詳細を見る

億り人を何人も出した柴犬コインの現在と将来性

15 mins

ヘッドライン

  • 柴犬コインは、2020年7月に「Ryoshi」というペンネームの開発者によって作成された、ERC-20規格の暗号通貨
  • 最近の大口投資家の動きと取引所における供給量の減少は、柴犬コインの強気見込みを後押しする材料となっている
  • 誕生から数年で億り人を何人も出した、世界で最も人気のあるミームコインの1つで、今後も価格上昇やエコシステムの拡大など可能性を秘めている

2021年に大きな価格上昇を記録し、億り人を何人も出した柴犬コイン(SHIB)。その後、価格は下落したものの、依然として時価総額ランキングでトップ20に入るほどの人気を誇っており、2024年以降の強気相場に向けて、多くの投資家の関心を集めています。

本記事では、そんな柴犬コインの現在と将来性について解説します。柴犬コインに興味がある人は、ぜひ最後までご覧ください。

SHIB投資に最適なプラットフォーム

FXGT.Com

プロトレーダーに最適
FXGT.Com
プラットフォームを見てみる on FXGT.Com’s official website
利用可能な国家 100+
上場暗号通貨 300+
取引手数料 Maker fee. 0.080%. 0.075% ; Taker fee. 0.100%
ボーナス 最大100ドルのAirdrop保証

BYDFi

マージン取引に最適
BYDFi
プラットフォームを見てみる on BYDFi’s official website
利用可能な国家 150+
上場暗号通貨 250+
取引手数料 0.1%と0.3%
ボーナス 紹介料50%

KuCoin

アルトコインに最適
KuCoin
プラットフォームを見てみる on KuCoin’s official website
利用可能な国家 100+
上場暗号通貨 700
取引手数料 0.1%
ボーナス 最大3200USDT

柴犬コインの歴史

柴犬コインは、2020年7月に「Ryoshi」というペンネームの開発者によって作成された、ERC-20規格(イーサリアムブロックチェーンベース)の暗号通貨で、柴犬コインは、ミームコインの一種であり、ドージコインの人気を受けて誕生しました。ミームコインは、インターネット上のジョークやミームから生まれた暗号通貨のことを指しており、柴犬コインは、その名前の通り、柴犬という犬種をモチーフにしたミームコインの代表銘柄として、近年注目を集めています。

Ryoshi氏によれば、柴犬コインは「分散型の自発的なコミュニティ構築の実験」であり、暗号通貨プロジェクトが100%コミュニティによって運営されたらどうなるのかという実験であるとしています。また、2021年にテスラのCEOであるイーロン・マスク氏がコインについて言及したことがきっかけで大きく注目され、価格が急騰。ほかにもSNSやインフルエンサーによる言及が増える中、多くの個人投資家が参入。これにより、短期間での価格の大幅な上昇が見られました。

柴犬コインの取引速度やセキュリティを向上させる目的で開発された新しいブロックチェーンプラットフォームシバリウム」は、DeFiNFT分野での活用が期待されており、2023年8月にメインネットがローンチされました。

柴犬コインと他のミームコインは何が違うか

柴犬コインと他のミームコインは何が違いについて解説します。

  • 時価総額
  • エコシステムの充実
  • 利用ブロックチェーンの違い

柴犬コインと他のミームコインの違い①:時価総額

柴犬コインは一時期、トークンの時価総額においてトップ10の暗号通貨に入るほどの急成長を遂げましたが、その他のほとんどのミームコインは時価総額が比較的小さく、大きなボラティリティも伴います。また、コミュニティの規模や活動は限定的であり、プロジェクトの進行や拡張に重点を置いていないことが多いため、トークン価格や時価総額に反映されずらいといった違いがあると言えます。

柴犬コインと他のミームコインの違い②:エコシステムの充実

柴犬コインは、DEX(分散型取引所)「ShibaSwap」や、NFTマーケットプレイスなど、独自のエコシステムを構築しており、柴犬コインをベースにした経済圏が構築されているのが特徴です。一方、多くのミームコインは、エコシステムが十分に整っていない場合が多く、エコシステムの充実には違いがあると言えるでしょう。

柴犬コインのエコシステムは、今後もさらに拡大していくことが期待されているため、拡大が進めば、柴犬コインの価値も高まる可能性があります。

柴犬コインと他のミームコインの違い③:利用ブロックチェーンの違い

柴犬コインは、イーサリアムブロックチェーン上に構築されており、ERC-20トークンであるのに対し、他のミームコインの多くが独自のブロックチェーンを使用しているか、または他の既存のブロックチェーン上に構築されています。例えば、ドージコインはビットコインを参考に作られた独自ブロックチェーンを持っている一方、柴犬コインはイーサリアムをベースに発行されているトークンです。

柴犬コインの将来性

柴犬コインは、シバリウムのリリースによって、ミームコインの代表銘柄としての地位が確立される可能性があり、より多くの投資家から注目を集め、価格上昇が見込まれています。

シバリウムはレイヤー2上に構築されるネットワークであるため、トランザクションの高速化や手数料の削減を実現でき、ユーザーはより高速かつ安価にトランザクションを行うことができます。

柴犬コインは、ここ数日で大口投資家(クジラ)による大規模な柴犬コインの移動が相次いでいます。

12月11日には、4兆1900億SHIBトークン(約4080万ドル)が、クジラの仮想通貨ウォレット間で移動しました。さらに、週末には、4300万ドル以上に相当するSHIBのブロックもウォレット間で移動したことが確認されています。

これらの大規模な送金は、クジラ(大口投資家)が今後の価格急騰に備えて、柴犬コインを長期的に保有するために、取引所から個人のウォレットに移していることを示唆しています。

また、暗号通貨取引所における柴犬コインの供給量も減少していることも、強気見込みを支持する材料となっています。FXStreetによると、取引所で保有されている柴犬コイン供給量の割合は、11月12日以降、0.51%減少し、7.85%まで低下しています。これは、投資家が柴犬コインを取引所から個人のウォレットに移し、長期的に保有しようとしている可能性を示しています。

また「THE SHIB」誌第6号が12日に発行され、この雑誌には、シバリウムのアップデート、MareBears、コミュニティへの貢献など、様々な見識が掲載されています。シバリウムはついに1億トランザクションを達成し、レイヤー2ブロックヘインにとって大きなマイルストーンとなりつつあるといえるでしょう。

このように、大口投資家の動きと取引所における供給量の減少は、柴犬コインの強気見込みを後押しする材料となっており、今後も、柴犬コインの価格動向に注目が集まります。2024年以降は、柴犬コインのエコシステムのアップデートに伴い、シバリウムのユーザー数は増加していく可能性が高いため、柴犬コインの価格上昇も見込まれるといえるでしょう。

柴犬コインの買い方

柴犬コインの国内取引所での買い方について解説します。

  • 暗号通貨取引所の口座開設
  • 口座へ日本円を入金
  • 柴犬コインの購入

柴犬コインの買い方①:暗号通貨取引所の口座開設

現在、柴犬コインを取り扱っている取引所は主に下記の取引所です。

各種手数料や、取り扱いサービスなどを確認し、自身に最適な取引所を選択、口座開設します。必要な情報(メールアドレス、パスワード、身分証明書のアップロードや住所の確認)を入力し、口座開設を完了させます。

柴犬コインの買い方②:口座へ日本円を入金

取引所に口座を開設したら、つぎに日本円を入金します。入金には、銀行振込やクレジットカードが利用できますが、入金方法は、各取引所によって異なります。入金手続きが完了すると、取引所の口座に資金が反映されます。

柴犬コインの買い方③:柴犬コインの購入

入金が完了したら販売所、もしくは取引所で柴犬コイン(SHIBA)を購入することができます。購入する数量や価格を指定し、注文し、約定すると、柴犬コインが取引所ウォレットに反映されます。

まとめ:柴犬コインは、大きな価格上昇につながる可能性を秘めている

本記事では、億り人を何人も出した柴犬コインの現在と将来性について解説してきました。柴犬コインは、2020年8月に誕生したミームコインで、ドージコインを模倣して作られたミームコインであり、柴犬コインは、誕生当初はほとんど無価値に等しい状態でしたが、2021年に注目を集めることとなりました。

柴犬コインは、誕生から数年で億り人を何人も出した、世界で最も人気のあるミームコインの1つです。今後も、さらなる価格上昇やエコシステムの拡大など、大きな可能性を秘めています。柴犬コインが気になる人は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー