詳細を見る

Web3マーケティングのニュースレター書き方完全ガイド

60 mins
記事 Ryan Glenn

Web3ニュースレター(メールマガジン:メルマガ)・マーケティングは、ユーザーや顧客と直接コミュニケーションを図りたいと考えている企業にとって、強力なツールです。現代のデジタルファーストの環境では、Eメールのニュースレターはビジネスのマーケティングにおいて重要な役割を果たすことができます。そこで今回は、Web3マーケティング・ニュースレターの書き方について知っておくべきすべてを紹介します。購読者ベースの拡大、メッセージの作成、ソーシャルメディアの活用、コンテンツの収益化について学んでみましょう。

Table of Contents

Web3マーケティング・ニュースレターについて理解する

ニュースレターは、特定の企業や個人から最新情報を受け取る購読者グループにEメールなどを通じて送信される定期的な”出版物”です。ニュースレターには、特別コンテンツ、ニュース、お知らせ、送信企業の業界・製品・サービスに関する重要な情報などが含まれています。

ニュースレターを活用してビジネスを強化することは、暗号資産マーケティングの重要な要素です。ニュースレターを利用していない企業は、おそらくコンバージョンやWeb3業界でのリード創出の可能性をフル活用できていないと言えます。

メルマガ購読者の統計: The Tilt

ニュースレターは、ソーシャルメディアを含む、ほかの多くのリード(潜在顧客)を成約させる方法よりも、リードからの成約をしやすい傾向があります。これは、特に市場の低迷期や弱気相場において、安定した収益を獲得するのに適した戦略であることを意味します。The Tiltの調査によると、高収入を得ている起業家の約75%がコンテンツ配信にEメールを利用しています。

Storydocの調査では、女性や若い購読者は、割引や限定オファーによってニュースレターを購読する傾向にあることが

マーケティングにおけるWeb2からWeb3への移行

Web2マーケティングとWeb3マーケティングは全く異なるゲームと言えます。これは、価値観やオーディエンスとのコミュニケーション方法の違いによります。いずれにしても、どちらも顧客に製品やサービスを伝える必要があるでしょう。

逆に、分散型ウェブのユーザーへはマーケティングがより難しくなります。というのも、Web3内の人々はプライバシーを重視する傾向があるからです。そのため、Web3内の多くの人々は、パーソナライズされた広告に抵抗があるかもしれません。

また、Web3のユーザーは、その世界に入る動機に基づいた明確な特徴を持っています。これらの要因は、彼らとエンゲージするための適切なアプローチやチャンネルに影響を与える可能性があり、他のオーディエンスグループには当てはまらないかもしれない。

Web3マーケティング・ニュースレターの主な特徴とメリット

ニュースレターは、購読者の興味を惹き、情報を提供することで、送信者と購読者のつながりを深めることが目的です。ニュースレターには、テキスト、画像、リンク、行動喚起を含み、受信者は、提供されたコンテンツに基づいて交流したり、ウェブサイトを訪問したり、行動を起こしたりすることができます。

昨今は、企業は顧客ベースとのソーシャル・インタラクションをうまく活用する必要があり、ソーシャルメディア上で顧客を開拓することが慣例となっています。しかし、これには問題があります。ソーシャルメディアは有料メディアと考えられていますが、コミュニケーションのチャネル(ソーシャルメディアのアカウント)や顧客リストを所有したことにはなりません。

ニュースレター/メールマーケティングのメリット

  • Web3マーケティングでは、独自のプラットフォームから顧客を引き離し、ニュースレターを使ってあらゆるチャネルに誘引することができます。
  • ほかの多くのマーケティングチャネルと比較して、ニュースレターは費用対効果が高いと言えます。メールマーケティングソフトウェアやコンテンツクリエイターの雇用に関連する費用はかかるかもしれませんが、全体的なコストは従来の広告よりも低いというのが一般的です。
  • メルマガは強力なトラフィック誘導ツールとして機能します。ニュースレター内にウェブサイト、ブログ記事、新製品、特別オファー(NFTなど)へのリンクを含めることで、受信者を特定のランディングページに誘導したり、希望するアクションを促したりすることができます。
  • ニュースレターを通じて常に価値あるコンテンツを配信することで、読者との継続的なエンゲージメントを維持することができます。SNSのタイムラインなどメッセージが一瞬で消えてしまう他のマーケティングチャネルとは異なり、ニュースレターでは購読者と長期的な関係を築くことができるため、リピートビジネスや顧客ロイヤルティの可能性が高まります。
  • ニュースレターでは、ターゲットとなる読者と直接コミュニケーションをとることができます。購読者のEメールアドレスを収集することで、マーケティングメッセージ、最新情報、プロモーション、その他の関連情報を購読者に直接伝えることができます。

ターゲット顧客を絞り込む

マーケティングを効果的にするターゲット顧客設定の重要性

効果的なマーケティングのためには、ターゲット顧客の設定が重要です。あなたのビジネスに興味を持つ可能性の高い適切な人々を理解し、彼らとつながることができます。また、顧客ターゲットを明確に特定することで、マーケティングメッセージ、戦略、チャネルを調整し、効果的にリーチし、共感させることができます。

このようにターゲットを絞ることで、リソースを効率的に配分し、マーケティング活動を最適化し、投資収益率(ROI)を最大化することができます。オーディエンスのデモグラフィック、興味、ニーズ、ペインポイントを理解することで、適切で説得力のあるコンテンツを作成し、より強固な関係を築き、エンゲージメントとコンバージョンを高めることができます。

最終的には、顧客ターゲットを定義することで、パーソナライズされた体験を提供し、ブランドロイヤルティを確立し、全体的なマーケティング成果を向上させることができます。

ターゲット顧客を調査・理解する方法

Web3マーケティングのニュースレターは、ターゲット顧客にリーチする効果的な方法です。しかし、あなたのターゲット顧客は誰で、どのように絞り込めばよいのでしょうか? ここでは、ターゲット顧客を絞り込むための効果的な方法をいくつかご紹介します。

  • ターゲットにならない層を特定する
  • 競合他社を分析する
  • 業界のトレンドを把握し、市場調査を行う
  • 潜在顧客のペルソナを作成する
  • 顧客層へのインタビューや調査を実施する
ご存知でしたか?

企業の理想的な顧客を架空の人物として具体化したものを購入者ペルソナと呼びます。このペルソナは、顧客の特徴、活動、動機、目的などの詳細な情報を含む、徹底的な顧客像を表します。

ペルソナの作成には、現在の顧客や潜在顧客に関するリサーチやデータが用いられます。例えば、「山田くんは25歳で、東京に住み、地下鉄を利用し、金融業に従事し、年収は1000万円である」など。

このペルソナ設定の作業は、なにもすべて手作業で行う必要はありません。近年、ターゲット顧客を見つけるのに役立つツールがたくさんあります。以下に列挙します。

  • Brandwatch
  • Upfluence
  • Sprout Social
  • BuzzSumo
  • Keyhole

有益なメルマガ・コンテンツの作成

購読者を惹きつける高品質で関連性の高いコンテンツの重要性

言うまでもないことですが、魅力的なコンテンツを作ることは、Web3のニュースレター・マーケティングにおいて大きな役割を果たします。まず、強力な価値提案を確立します。ターゲットとする読者に関連した質の高いコンテンツを一貫して作成することで、あなたの専門性とプロフェッショナリズムをアピールし、価値ある情報やリソースを提供していることを証明することができます。

次に、顧客のエンゲージメントを促進します。コンテンツが高品質で、ターゲット顧客の興味、課題、願望に直接対応している場合、彼らの注意を引き、あなたのブランドと交流するよう促します。

魅力的なコンテンツは、ディスカッションを巻き起こし、ソーシャルシェアを促し、フィードバックを募り、コミュニティとつながりの感覚を生み出し、今後の更新を購読する動機付けとなります。

さらに、質の高いコンテンツは、ブランドの独自性、知名度、リーチを高めます。関連性のある価値あるコンテンツをコンスタントに制作すれば、検索エンジンやソーシャルメディアを通じてオーガニックなトラフィックを引き寄せる可能性があります。

Web3のニュースレターで有益なコンテンツを作成するためのヒント

デジタル環境は日進月歩ですが、魅力的なコンテンツを一貫して作成するための実行可能な方法はいくつかあります。いくつかの戦略を以下に紹介します。

  • ニュースレターの目的を明確にする:ニュースレターの目的は、その目的によってさまざまです。売上アップを目的としたニュースレターもあれば、ウェブサイトのトラフィックを増やすことを目的としたニュースレターもあります。従って、ニュースレターを作成する前に、その目的を明確に理解することが重要です。
  • 時事問題やトレンドを活用する:時事問題や業界のトレンド、季節のテーマに基づいたタイムリーで関連性の高いコンテンツを盛り込むことで、ニュースレターの魅力を高め、認知度を高めることができます。ただし、イベントやトレンドは、自社ブランドとの関連性や適切性に注意しましょう。
  • コンテンツは簡潔かつ簡潔に:コンテンツは焦点を絞り、簡潔で読みやすいものにしましょう。明確な見出し、小見出し、箇条書きを使って、情報を消化しやすいかたまりにまとめましょう。多忙な購読者はニュースレターにざっと目を通すことが多いため、簡潔で理解しやすい方法で情報を提示することで、エンゲージメントの可能性が高まり、読者のさらなる探求を促します。
  • キャッチーなタイトルと件名:ニュースレターの件名は、購読者がニュースレターを開くかどうかに大きく影響します。ニュースレターのコンテンツの質や価値に関わらず、その成功は魅力的な件名によって決まります。ニュースレターの件名は、簡潔で注意を引き、ポイントを押さえたキャッチーなものにすることが重要です。

ニュースレターのデザインを最適化するには?

ユーザーに優しいニュースレターのデザインの重要性

魅力的でユーザーフレンドリーなニュースレターのデザインの重要性には、主に3つの理由があります。まず、注目を集め、ポジティブな第一印象を与えることで、購読者がコンテンツに興味を持つ可能性が高まります。まとまりのあるブランディング要素を備えた視覚的に魅力的なデザインは、プロフェッショナルなイメージを確立し、読者との信頼関係を築くのに役立ちます。

次に、ユーザーフレンドリーなデザインは、全体的なユーザー体験を向上させます。簡単なナビゲーション、明確なレイアウト、直感的なデザイン要素は、購読者が目的の情報や行動喚起を見つけ、対話するのに役立ちます。シームレスな体験は、より高いエンゲージメントを促進し、フラストレーションを軽減し、受信者がニュースレターをさらに探索することを促します。

最後に、魅力的でユーザーフレンドリーなデザインは、全体的な品質の認知に貢献します。優れたデザインのニュースレターは、そのコンテンツが価値があり、読者の時間を費やす価値があることを示唆し、ブランドの信頼性をさらに強化し、継続的なエンゲージメントと将来のコンバージョンの可能性を高めます。

Web3マーケティング・ニュースレターの成功事例

  • 空白を使う: ニュースレターのデザインに空白を取り入れることで、視覚的なスペースが生まれ、読者がコンテンツを読みやすくなります。空白は可読性を高め、全体的な美観を向上させ、重要な要素を際立たせます。
  • モバイル向けのデザイン:メール開封の大部分はモバイル端末で行われるため、ニュースレターのデザインをモバイル向けに最適化することが重要です。コンテンツ、画像、レイアウトがレスポンシブで、さまざまな画面サイズに対応できるようにしましょう。
  • グラフィックを使用する: 画像、インフォグラフィック、チャートなど、視覚に訴える適切なグラフィックを使用することで、ニュースレターのビジュアルアピールを高めることができます。視覚的な要素は、情報をより効果的に伝え、注目を集め、コンテンツをより印象的なものにします。ただし、画像は読み込み時間を短縮するために最適化し、文章を圧倒しないようにしましょう。
  • 視覚的階層を利用する: サイズ、色、コントラスト、タイポグラフィ、配置などのテクニックを使い、視覚的な階層を作ることで、ニュースレターのデザインに明確な流れや強調点を作ることができます。見出しやコールトゥアクションボタンなどの重要な要素は通常、より目立つようにし、補助的なコンテンツは視覚的に従属するように配置します。

BeInCryptoでニュースレターの購読者数を増やしてください!ー特典はこちら

リード創出戦略の実施

リード創出のフローチャート: hubspot.com

リード創出の概要と加入までの育成プロセス

企業の製品やサービスに対する潜在顧客(リード)を絞り込み、育成するプロセスを「リード創出」と言われています。言い換えれば、企業が提供するものに興味を持つ人々を特定し、彼らを顧客に変えるプロセスです。

ニュースレターはリードを惹き付けるマグネットです。このことを念頭に置いて、質の高いリードや、コンバージョンの可能性が高いリードを獲得することも必要です。単に購読者リストを保持するだけでは、ビジネスやエンゲージメントの増加につながりません。

Web3マーケティング・ニュースレターにおける効果的なリード獲得戦略

常にリード創出を促進するためには、Web3マーケティング・エージェンシーを採用することが最善策でしょう。しかし、もしスタートアップ資金が少ないのであれば、自身でやってみようと思うかもしれません。Web3マーケティングのニュースレターを通じてリードを獲得することにおいて、以下のような効果的な戦略があります。

  • コンテストと賞品: これは、読者が参加するために詳細を提出する景品、コンペ、特別オファーなどのことです。このようなインセンティブは、新しいリードを惹き付け、既存の購読者が関心を持ち続け、積極的に参加することを促します。
  • アンケート: インタラクティブな調査フォームやアンケートなどで、購読者に関する貴重なインサイトを集めることができ、同時に彼らの連絡先情報を取得することができます。また、アンケートは購読者の嗜好に基づいてセグメントするのにも役立ちます。
  • CTA(コールトゥアクション): ニュースレター全体に明確で説得力のあるコールトゥアクションを含めることは、リード創出にとってとても重要です。ウェブサイトへの誘導、サービスの申し込み、資料のダウンロードなど、戦略的に配置されたCTAは、読者に希望する行動を取るよう促します。
  • A/Bテストと最適化: A/Bテストでは、ニュースレターの様々なバリエーションを試し、リード獲得に最も効果的な要素を特定します。異なる件名、レイアウト、ビジュアル、CTAをテストすることで、ニュースレターのパフォーマンスを分析し、最適化することができます。
  • パーソナライゼーション: ニュースレターを購読者の興味、嗜好、過去の交流に基づいてカスタマイズすることで、リード創出を大幅に向上させることができます。収集したデータを活用して、コンテンツ、おすすめ、オファーをパーソナライズしましょう。

ソーシャルメディアの活用

SNSを活用したWeb3マーケティング・ニュースレターのプロモーション

ソーシャルメディアは、間違いなく現代における最大のツールです。費用対効果が高く、リターンが大きいのはもちろん、新しい潜在顧客とつながることができます。これにより、ニュースレターの購読者を増やすことは、以前よりも簡単になりました。

統計は嘘はありません:世界の半数以上がソーシャルメディアを使っています。さらに、一般的なアメリカ人は、平均8.4個のソーシャルメディアアカウントを持っています。つまり、ソーシャルメディアはリードを集めるためのハニーポットと言えます。ソーシャルメディアを利用していないなら、ビジネスを拡大する絶好の機会を逃していることになる。

読者を誘引し、ニュースレターのトラフィックを増やすヒント

  • AMA、ライブ配信、X(旧Twitter)スペースなどを通じて視聴者と関わる
  • 投票や質問を利用してエンゲージメントを促進する
  • ニュースレター、ランディングページ、オウンドメディアに暗号資産リンクを構築する
  • 有益な投稿を作成し、同様の壁付きコンテンツや無料コンテンツを購読するためのCTAを作成する
  • ソーシャルメディア広告を活用する
  • Eメールと引き換えに賞品、コンテスト、景品を提供する

インフルエンサー・マーケティングの活用

インフルエンサー・マーケティングとセレブリティ・マーケティング:marketingcharts.com

Web3ニュースレターでインフルエンサー・マーケティングの力を探る

インフルエンサー・マーケティングもまた、リードを創出する方法として人気が高まっています。興味深いのは、著名人や芸能人の推薦よりもインフルエンサーの方がコンバージョン率が高い傾向にあることです。これには、インフルエンサーがよりターゲットを絞った顧客を持つことなど、多くの理由が考えられます。

インフルエンサー・マーケティングハブが発表した調査によると、多くの企業が、将来的にインフルエンサーへのマーケティング支出を増やすことを計画しており、近い将来、インフルエンサー・マーケティングが増加することを示唆しています。

購読者とリードを増やすためのインフルエンサーとのコラボレーション戦略

  • 適切なインフルエンサーに絞る
  • 関係者全員に付加価値を与えるパーソナライズされたオファーを作成する
  • 良好な関係を築く
  • コラボする
  • ゲスト投稿を活用する
  • 法的な契約書に責任と義務を明記する

ランディングページとコンバージョン率アップさせる方法

ランディングページとは、オンラインマーケティングにおいて、Eメールや広告、その他のデジタルロケーションをクリックした後、ユーザーが最終的に「着地」する独立したウェブページのことです。「リードキャプチャーページ」とも呼ばれます。

訪問者を購読者に変えるための専用ランディングページの作成

ランディングページの主な目的は、訪問者をリードや顧客に変えることです。ランディングページは、ターゲットを絞ったコンテンツと説得力のあるコールトゥアクション(CTA)を提示することで、訪問者に購入、ニュースレターへの登録、リソースのダウンロード、フォームへの入力など、行動を促すことでこれを達成します。

詳細なコンテンツ、メリット、インセンティブを提供することで、訪問者の購買意欲を高める。ランディングページは、カンファレンス、ウェビナー、ワークショップ、製品発表会などのイベント登録を促進させます。イベントの詳細や登録フォームを作成し、参加者の情報を収集します。

メールマーケティングの自動化

メールマーケティングの収益: statista.com

もう1つの方法であるEメールマーケティングは、驚くべき収益性があります。Statistaによると、2027年には179億ドルの収益に達すると予測されています。

Web3ニュースレターにおけるEメールマーケティング自動化のメリット

メール自動化は、ユーザーの嗜好、行動、インタラクションに基づいてニュースレターをパーソナライズすることができます。データを活用し、メールマーケティング・プラットフォームと統合することで、購読者に対し、高度にカスタマイズされたコンテンツを配信することができます。パーソナライズすることで、エンゲージメントを向上させ、購読者との強いつながりを築くことができます。

メールキャンペーンを自動化することで、手作業による繰り返し作業が不要になります。自動化ワークフローを設定すれば、ユーザーのアクションや特定の日付、行動パターンなど、事前に定義したトリガーに基づいてメールを自動送信することができます。これにより、時間を節約し、Web3ニュースレターマーケティングの他の重要な側面に集中することができます。

さらに、データを活用することで、ユーザーの嗜好、トークンの保有、取引履歴、エンゲージメントレベルなど、様々な基準に基づいてメールリストをセグメントすることができます。読者をセグメントすることで、特定のグループにターゲットを絞ったメールを送信することができ、コンテンツが読者の興味に響くようになります。これにより、ニュースレターの関連性が向上し、コンバージョンの可能性が高まります。

Eメール自動化やニュースレターに使用できるツールには、以下のようなものがあります:

  • Mailchimp
  • Substack
  • Omnisend
  • Campaign Monitor
  • Litmus
  • Brevo

マーケティング活動を自動化するツールとテクニック

  1. 名前、役職、ロゴ、有益な行動喚起、関連リンクなどを含む適切なEメール署名を作成する
  2. メールをパーソナライズし、受信者の名前または特定の属性でアドレスを指定するためにメールマージを活用する
  3. より個人的で信頼できるつながりを確立するために、メールは自動ボットではなく、実在する個人から送信されるようにしましょう
  4. 受信者とのエンゲージメントを維持し、関係を深めるためにフォローアップメールを実施する
  5. メールキャンペーンの結果を追跡・分析し、貴重なインサイトを収集し、その効果を測定する
  6. メールテンプレートを作成することで、時間を節約し、ブランドのメッセージと美学を一貫して表現することができます
  7. メール配信スケジュールを最適化することで、開封率やレスポンス率を高めることができます

キャンペーンの分析と最適化

キャンペーン・パフォーマンスの追跡と分析の重要性

Web3マーケティングのニュースレター・キャンペーンを追跡することで、ニュースレター・キャンペーンの成果を判断することができます。指標を分析することで、取り組みの効果を評価し、今後のキャンペーンを最適化するためのデータに基づいた意思決定を行うことができます。

指標のモニタリングは、読者がニュースレターにどの程度興味を持っているかを理解するのに役立ちます。開封率、クリックスルー率、コンバージョン率を追跡することで、関心の度合いやインタラクションの度合いを測ることができ、コンテンツを改良してエンゲージメントを向上させることができます。

Web3マーケティング・ニュースレターをモニタリングし、最適化するための主な指標

  1. 開封率: ニュースレターを開封した購読者の割合。件名(タイトル)の効果を示し、最初のエンゲージメントを評価するのに役立ちます。
  2. クリックスルー率(CTR): ニュースレター内のリンクをクリックした購読者の割合。エンゲージメントのレベルを測定し、コンテンツとCTAの関連性を示します。
  3. コンバージョン率: 購入やサービスへの申し込みなど、行動を完了した購読者の割合。コンバージョンを促進するためのニュースレターの効果を反映します。
  4. 購読解除率: ニュースレターの購読を中止した購読者の割合です。この率をモニターすることで、コンテンツの質と関連性を評価し、購読者を維持するための調整を行うことができます。
  5. バウンス率: 正常に配信されなかったメールの割合です。メールリストの健全性を監視し、購読者データベースを清潔に保つのに役立ちます。
  6. ページ滞在時間:購読者がニュースレターコンテンツを読むのに費やした平均時間。エンゲージメントレベルやメッセージの効果について知ることができます。

リテンションとエンゲージメント戦略

リテンション(関係維持)とは、企業や組織が既存顧客、購読者、ユーザーとの関係を維持していくためのマーケティング活動のこと。顧客のロイヤリティや満足度を示す指標となり、企業などが顧客基盤を維持することに成功しているかを示す。

リテンションは、通常、パーセンテージで測定され、ある期間の終了時点の顧客数または加入者数を、その期間の開始時点の顧客数または加入者数で割ることによって計算することができます。その結果得られる値は、長期にわたって維持された顧客や加入者の割合を示す。

長期的リテンションとエンゲージメントの成功

リテンションは、長期的な収益性と成功に直接影響し、企業にとって重要な指標です。既存顧客を維持することは、一般的に新規顧客を獲得するよりも費用対効果が高く、顧客獲得コストを削減し、企業は顧客の生涯価値を最大化することができます。

高いリテンション率は、顧客や購読者が提供される製品、サービス、コンテンツに満足しており、その組織との関係を継続する可能性が高いことを示しています。また、組織が強固な関係を築き、価値を提供し、顧客の期待に応えることに成功していることを示唆しています。

  • ニュースレターの配信は、毎週、隔週、毎月など、一貫したスケジュールを維持しましょう。購読者は、信頼性があり、いつあなたのコンテンツが配信されるかを知ることができることを高く評価します。ただし、あまりに多くのメール配信で購読者に負担をかけないように注意しましょう。
  • 購読者の興味やニーズに沿った、質の高い、関連性のある、価値のあるコンテンツをコンスタントに配信しましょう。ユニークな洞察、実用的なヒント、教育的リソース、購読者が価値を見出す情報への限定アクセスなどを提供しましょう。
  • 購読者の嗜好、行動、属性に基づいて購読者リストをセグメントします。こうすることで、各セグメントに響く、よりターゲットを絞ったパーソナライズされたコンテンツを送ることができます。
  • 時には、予期せぬボーナス、限定コンテンツ、ささやかなプレゼントで購読者にサプライズを与えましょう。このような思いがけない特典は、ロイヤリティを育み、ブランドとのポジティブな結びつきを生み出すのに大いに役立ちます。
  • 購読者からのフィードバックに積極的に耳を傾け、ニュースレターの改善に役立てましょう。購読者が何を楽しんでいるのか、何をもっと見たいのか、どんな懸念があるのかに注意を払いましょう。

Web3ニュースレターの収益化

価値を損なうことなく収益を上げるための戦略

読者の関心に寄り添った関連企業や商品と提携します。ニュースレターを通じてこれらの製品やサービスを宣伝し、紹介や販売が発生するごとにコミッションを得ます。信頼関係を維持し、宣伝する製品やサービスが本当に有益であることを確認するために、アフィリエイト提携については、読者に対して透明性を保ちましょう。

また、あなたの読者と共鳴するスポンサーや広告主と協力することもできます。あなたの価値観に合致し、価値ある製品やサービスを提供するスポンサーを探しましょう。自然で押し付けがましくない方法で、ニュースレター内にスポンサー付きコンテンツや広告を組み込みます。購読者との信頼関係を維持するため、スポンサー付きコンテンツを明確に開示しましょう。

あなたの専門性に合致し、読者のニーズに応える独自の製品やサービスを販売することも忘れずに。これには、電子書籍、コース、プレミアムコンテンツなどのデジタル製品や、ニッチに関連する物理的な製品などです。あなたの提供するものが本物の価値を提供し、購読者があなたに期待する品質と一致していることを確認しましょう。

購読者に付加価値を提供する、プレミアムまたは独占的な購読層を導入します。プレミアム購読を選択した人に、追加コンテンツ、ニュースレターや特集への早期アクセス、限定割引、パーソナライズされた体験などを提供します。これにより、購読者の一部を収益化しながら、他の購読者には価値あるコンテンツへの無料アクセスを提供することができます。

購読者数を拡大する

スケーリングとは、ビジネスや組織、事業を成長させたり拡大させたりするプロセスのことです。重要なのは、需要の増加に対応し、より多くの人々にリーチし、より高い効率性と収益性を達成できるような方法でこれを行うことです。

これは、リソースの戦略的配分、システムやプロセスの導入、成長に対応したビジネスモデルの適応ということになります。規模拡大の成功は、品質を犠牲にしたり、多大な追加コストを発生させたりすることなく実現します。

購読者数を効果的に拡大するテクニック

ターゲットとする読者の共感を得られるよう、質の高い、価値・関連性のあるコンテンツを作成しましょう。ユニークな洞察、専門的な知識、実用的なヒント、他のニュースレターと差別化できる限定情報などを提供します。新規購読者を獲得し、既存購読者を維持するために、ニュースレター購読の価値提案を明確に伝えましょう。

既存の購読者が、友人、同僚、知人を紹介し、ニュースレター購読を勧めるような紹介プログラムを導入しましょう。紹介者と紹介された購読者の双方に、報酬、限定コンテンツ、割引を提供しましょう。

ニュースレターキャンペーンと購読者増加戦略のパフォーマンスを継続的に分析します。コンバージョン率、開封率、配信停止率などの指標をモニターし、改善点を特定しましょう。

継続的な成長と拡大への戦略

  • 購読プロセスを合理化し、潜在的な購読者にとって迅速、簡単かつ負担のないものにする。ウェブサイト、ランディングページ、ソーシャルメディアのプロフィールに目立たせ、視覚に訴える登録フォームを設置しましょう。
  • 魅力的なコール・トゥ・アクション(CTA)ボタン、バナー、ポップアップを活用し、訪問者にニュースレターの購読を促しましょう。これらのCTAをウェブサイト、ブログ記事、その他の関連コンテンツに戦略的に配置し、適切なタイミングで読者の注目を集めましょう。
  • 価値あるインセンティブやリードマグネットを提供し、訪問者にニュースレターの購読を促しましょう。これは、限定コンテンツ、ダウンロード可能なリソース、割引、または会員専用エリアへのアクセスという形にすることができます。
  • ソーシャルメディアを活用して、ニュースレターを宣伝し、ターゲットとなる読者とのエンゲージメントを高めましょう。ニュースレター内容の断片を共有し、購読者特典を強調し、フォロワーに購読を促しましょう。

Web3時代における成長とエンゲージメントの強化

Web3時代は、マーケターがビジネスを拡大し、読者とのエンゲージメントを深め、持続可能な成長を推進するための絶大な機会を提供できます。本記事で取り上げたテクニックや戦略を実践することで、オーディエンスが期待する価値と品質を維持しながら、効果的に関係を構築し、ロイヤリティを育み、購読者ベースを拡大することができるでしょう。

BeInCryptoでニュースレターの購読者数を増やしてください!ー特典はこちら

よくある質問

Web3とは?また、マーケティングとどう関係するのですか?

ブロックチェーン技術がマーケティング戦略に与える影響とは?

NFTとは? マーケティングでどのように使われていますか?

マーケティングにおける分散型金融(DeFi)の役割とは?

Web3はユーザーのプライバシーとデータの所有権をどのように優先しているのか?

メタバースにおけるマーケティングの課題と機会とは?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー