詳細を見る

NFTの詐欺の手口と対策方法

11 mins

ヘッドライン

  • NFT詐欺とは、NFT(非代替性トークン)を利用した詐欺のこと
  • NFTプロジェクトの開発者が、プロジェクトを立ち上げるための資金を集めた後、そのほかにも複数のNFTの投資詐欺があります
  • 信頼できる取引所やウォレットを利用、購入するNFTの価値をよく調べることが重要

NFTは、ブロックチェーン技術を用いて、デジタルコンテンツの所有権や希少性を証明するトークンです。近年、NFTの人気が高まるとともに、NFT詐欺の被害も増加しています。NFT詐欺は、被害額が大きく、被害を回復することが難しいケースもあります。NFT投資を行う際には、NFT詐欺の被害に遭わないために、十分に注意が必要です。

本記事では、NFT詐欺の手口と対策方法を解説します。NFT詐欺を未然に防ぎたい人、これからNFT投資を始める人はぜひ最後までご覧ください。

NFT詐欺とは?

NFT詐欺とは、NFT(非代替性トークン)を利用した詐欺のこと。NFTは、ブロックチェーン技術を用いて、デジタルコンテンツの所有権や希少性を証明するトークンですが、その性質から、高額で取引されるNFTも多く、詐欺師はこれらの資産の価値を操作したり、消費者に対して虚偽の情報を提供して利益を得ることがあります。

NFT詐欺の種類

NFT詐欺には、主に以下のようなものがあります。

  • 偽造NFT

最も代表的なNFT詐欺のひとつ。有名なアーティストの作品や、人気ゲームのアイテムなどのNFTを偽造して、あたかも本物であるかのように販売する手口

  • ラグプル

NFT詐欺の「ラグプル」とは、プロジェクトを立ち上げ、投資家から資金を集めた後、プロジェクトを中止して逃げてしまう詐欺のこと

  • フィッシング詐欺

NFTマーケットプレイスやウォレット運営者を装って、被害者から個人情報を騙し取る手口。個人情報を入手した詐欺師は、被害者のウォレットにアクセスして、NFTや暗号通貨を盗みます


NFTの詐欺事例

日本国内でもNFTの詐欺がありました。国内のNFTプロジェクトが詐欺案件であったわけではありませんが、被害が拡大していた時期もあり、注意が必要といえます。以下より、実際の実例を解説します。

  • NFTを1ETHでリスト
  • 海外ユーザーから、NFTが欲しい
  • Openseaを使えないから、こちらにNFTを送ってくれたら1ETHを送るとメッセージ
  • NFTを送った途端、音信不通
  • NFTプロジェクトの公式サイトにウォレットを接続
  • NFTプロジェクトが進行
  • NFTプロジェクトにつなげたウォレットからNFTや暗号通貨が流出

上記のように、ウォレットを詐欺プロジェクトにつなげることで詐欺が発生する事件が、多発しています。NFT詐欺は、日々新たな手口が開発されています。NFT投資を行う際には、常に最新の情報を収集し、十分に注意して対策を行うことが大切です。

NFT詐欺の対策方法

暗号とNFTエアドロップ

NFT詐欺の対策方法について、詳しく解説していきます。

  • NFTプロジェクトの運営元の信頼性をしっかり確認する
  • セキュリティ対策を徹底する
  • 新規NFTプロジェクトへの投資は慎重に行う


NFT詐欺の対策方法①:NFTプロジェクトの運営元の信頼性をしっかり確認する

NFT詐欺の代表的な手口である「ラグプル」は、NFTプロジェクトの運営元が、プロジェクトを立ち上げるための資金を集めた後、プロジェクトを打ち切って資金を持ち逃げする手口。このNFT詐欺に遭わないためには、NFTプロジェクトの運営元の信頼性をしっかり確認することが重要です。

具体的には、以下の点に注意しましょう。

  • 氏名や顔写真、連絡先などの基本情報が公開されていない
  • 経歴やスキルが具体的に記載されていない
  • 他のプロジェクトや企業での経験が少ない
  • プロジェクトの目的やロードマップの確認

また、NFTプロジェクトのSNSでのエンゲージメントをよく調べることも大切です。

NSでのエンゲージメントとは、投稿に対する「いいね!」やコメントなどの反応のこと。エンゲージメントが不自然な場合は、プロジェクトの人気や注目度が実際よりも高く見せられている可能性があります。

Xの場合、いいね数やRT数と比較して、不自然に低いエンゲージメント率などは注意が必要です。SNS上のいいね数などは購入可能であるため、表面上の数字には惑わされないようにすることが重要です。こうした不自然なSNS活動は、プロジェクトがラグプルである可能性が高いです。


NFT詐欺の対策方法②:セキュリティ対策を徹底する

NFT詐欺の被害に遭わないためには、セキュリティ対策も重要です。特に、タマスクのシークレットリカバリーフレーズは、絶対に相手に教えてはいけません。

また、以下の対策も行いましょう。

  • NFTウォレットのパスワードやシードフレーズを厳重に管理する
  • 2段階認証やSMS認証を利用する

NFTウォレットのパスワードやシードフレーズは、NFTを盗まれると、被害額が大きくなるため、厳重に管理することが重要です。また、2段階認証やSMS認証を利用することによって、不正アクセスのリスクを軽減することができます。


NFT詐欺の対策方法③:新規NFTプロジェクトへの投資は慎重に行う

ラグプルの多くは、新規プロジェクトを立ち上げて、投資家から資金を集める手口で行われます。そのため、新規プロジェクトへの投資は慎重に行うことが重要です。新規プロジェクトへの投資は、自分の投資ポートフォリオの中で小さな割合に留めるなど、リスク管理を徹底しましょう。

また、1つの高額なNFTに全てを投じるのではなく、複数のプロジェクトに分散して投資することで、リスクを軽減できます。リスクを完全にゼロにすることは難しいですが、新規プロジェクトへの投資は慎重に行うことが大切です。NFTは、高額で取引されるものも少なくないため、高額なNFTを購入する際には、その価値に見合うかどうか慎重に判断しましょう。


まとめ:NFTは詐欺は、事前に防ぐことが可能。対策を行おう

NFTマーケットプレイス

本記事では、NFT詐欺の代表的な手口と対策方法について解説しました。NFTプロジェクトの開発者が、プロジェクトを立ち上げるための資金を集めた後、プロジェクトを打ち切って資金を持ち逃げする手口など、そのほかにも複数のNFTの投資詐欺があります。

NFT詐欺に遭わないための対策方法は、NFTプロジェクトの運営元の信頼性をしっかり確認することや、セキュリティ対策を徹底することが重要です。NFT市場は今後も伸びていくと考えられますが、需要に伴い、NFT詐欺の件数も増えていくはずです。ぜひ、本記事を参考にし、NFT詐欺の対策をおこなっていきましょう。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー