのERC-721トークンで、デジタル土地の複合区画を表しています。

マナトークンを使って、プレイヤーは仮想土地の売買、ディセントラランドのランドマップの探索、イベントへの参加、そしてカジノでのギャンブルも可能になります。

全体として、土地を所有し、貸し出し、その上に建物を建て、家、バー、庭、公園(およびその他)を設計できることが、ディセントランドをユニークなものにしています。ユーザーは、仮想世界でのコンサートやスポーツの試合に参加したり、主催したりすることもできます。

このプラットフォームでは、過去数年間、注目すべきイベントが開催されてきました。アクティブユーザー1千万人を祝うメタマスクパーティや、ミラー・ライト(Miller Lite)のダイブバー「メタバース」で開催されたスーパーボールイベントなどです。アリアナ・グランデ、トラヴィス・スコット、マーシュメロ、ジャスティン・ビーバーなどの有名アーティストも、このプラットフォームでバーチャルイベントを開催し、大きな成功を収めています。

メタバース②:ザ・サンドボックス(The Sandbox)

ザ・サンドボックスは、プレイヤーがイーサリアムのブロックチェーン上でゲームコンテンツを構築・所有・収益化できるメタバースプラットフォームです。ディセントラランドと同様に、ザ・サンドボックス・メタバースは独自のERC-20ユーティリティ・トークンであるサンド(SAND)を持っています。基本的に、サンドはサンドボックスのトランザクションを実行するビークルとして機能します。

究極的には、この主導的なゲームメタバースプラットフォームは、クリエイターがNFT作品をアップロード、公開、取引することを可能にします。これまで長年にわたり、サンドボックスは、スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)、ボーアド・エイプ・ヨットクラ、Ubisoftなど、主流のブランド、アーティスト、クリエイターと提携してきました。

メタバース③: アクシー・インフィニティ(Axie Infinity)

アクシー・インフィニティは、ポケモンやたまごっちデジタルペットなど、日本で人気のビデオゲームにインスパイアされたプレイツーアーン(ゲームしながら稼ぐ)ゲームです。このゲームメタバースのプラットフォームはイーサリアム ブロックチェーン上で動作し、NFTを使用して特定のキャラクター、土地区画、その他のゲーム内資産を表現します。

アクシー・インフィニティを始めるには、ユーザーはデジタルウォレットを接続し、アカウントを開設する必要があります。プレイヤーは、デジタルマーケットプレイスと交流し、ゲームプレイにアクセスしたり、健康、スピード、モラルなどのゲーム内の各種属性を構築したりできます。

AXSは、アクシー・インフィニティプラットフォームのネイティブかつ管理用トークンです。AXSを保有することで、プレイヤーはアクシーの繁殖、バトルへの参加、土地の購入、トーナメントでの勝利などの特典を得ることができます。また、ユーザーはトークンを賭けて報酬をリクエストし、プラットフォームのガバナンスに参加することもできます。

メタバース④: ロブロックス(Roblox)

 ロブロックスは、マルチプレイヤーオンラインプラットフォームです。子供から大人までこの実態型3D世界で創造し、交流することができます。

2006年にウェブサイトとして始まった ロブロックスは、現在では様々なデバイスでアクセスでき、毎日数百万人のアクティブユーザーが利用しています。

では、ロブロックスはどのように機能するのでしょうか?プレイヤーはアバター(プロフィール表示)を作成して交流することができます。プレイヤーは特定の身体的属性を選択します。健康、カスタムルックス、その他の機能は、プラットフォームのネイティブ通貨であるロブックス(Robux)で購入できます。

さらに、ロブロックスは、ゲーム、ソーシャルメディア、ソーシャルコマースの要素を含んでいます。プレイヤーは、自分のスペースを発展させ、ロブックスを獲得し、取引することができます。

ユーザーは、ゲーム内で購入することもできますが、ロブロックスは無料で始められます。また、ユーザーは開発者として参加し、このプラットフォームのゲーム構築を手伝うことができます。ロブロックスアプリで広く遊ばれているゲームには、ジェイルブレイク(Jailbreak)、アドプトミー(Adopt Me)、ブックヘブンRP(Brookhaven RP)、クラブペンギン(Club Penguin)などがあります。

メタバース⑤: ソラーレ(Sorare)

ソラーレは、NFTベースの最初の空想世界のフットボール・ゲームの1つです。プレイヤーは、実態型のゲーム体験として、カードをトレードしてプレイすることができます。

サッカーの空想世界のコンセプトに似ているソラーレでは、プレイヤーは自分のコレクションしているカードからラインナップを構築することができます。トーナメントを開催するごとに、プレイヤーのチームはより多くの報酬を獲得し、後にキャッシュと交換することができます。

ソラーレのアカウントは簡単に作成できます。ユーザーは、確認可能な電子メール、ユーザー名、およびパスワードを作成するだけです。ログインすると、プレイヤーはイーサリアムのブロックチェーン上でチームを編成できる無料のコレクターズカードを受け取ることができます。

チームをマネジメントするだけでなく、このカードをトークン化してイーサリアム上でトレードすることも可能です。また、このプラットフォームは、拡張性の問題を回避するために、スタークウェア(Starkware)の技術を利用しています。

また、ソラーレは数百のスポーツクラブとのエンドースメントを獲得しています。フランスのサッカー選手、キリアン・ムバッペもブランドアンバサダー兼出資者として挙げられ、スポーツをベースとした強い支持を得ています。

メタバース⑥: イルビウム(lluvium)

イルビウムは、アンリアル・エンジン(Unreal Engine) 4の技術を使用して3D仮想オブジェクトを生成する、ブロックチェーンP2Eのゲームです。キーラン・ワーウィック(Kieran Warwick)とアーロン・ワーウィック(Aaron Warwick)によって2020年に開始されたイルビウムは、コレクタブルトークンとオートファイターのロールプレイングゲームとして機能しています。

このプラットフォームは、通常イルビアルズ(Illuvials)と呼ばれるアバターをホストする仮想世界での実態型ゲーム体験を提供します。これらのイルビアルズは、イーサリアムのブロックチェーン上で価値を保持するNFTとして存在しています。ユーザーは、この空想世界の生き物を使って、コミュニティ内で交流したり、採掘したり、報酬を受け取ったりすることができます。

プレイヤーはイルブ(ILV)とシルブ(SILV)トークンで報酬を受けますが、それらは戦闘に勝利したり、アドベンチャーを促進するために使用されます。アクシー・インフィニティと同様、イルビウムは、カスタマイズ可能な属性を持つゲーム内のファイターアバターを中心に展開します。イルビウムが3Dのゲーム体験を提供するのに対し、アクシーインフィニティは従来とは異なる2Dのゲーム体験を提供します。

メタバース⑦: メタヒーロー(Metahero)

メタヒーローは、実際のユーティリティ・トークンと超リアルな 3D 技術を組み合わせて、仮想の 3 次元オブジェ クトを生成します。これらのオブジェクトは、ゲーム、プロフィール写真、ソーシャルメディア、ファッション、およびメタバースエコシステム内の他のユーティリティに使用されます。最先端の3D技術を開拓しながら、未来のバーチャルな機会への入り口をユーザーに提供するものです。ヒーロー(HERO)がネイティブ・トークンとなり、メタヒーローのマーケットプレイスを支えています。

メタヒーローは、バイナンス・スマートチェーン[Binance Smart Chain(BSC)]上で動作する分散型プラットフォームです。このプラットフォームは、2020年のローンチ以来、大きな牽引力となっています。注目すべきパートナーシップには、3DスキャンによるNFT統合を促進するウルフスタジオ(Wolf Studio)との提携があります。

ユーザーは、ほぼすべてのオブジェクトをカスタマイズし、超リアルなNFTとして形作ることができるようになります。ウルフスタジオの基本技術は、実世界の物体を評価し、データを収集し、デジタルレンダリングするものです。また、メタヒーローのエコシステムへの入り口となるヒーローアプリの開発も予定しています。

メタバース⑧:ブロックトピア(Bloktopia)

ブロックトピアは、ブロックチェーン技術、仮想現実、拡張現実を組み合わせ、開発者、ゲーマー、投資家に、未来的なワンストップWeb3デスティネーションを提供します。

このプロジェクトは、メタバースへのユニークなアプローチを提供します。ブロックトピアは、自らを2100万ビットコインを表す12階建ての仮想摩天楼と表現しています。このプラットフォームでは、ユーザーは「暗号におけるいくつかの最大のプロジェクト」の仮想オーナーになることができます。ユーザーは、暗号に関する情報や実態型コンテンツに一度にアクセスできるというメリットがあります。

ブロックトピアンズ(Bloktopians)ブロック(BLOK)トークンを保有するユーザーは、不動産所有や広告など、さまざまな手段で収益を得ることができます。また、ユーザーはライブイベントに参加し、実態感のある魅力的な環境でさまざまなメタバースフロアを探索することができます。

メタバース⑨: スターアトラス(Star Atlas)

スターアトラスは、ブロックチェーンベースのオンラインMMORPG(多人数同時参加型オンライン・ロールプレイングゲーム)です。メタバースプラットフォームはアンレアルエンジン5(Unreal Engine 5)の技術を使用し、幅広いゲームアクティビティを可能にします。オートマタ(Automata)によって設立されたスターアトラスでは、プレイヤーは交流し、戦闘に参加し、領土を主張し、最終的には自分自身のコミュニティを構築することができます。

スターアトラスはソラーナ(Solana)ブロックチェーン上で動作し、デュアルトークンモデルを採用しています。ポリス(POLIS)トークンがネットワークを管理し、アトラス(ATLAS)が支払いトークンとして機能します。ユーザーはマーケットプレイスで、ランド、NFTベースの宇宙船など、さまざまなゲーム内アイテムを購入することができます。

メタバース⑩: アップランド(Upland)

アップランドもEOSブロックチェーン上で動作するオンライン不動産マーケットプレイスでプレイツーアーンのゲームです。2020年初頭に開始され、プレイヤーは宝探しに参加し、交流し、実際の不動産のNFT表示物件を購入することができます。プレイヤーは、PayPalをサポートしているティリアペイ(Tilia Pay)を使って、NFTを実際の米ドルに交換できます。

アップランドは最終的に、現実世界の住所の仮想バージョンをメタバース空間に作ることを目指しています。現在、デトロイト、サンフランシスコ、ニューヨーク、クリーブランド、シカゴなど、20以上の米国の都市がアップランドでバーチャルに存在しています。

日本とメタバースの相性は?

将来性が期待されるメタバース・Web3・NFT業界ですが、日本との相性はどうなのでしょうか。Web2.0の時代では、世界から大きな遅れをとった日本ですが、次なる主要産業で成果をだすことが期待されています。以下では、メタバースと日本の相性について解説します。結論としては、メタバース業界と日本の相性は良いと言えます。

  • 日本はゲーム・マンガ・アニメなどのIP産業が発達している
  • 日本は技術力やデザイン力が高い
  • 法整備や社会的受容度が高い

理由①:日本はゲーム・マンガ・アニメなどのIP産業が発達している

日本はゲーム・マンガ・アニメなどのIP産業が発達しており、世界に誇れるコンテンツを多数保有しています。これらのコンテンツは、メタバースやNFTと親和性が高く、デジタル空間での表現や交流に適しています。

例えば、メタバース上で自分の好きなキャラクターのアバターやアイテムをNFTとして購入したり、自分のオリジナル作品をNFTとして販売したりすることができます。これにより、ファンやクリエイターのエンゲージメントや収益化が向上する可能性があります。

理由②:日本は技術力やデザイン力が高い

日本は技術力やデザイン力が高く、メタバースやNFTの開発や運用に必要な人材やノウハウを持っています。メタバースやNFTは、VRやARなどの技術を使って、現実とは異なる世界を楽しむことができ、日本はこれらの技術においても先進的な取り組みを行っているといえます。

これらは、メタバースやNFTの開発や運用に活かすことができ、また、日本はデザイン力も高く、メタバースやNFTにおいても美しく魅力的なコンテンツを作ることができると考えれます。

理由③:日本の国家戦略としてWeb3が推進されている

日本政府は、ブロックチェーン技術やWeb3の導入を含むデジタル変革を国家戦略と位置づけました。これは、国内の経済成長やイノベーションを促進するための取り組みの一環です。

国家戦略としてのWeb3推進は、産業界や研究機関、エンターテイメント業界など様々な分野での取り組みを促進しており、国の後押しを受けることで、日本国内のWeb3系企業も成長を加速させていく可能性が高いでしょう。

メタバースに関するよくある質問

メタバース・プラットフォームのトップは何ですか?

メタバース・プラットフォームとは?

メタバースはフェイスブックだけですか?

メタバースに参加するにはどうしたらいいですか?

まとめ:メタバース市場は、今後さらに需要が増してくる


本記事では、2023年に注目すべきメタバーストップ10を紹介しました。メタバースは、仮想現実と現実世界を融合させる革新的なプラットフォームであり、様々な業界に大きな影響を与える可能性を秘めています。エンターテイメントやゲームの領域に留まらず、教育、ビジネス、アート、医療など、さまざまな分野での活用が期待されているため、今後さらに需要が増していくでしょう。メタバースの興味がある人は、ぜひ本記事を参考にメタバースを始めてみてください。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー