詳細を見る

【2023年版】ミームコインとアルトコインのトレンド11選

23 mins
記事 Xenia Soares

暗号通貨を取引している人なら、ミームコインを目にしたことがあるでしょう。その大半が何の役にも立たないことを考えると、奇妙に思えるかもしれませんが、投資家の中にはどうしても買いたいという衝動に駆られる人もいます。そんな好奇心旺盛なトレーダーが、ミームコインを探しているのであれば、本記事をご参照ください。また、注目のアルトコインをお探しの方も、どうぞお付き合いください。この記事では、2023年のトレンドであるミームコインとアルトコインの11選を取り上げます。

ミームコインとは何か?

ミームコインとは、SNS上などに投稿されたミーム(ジョーク)にインスパイアされた暗号通貨です。この種のコインは通常、インフルエンサーや有名人を通じてソーシャルメディアで宣伝されます。多くのミームコインはジョークとして作られ、そのほとんどは実用性や現実的な価値はないとされています。また、非常に投機的であるため、多くのリスクが伴うとも言われてきました。

ミームコインといえば、Dogecoinや柴犬コインを思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、これらのトップミームコインで市場が異常な上昇を目撃して以来、さらに多くの類似した暗号通貨が登場しています。以下は、現在流通しているミームコインの総取引量を示したチャートです。

ミームコインの総取引量: Dune Analytics

ミームコインはどれくらいある?

CoinMarketCapによると、暗号通貨市場で取引されているミームコインは現在(2023年6月中旬現在)340種類以上あります。時価総額上位のミームコインは、Dogecoin(DOGE)、Shiba Inu(SHIB)、Pepe(PEPE)、Floki Inu(FLOKI)などです。PEPEを除いて、これらはすべて犬のミームをテーマにしています。市場には大量のミームコインが存在するにもかかわらず、取引に値するミームコインはわずかと言えるでしょう。

【2023年版】ミームコインとアルトコイン11選

以下に紹介するコインは、時価総額、人気、全体的なプロジェクトの成功など、様々な要因から選びました。このリストには、ミームコインとアルトコイン(代替暗号)の両方が含まれています。

1. Wall St. Memes (WSM)

新しいミームコインであるWall St. Memesは、実用性のない単なるトークンの域を超えたミームコインの流れを引き継いでいます。このプロジェクトは、時価総額10億ドルを目指し、メンバーに限定特典を提供することで、ネイティブ・トークンである$WSMを中心としたコミュニティを構築することを意図しています。

これらの特典の一部には、キャップ、マグカップ、衣料品などを取り揃えた商品ストアへのアクセスが含まれます。このトークンは、ウォール街の牙城に劣勢が挑んだ悪名高いGameStopのショートスクイーズから着想しています。このトークンは、同じムーブメントの一環として、すでに構築され関与しているコミュニティを活用して立ち上げられました。このプロジェクトのクリエイターは、トークン化への移行を、ウォール街による金融市場の組織的独占に対するリテール運動の抵抗の象徴と説明しています。

WSMのプレセールは本稿執筆時点(2023年6月30日)で実施されており、5万ドルのエアドロップと並んで、5人の幸運なデジェンヌがそれぞれ1万ドルのWSMトークンを受け取りました。

Wall St. Memes: wallstmemes.com

2. yPredict (YPRED)

yPredict.aiは、取引シグナルとリサーチに特化したプラットフォームで、価値のあるインサイトの交換を促進しています。yPredict.aiは、データアナリスト、人工知能、機械学習エンジニアにモデル予測をサブスクリプションベースのサービスとして提供する権限を与えます。

yPredict.aiの高度な機能により、モデルは自動的に幅広い強気・弱気チャートとローソク足パターンを識別します。これらのパターンが出現するとすぐに、プラットフォームは、パターン形成に関連する価格行動の予測精度の履歴から導き出された信頼性スコアを伴うリアルタイムのアラートを生成します。

2023年6月30日現在、YPREDはトークンのプレセールの第6段階にある。価格は0.09ドルで、上場価格は0.12ドルに設定されています。

yPredict: ypredict.ai

3. Chimpzee (CHMPZ)

暗号資産業界のニューカマーChimpzee (CHMPZ)は、ユーザーが稼ぎながら環境に良い影響を与えることを目指しています。現在、プレセールの段階では、1USDTで1,493CHMPZを購入できます。

ミームコインと対照的なアルトコインであるChimpzeeは、動物の絶滅を防ぎ、環境の進歩を確実にしたいというチームの願いから生まれました。このプロジェクトはすでに、熱帯雨林を回復させるために1,200本の植林を支援しています。さらに同プロジェクトは、砂漠に適応したゾウの最後の群れのひとつを保護するため、WILD財団に15,000ドルを寄付しました。

Chimpzeeは、気候変動との戦いや動物保護に貢献する団体に貢献しながら、人々に利益をもたらす機会を提供しています。この活動に参加したい投資家は、プロジェクトのX(旧Twitter)をフォローして、公式発表前に最新情報を入手することをお勧めします。今後の予定としては、Chimpzeeストア、DEX/CEX、NFTミント、さらなる寄付などがあります。

プレセール特典: Chimpzee

4. Launchpad XYZ (LPX)

Launchpad XYZプラットフォームは、Web3をより身近で使いやすいものにすることを目的としています。このプラットフォームは、複雑なweb3の世界を簡素化し、ユーザーに親しみやすい環境を提供します。

ユーザーは、センチメント分析、ニュース更新、市場洞察にアクセスし、市場動向の最新情報を得ることができます。さらに、経験豊富なトレーダーがトップ・トレード・セットアップを共有し、貴重な取引戦略をユーザーに提供します。

ユーザーが独自の取引フレームワークを構築した後は、Launchpad XYZが最適なタイミングで取引を執行するための高速取引ターミナルを提供します。このプラットフォームは、主要な流動性プロバイダーをLaunchpad XYZ分散型取引所に誘致することで、ユーザーの取引がシームレスに完了することを目指しています。

本稿執筆時点(2023年6月30日)では、同プラットフォームのネイティブ・トークンであるLPXのプレセールが2023年第3四半期まで実施されています。早期割引価格でLPXを購入したい投資家は、ETH、BNB、USDT、または銀行カードを使ってLPXを購入することができます。

Launchpad XYZ: launchpad.xyz

5. DeeLance

DeeLanceは、フリーランサーの雇用環境を変革することを目的としたWeb3のリクルートプラットフォームです。このプラットフォームは、暗号ベースの支払いシステムとスマートコントラクト対応のエスクロー口座を活用し、クライアントとフリーランサーの両方の安全を確保し、金銭的損失のリスクを最小限に抑えています。

DeeLanceが提供する追加的な利点は、フリーランサーが最低基準値なしで即時引き出しを楽しめること。この機能は、フリーランサーに収益に対するより高い柔軟性とコントロールを提供しています。

注目すべきは、このプラットフォームのホワイトペーパーが、完成した仕事の所有権を管理する手段として、非代替性トークン(NFT)を組み込むことを概説しており、プラットフォームの機能に革新的な次元を追加していることです。

DLANCEはイーサリアムのメインネットにデプロイされたERC20トークンです。DLANCEトークンの総供給量は10億(1,000,000,000)。2023年6月末現在、$DLANCEのプレセールが進行中で、現在の価格は$0.048、上場価格は$0.057 USDTです。このプロジェクトは目標額の230万ドルの半分以上を集めています。

Deelance: deelance.com

6. eTukTuk (TUK)

eTukTuk EVは、従来のトゥクトゥクに代わる手頃な価格で信頼性の高いEVで、特に発展途上地域のニーズに合うように調整されています。同社はまた、発展途上国をはじめとする世界各地に革新的で効率的な充電ステーションを設置することを目指しています。

eTukTuk EVとTUKプラットフォームの究極の目標は、誰もが利用できる公平な交通手段を提供することです。現地生産を活用し、安全性を優先し、効率的な充電ステーションのネットワークを構築することで、環境への影響を最小限に抑えながら、持続可能で信頼性の高い交通手段を提供することを目指しています。

テリトリーパートナーは、必要な充電インフラを提供し、その拡大に貢献することで、eTukTukネットワークにおいて重要な役割を果たしています。テリトリーパートナーはその貢献の見返りとして報酬を受け取り、相互に有益なエコシステムを構築します。

ネイティブTUKトークンで、ユーザーはeTukTukネットワークの構築と電力供給に貢献し、効率的な充電ネットワークが拡大するにつれて報酬を得ることができます。ご興味のある方は、今すぐ$TUKトークン・セールのホワイトリストに登録ください。

eTukTuk: etuktuk.io

7. Dogecoin (DOGE)

Dogecoin(DOGE)は「ミームコインの王様」と言われています。時価総額で暗号通貨のトップ10(87億ドル)に位置していることから、その称号を獲得しています。Dogecoinは2013年にデビューし、当初は柴犬のロゴをモチーフにした犬のバイラル・ミームをジョークにしたものでした。しかし、そのブランディングとマーケティング・キャンペーンにユニークなひねりを加えたことで、このコインは瞬く間にソーシャルメディアで多くの支持を集めるようになりました。

Dogeは2021年に0.00268ドルから史上最高値の0.7316ドルまで価格が高騰し、一躍有名になりました。このプロジェクトの成功は、イーロン・マスクのような有名人がコインの宣伝を始めたため、オンラインでの宣伝によるところが大きく影響したとされています。さらに、バーガーキングのツイートはdogeチームとのコラボレーションの可能性を示唆しました。

こうして、Dogecoinはすぐに「みんなの暗号通貨」として知られるようになりました。

8. Shiba Inu (SHIB)

柴犬コイン(SHIB:時価総額40億ドル)は当初、人気のdogecoinに対抗するコインとして誕生した。2020年8月、Ryoshi氏がこのコインをガバナンスと分散化の実験に過ぎないと主張し、プロジェクトを立ち上げましたた。しかし、数ヶ月のうちに、このコインは価格チャートで急速に人気を集め、2021年10月には史上最高値の0.00008616ドルに達しました。これは当初の価格0.0000000002ドルからの急上昇となりました。

その直後、柴犬はミームコインの王様を凌駕する能力から、数少ない「dogecoinキラー」と呼ばれるようになった。さらに最近では、このプロジェクトはエコシステムを拡大するレイヤー2計画を発表し、市場の注目を集めている。同プロジェクトは、分散型取引所(DEX)、NFTコレクション、Shiba Eternityゲーム、メタバースなど、驚くべき経歴を誇っています。

ShibaSwap DEX: ShibaSwap

9. Pepe (PEPE)

2023年4月に発売されたpepe(PEPE)は、瞬く間にミームコインのまくるめく高みへと駆け上がりました。象徴的なマット・ファーリーの「カエルのペペ」というミームが、このロゴにインスピレーションを与えました。このコインの時価総額は現在3億9,030万ドル。5月には史上最高値の0.000004408ドルで取引されていました。最近は、インパクトのある広告を影響から、PEPEトークンはたった1度の週末だけで350%も急騰しました。チームでは「現存する中で最もmemeableなミームコイン」と表現しています。

PEPEは4000倍以上の価格高騰を経験し、ある投資家は27ドルで5.9兆PEPEを購入しましたが、価格上昇後、最終的にはなんと100万ドルになりました。これまでのPEPEの最大供給量は420兆ドル強です。

10. Floki (FLOKI)

2021年7月にローンチされたfloki inu(FLOKI)の時価総額は2.23億ドルで、マルチチェーンERC-20およびBEP-20準拠のトークンとして機能しています。平均的なミームコインとは異なり、floki inuは現実的なユースケースを提供しており、主なユーティリティにはFlokiPlaces、FlokiFi、Valhallaがある。

Valhallaはプレイ・トゥ・アーンのメタバースゲームで、FlokiPlacesはそれに対応するマーケットプレイスです。ユーザーはそのネイティブトークンFLOKIで物理的な商品を購入することができるほか、FlokiFiはこのプロジェクトの分散型取引所で、投資家はデジタル資産を暗号と交換したり、Flokifi Lockerに暗号を閉じ込めたりすることができます。

FlokFi explorer: FlokiFi

11. Tamadoge (TAMA)

Tamadoge(TAMA)は時価総額1370万ドルライブ価格$0.01302で、ゲームエコシステムをリードするミームコインです。リリースされて間もないことを考えれば、TAMAは単なるミームトレンド以上のものを提供する最有力候補と言えるでしょう。Tamadogeプロジェクトは、メインのTamadogeゲーム、拡張現実アプリ、5つのアーケードゲームを統合したユニークなプレイ・トゥ・アーンの仕組みを提供しています。

さらに、tamadogeはOpenSeaで独自のNFTコレクションを提供しています。TAMAコインは、メタバース統合型ゲームプラットフォームの原動力となり、プレセールの初値から1900%という大高騰を遂げました。1日の取引量において、TAMAはミームコイン市場のトップ10にランクインしています。

Tamadoge: Gameplay

新しいミームコインとアルトコインにおける注意点

新しいミームコインやアルトコインが宣伝されると、ソーシャルメディアのインフルエンサーに振り回されがちになります。しかし、これらのコインの多くは現実世界での価値や実用性を提供しているわけではないため、取引は慎重に行う必要があるでしょう。この種の取引に関する成功例もありますが、ほとんどの人は結局損をしているというのが現状です。なぜなら、これらのコインの多くはソーシャル・エンジニアリングから価値を得ているからです。また、これらのコインはパンプ・アンド・ダンプのスキームを最も受けやすいため、非常にボラティリティが高いと言えます。

しかし、このリストにあるコインやトークンを含め、堅実なプロジェクトや金儲けのチャンスがないわけではありません。プロジェクトをよく研究し、リスク管理をしっかり行うことを常に心がけてください。

新しいミームコインとアルトコインにおけるよくある質問

Dogecoinはミームコインですか?

どのコインがミームコイン?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー