詳細を見る

弱気相場で利益をあげる方法

28 mins
記事 Iulia Vasile

多くの新規投資家は、暗号資産の冬の季節を今初めて経験していますが、実際に、ほとんどのデジタル資産は2021年11月のピーク時から70%以上減少しています。ウォール街のトレーダーはどのように切り抜けるのか、また投資家が金融資産を増やす簡単なやり方はあるのか?押し目を買いに向かうべきか?弱気相場でどうすれば利益をあげられるのか?実行すべき投資戦略はあるのか?2022年の暗号資産の弱気相場でどのデジタル資産は持てばよいのか?

この記事では、これらの問いに答えるべく、弱気相場で利益を得るために最適な6つの方法を紹介します。

目次:

  1. 弱気相場とは?
  1. 弱気相場で利益をあげる方法
  2. 弱気相場で利益をあげる効果的な方法、トップ6
  3. 弱気相場で利益を得るには、シンプルに考えること
  4. よくある質問

弱気相場とは?

ステーキング(掛け金/預け入れ金)は、弱気相場でも資産を増やす最も安全な方法の1つです。暗号資産の保有量を3倍にすることはできませんが、ネクソ(Nexo)ウォレットで最大16%のAPY(年間収益率)、または人気のある”LATAM”取引所のストームゲイン(StormGain)プラットフォームにおいてUSDT(米ドル固定ペッグ通貨)で最大8%のAPYを得ることができます(ただし、ストームゲインは米国の投資家を受け入れていないので注意)。

弱気相場とは、株式市場やマーケット指標の多くが、通常2ヶ月ほどの間に20%、あるいはそれ以上下落することです。広義の定義は、SEC(米国証券取引委員会)が明示しています。

一般に、弱気相場では、散発的な反転上昇を除いて、すべての金融資産が下落基調になります。しかし、投資家がやがて魅力的な価格水準になった銘柄を見いだし、それに買い向かい始めると、弱気相場は終わりを告げることになります。

弱気相場の特徴は、投資家の自信のなさと悲観主義の蔓延(まんえん)です。投資家は、弱気相場では良いニュースでも軽視してしまうことが多く、すぐに売却するので株価が下がることになります。

しかし、弱気相場を予測することはほぼ不可能で、大半の投資家は、資産価値の少なくとも5%を失い始めるまでは弱気相場とは気づきません。

投資家は、市場のボラティリティ(価格の変動性)、将来への不安、すでにこうむった損失が重なると、気持ちが落ち込んでしまうことがあります。ポートフォリオに長期的な損失がでている間は、正しい判断や必要な行動がとれないかもしれません。市場全体が弱気につつまれると、たとえ良いニュースや業績の伸びが発表された銘柄であっても、ほぼすべて下落し始めることになります。

すべての弱気相場は最終的には高値で終わっていますが、弱気相場によって損失をこうむったポートフォリオの多くは、回復に時間がかかることがあります。中にはまったく回復しないものもあります。弱気相場は、投資において資本の保全がいかに重要であるかを示す典型的な例といえます。

しかし一方で、ウォーレン・バフェットが語っているように、長期的に市場で勝つためには「他人が恐れているときに貪欲になる」必要があるのです。つまり、弱気相場にはメリットがあるのです。そして、ストームゲイン(StormGain)ネクソ(Nexo)、アヴァトレード(AvaTrade)といったプラットフォームを利用すれば、受動的所得(passive income)を得ることが可能です。

弱気相場における投資家のメリット

  • 低価格のエントリーポイントを見つける:過去のすべての弱気相場は、最終的に株式価格の上昇につながりました。今後起こりうるどの強気相場においても、弱気相場で価格が低いときに投資の決断を下した投資家が大きな報酬を獲得するでしょう。
  • 自分の感情をコントロールする訓練:ビジネスセクターにおいては、(相場が下落しても)通常は元に戻ることを忘れずにいれば、自身の感情をうまくコントロールできるようになります。弱気相場の長さと下落の度合いによって、回復にかかる時間は異なりますが、歴史上、ビジネスセクターが回復しなかったことはありません。
  • 投資に対して一貫した姿勢を持ち続ける:投資銘柄が成長してゆく時間を待ちましょう。その都度相場のタイミングを見極めようとするやり方は負け組のやり方です。数回はうまくいったとしても、長期的には利益を得ることはできません。下げ相場の局面で常に視点をそらさずにいることで、投資家の気持ちはより安定し、トータルの収益につながることになります。
  • 自身のリスク耐性を見極める:弱気相場は、投資家のリスク許容度を知るきっかけになります。自分の気持ちを落ち着かせ、何ができるかを冷静に判断して、投資や戦略の見直しをすることです。そうすることで、市場のボラティリティ(価格の変動性)に対してよりポジティブな見通しを持つことができるようになるでしょう。

弱気相場で利益をあげる方法

弱気相場においても、積極的な投資家であれば、利益をあげられることもあります。むしろ、弱気相場は投資家にとって長期的な富を生み出す源にもなりうるのです。

以下は、弱気相場で効果的な利益をあげる6つの方法を説明します。

弱気市場で利益をあげる効果的方法、トップ6

1. ドルコスト平均法

ビットコインの弱気相場から利益を得る方法の1つは、暗号資産市場に定期的に投資することです。暗号資産の冬がいつまで続くかは誰にもわかりませんが、ドルコスト平均法は長期投資に向いています。

ドルコスト平均法(DCA)とは、時間をかけて均等に資金を投資する戦略です。これにより、時間の経過とともに購入価格を平準化することができ、株式や暗号資産が最高値のときに全資金を投資しないようにすることができます。ドルコスト平均法では、価格が下落したら暗号資産を多く購入し、上昇時には少なく購入してゆく仕組みです。しかし、長期的には、投資家のデジタル資産の平均価格は均等になるので、強気相場が到来したときが利益をあげる大きなチャンスです。

ドルコスト平均法は、税優遇のある貯蓄プランの定期投資預金にさらなるメリットをもたらします。401(k)では、加入者の投資預金と雇用主からのマッチング分が約3分の2を占め、運用益は残りの3分の1です。このことは、401(k)の加入者の多くが、弱気相場の後でもすぐに口座残高を回復できることを示しています。

投資家が資金を保有するのに最適な(そして最も安全な)方法は、トラストウォレット(Trust Wallet)、ユーホルダー(YouHodler)アージェント・ウォレット(Argent Wallet)メタマスク(MetaMask)などのコールド・ストレージ・ウォレットの使用になるでしょう。最良の選択は、トレザー(Trezor)レジャー(Ledger)などのハードウェア・ウォレットを使用することですが、暗号資産の長期保有にホットウォレットを選ぶ場合でも、ネクソ(Nexo)ゼンゴ(Zengo)など、優れた収益プログラムを提供している評判の良いウォレットの使用が望ましいです。

どのようにドルコスト平均法を行うのかという点については、一カ月のある日(または任意の期間)を選んで、同じ暗号資産や株式を同じ金額で購入する方法があります。この機能を自動的に設定して、本人の操作なしで金融資産を買ってくれるサービスがあります。その際、毎回拠出する金額は変わりませんが、受け取るデジタル資産の金額は時間と共に変化します。

要約すると、弱気相場で利益を得るには、ドルコスト平均法ほど簡単で便利なものないということになります。

2. 他の投資家の動きをみる

これまでに取引経験のない人が弱気相場で利益を得るには、他のトレーダーがやっていることをまねることです。

市場の低迷期に利益を出すために、専門の投資家や株式トレーダーである必要はありません。S&P500やデジタル通貨の取引経験がないのであれば、経験豊富なトレーダーをフォローし、彼らの行動を観察すればいいのです。

テレグラム(Telegram)は、暗号資産に関するオープンなディスカッションができる数少ないプラットフォームであることを知っていますか?

他の暗号資産投資家をフォローする方法は、テレグラムにある無料のビーインクリプト(BeInCrypto:BIC)取引コミュニティのようなテレグラム・コミュニティに参加することです。これは、トレーダーが市場分析と予測を議論できるオープンな組織です。このコミュニティでは、市場動向の定期的な更新も行われ、コインの技術的な分析も共有されます。

また、BICテレグラムチャンネルでは、取引シグナルの読み方や取引プラットフォームでのその扱い方に関するビデオチュートリアルも提供しています。参加者はコンテストに参加することもできます。このようなチャンネルは、ビギナーが取引を開始する助けとなるだけでなく、学習目的のためのデイリーベースの市場分析を提供するものです。

プレミアム・BICテレグラムグループでは、ユーザーは毎日プレミアム取引シグナルと市場分析を受け取ることができます。さらに、ピン留めされたメッセージに記載されているステップに従い、プレミアムグループに参加することもできます。

他のトレーダーが行っていることをフォローするもう一つの人気のある方法は、「コピートレード」です。コピートレードでは、金融市場で他の人が開設し、管理しているポジションを個人がコピーすることができます。

コピートレーディング機能を提供する最も人気のある取引プラットフォームには、アヴァトレード(AvaTrade)イートロ(eToro)があります。

ストームゲイン(StormGain)のような他のプラットフォームは、トレーダーのためのAIを搭載した取引シグナルである、インビルト ・シグナルを提供しています。このように、他の経験豊富なトレーダーが行っていることをフォローすることは、有効な手段となります。

注)上記内容すべては、財務的なアドバイスではありませんので、財務上の判断、決定をする際には必ずご自身で調査してください。

3. 学ぶ意欲があること

暗号資産の冬がいつ終わるか、次の市場調整がいつ来るかは誰にも分かりませんが、投資戦略を改善する方法については、いつでも学ぶことができます。

暗号資産市場や株式市場で取引する場合、まず学習できるプラットフォームを見つけ、そこで自分の戦略をテストしたり、取引シグナルを使ったり、自分の直感に従ったりできます。そして、自身が満足のいくときだけ、保有資金で取引を開始すべきです。

学習モジュールを用意している最も人気のある取引プラットフォームには、アヴァトレードイートロがあります。また、LATAM(ラテンアメリカ)で最も有名な取引所の1つであるストームゲインも、このようなデモモジュールを用意しています。

4. ステーブルコインと親しくなること

すべてのトレーダーがアクティブな取引を開始する準備ができているわけではありません。しかし、金融資産に対するインフレの影響を抑えることで、弱気相場の間に利益を得る方法を学ぶことはできます。最良の選択は、USDT や USDC などの法定通貨にペッグされているステーブルコインに投資することでしょう。ただし、アルゴリズムを用いたステーブルコインは何の裏付けもないので注意が必要です。実際、この種のコインは、2022年5月の“Terra Luna”の破綻を招きました。

他方、ビットコイン(BTC)への投資も、長期投資に利用する人が多く、大手のヘッジファンドもBTC投資に参入しています。

ただし、単にステーブルコインや BTCを保有するだけでは、特に弱気相場の時には、あまりリターンは得られません。しかし、ネクソバイナンスなどの一部のプラットフォームには、ステーブルコインに高いAPY金利オプションがつきます。しかし、その他(および関連)オプションから得られる利益は小額が多いので、各プログラムの条件内容を常に確認する必要があります。たとえば、バイナンスは2,000ユーロまでの少額預金には率の良いAPYを用意していますが、その金額を超えるとAPYはかなり下がります。

ステーブルコインのような収益プログラムは巨額のリターンを生むわけではありませんが、それでも弱気相場で利益が得られます。この方法は、暗号資産価格の推移には関係しないので、リスクを負うことはありません。

5. ニュースや売買シグナルを分析する

暗号資産市場について知る必要のあることはすべて、インターネット上で自由に入手できます。たとえば、ビーインクリプト・トレーディング・コミュニティは、暗号資産市場のニュースや取引シグナルを毎日配信しています。これは、市場動向を把握する最も簡単で最良の方法の1つです。テレグラムグループに加え、ビーインクリプトのYouTubeチャンネルとウェブサイトも、最新の暗号資産ニュースについて学ぶのに最適なスポットです。

また、トップニュースを共有し、無料の市場分析を提供し、随時議論を受け付けていますので、トレーダーのように取引シグナルを注視する必要はありません。

一般的なアドバイスとしては、暗号資産やブロックチェーンの世界で使用されている最新技術に関する詳細な調査資料を探しているなら、当社のウェブサイトの「Learn」セクション(この記事のサイトです)を参照できます。

市況をよく理解し、マーケットアナリストの意見を知ることは、弱気相場の間に利益を得るという目的には良いスタートとなります。こうした情報をどのように使うかは、投資家本人次第です。当社のテレグラムの議論への参加をお待ちしています。

6. 賢く選択する

自分をコントロールできるのは自分しかいないので、常に安全を最優先することを忘れないでください。保有資金を誰に託すか、賢く選択してください。

バイナンスやクラーケンなどの大手取引所は安全であり、すでに何百万人もの人が利用しているように、信頼に足るものです。しかし、新しい取引所を利用するときは、利用可能なすべてのセキュリティ情報を確認する必要があります。資金の監査があるか、どのような金融機関がサポートしているかを常にチェックしましょう

個人ができるセキュリティチェックには、次のようなものがあります:

  • 暗号資産取引所のリスク管理方針
  • 金融機関との提携状況(以下はアヴァトレードの書類の例です)
  • 活動内容を証明する金融規制当局の証明書
  • FX、CFD、スプレッドベッティング、FXオプションの取引前に、リスク開示情報を読むこと。たとえば、CFDは非常にリスクの高い投資であり、多くのプロバイダーでCFDを取引した場合、個人投資家アカウントの約70%が損失を出しているので注意が必要です。
  • プラットフォームをサポートするファンド組織についての審査/監査チェックを怠らないこと
アルマニーノ(Armanino)によるネクソのリアルタイム監査の一部

弱気相場で利益を得るには、シンプルに考えること

以上見てきたように、弱気相場で儲ける近道や魔法のような方法はありませんが、正しい投資戦略で、投資に対する長期的なリターンを見込むことができます。

株式市場に投資するか暗号資産市場に投資するかにかかわらず、押し目を買うことが市場の低迷期に利益が得られる最良の方法です。暗号資産の冬は永遠に続くわけではなく、デジタル通貨の利息が付く分散型金融プラットフォームを利用すれば、利益が得られることを忘れないでください。

また、暗号資産にかかる取引量は、利益をあげるための重要な要素となりますが、長い目で見れば、暗号資産価格が上昇した際には、ドルコスト平均法が安全な手法であることも念頭に置いてください。

よくある質問

ー トレーダーは弱気相場でどのように利益をあげているのか?

トレーダーが弱気相場で利益をあげるには、ドルコスト平均法、暗号資産へのステーキング、ストームゲイン(StormGain)ネクソ(Nexo)ゼンゴ(Zengo)などが提供しているいくつかのプログラムを利用して収益を確保するのが最適な方法です。

ー 弱気相場に強いファンドはありますか?

S&P500のような低ボラティリティ(価格の変動性)ファンドは、他の金融資産に比べて市場の下落の影響が少ないので、弱気相場でもうまくいく傾向があります。

ー 下落相場で利益をあげられるか?

投資家は、下落相場で空売りをすることで、大きな利益を得ることができます。取引プラットフォームはトレーダー向けに数多くの商品を提供しており、「空売り」は弱気相場ではリスクも大きいものの、人気の高い手段です。たとえば、イートロ(eToro)のCFD取引などが利用できます。

ー 弱気相場での取引はうまくいくものなのか?

弱気相場で取引を行うリスクは高く、市場が急激に変化する可能性が常にあります。しかし、経験豊富なトレーダーは、空売りを行なったり、急落場面で買いに転じたりして、弱気相場で利益をあげる方法を知っています。

ー 暗号相場の弱気相場はいつまで続く?

弱気相場は一つとして同じものはなく、弱気相場が回復するのに数年かかることもあります。グラスノード(Glassnode)のレポートによると、弱気相場は227日から435日、あるいはそれ以上続く可能性があるとのことです。

ー  暗号資産における弱気相場とは?

弱気相場とは、2ヶ月間に市場が20%以上値下がりすることを意味します。(ですから、暗号資産の場合もこれに当てはまります)

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Takashi-HIgashi-new.jpg
Takashi Higashi
国際広報、海外の先端技術調査、海外企業との提携等をこれまで行ってきました。ここ数年、暗号資産に関心を持ってウオッチしています。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー