詳細を見る

Worldcoin(WLD) を購入できる暗号資産取引所5選

16 mins

ヘッドライン

  • Worldcoinは、OpenAIの共同創設者であるサム・アルトマン氏らによって設立された暗号資産プロジェクト
  • 現状、国内取引所では購入できませんが、海外の主要取引所ではWorldcoinトークンを購入可能
  • ユーザーにWorldcoinトークンを毎日無償で配布している一方、リスクもあるため、考慮しつつ参加するのがオススメ

Worldcoinがレイヤー2「World Chain」を発表、2024年夏頃にローンチされるするなど、日本国内でもWorldcoinへの関心が集まっています。Worldcoinは日本にも積極的にオーブを設置するなど、日本市場を意識しており、今後はさらに日本市場へのアプローチが加速していく可能性も高いです。現状日本の国内取引所では購入できませんが、海外の主要取引所ではWLDを購入可能。

そこで本記事では、Worldcoin (WLD) を購入できる暗号資産取引所5選をご紹介します。記事後半では、Worldcoin購入時の注意点も解説します。Worldcoinへの投資を検討している人は、ぜひ最後までご覧ください。

Worldcoinとは?特徴

Worldcoinは、OpenAIの共同創設者であるサム・アルトマンらによって設立されたTools for Humanityが開発を進めている暗号資産プロジェクト。「Orb」と呼ばれる球体デバイスを用いて人間の虹彩をスキャンし、AIと人間を区別することで「World ID」を提供します。プロセスを完了したユーザーには、暗号資産「WLD」が配布される。AIを活用した虹彩認証技術を用いて、世界中の人々に包括的な金融アクセスを提供することを目指しており、そのユニークなコンセプトと高い潜在性から、暗号資産業界で大きな注目を集めています。

基本概要として、Worldcoinトークンを毎日無償で配布しています。Proof of Human Work(PoHW)と呼ばれ、個人のユニークな生体認証(生体情報)に基づいており、地域や経済的状況に関係なく、世界中の人々に公平な方法で暗号資産を配布することを目的にしています。Worldcoinの特徴は以下です。

  • 虹彩認証技術:ユーザーの虹彩をスキャンすることで安全かつ迅速な本人確認を実現する虹彩認証技術を採用。パスワードやその他の認証方法とは異なり高いセキュリティを誇る。
  • ユニバーサルベーシックインカム(UBI):プロジェクトに参加するユーザーにWorldcoinトークンを毎日無償で配布。
  • World ID:虹彩認証に基づいた分散型 D システムである “World ID” を提供。World IDは、ユーザーが安全かつ簡単に自分のアイデンティティを証明することを可能にしており、様々なオンラインサービスやアプリケーションへのアクセスが可能に。

Worldcoinはどこで買えるのか?購入できる取引所

虹彩スキャン

Binance

Binance

Binance
暗号資産の種類
600以上
特徴
暗号資産の保存と取引
ボーナス
最大100ドルのボーナス特典

Binanceは、2017年に設立された世界最大の暗号通貨取引所。Binanceでは、ビットコインやイーサリアムなどの主要な通貨から、数多くのアルトコイン取引が可能であるのに加えて、独自のトークンである「BNB」を発行しており、取引手数料の支払いや割引、さまざまなサービスへのアクセスに使用されます。その他にも、ローンチパッドやステーキングなどのサービスを展開し、ユーザーにさまざまな選択肢を提供している取引所です。

Bybit

暗号資産の種類
100以上
特徴
最大10 倍のレバレッジ
ボーナス
最大5000ドル

Bybit(バイビット)は、2018年に設立されたシンガポールに本社を置く暗号資産取引所で、バイナンスと並ぶ世界最大級の取引所の1つ。ビットコインやイーサリアム、そのほか主要通貨などに加え、先物取引やパーペチュアル取引など、多彩な取引オプションが利用可能、幅広い取引ツールを揃えています。

OKX

暗号資産の種類
320以上
特徴
高度な取引タイプ
ボーナス
最大50ドル

2017年にセーシェル諸島に設立された OKX は、今では世界的な暗号通貨市場において重要なプレイヤーとなり、現物取引、デリバティブ取引、さまざまな DeFi サービスなど幅広い金融サービスをグローバルに提供しています。

なお、米国とカナダを含む北米では利用できません。経験豊富なトレーダーにとってメリットのある機能を備えていますが、初心者にとってはプラットフォームや高度な取引オプションが複雑に感じるかもしれません。

Gate.io

暗号資産の種類
1000以上
特徴
取引の柔軟性
ボーナス
100ドル

2013年に中国で設立されたGate.ioは、暗号資産取引所の1つであり、当初はBter.comとして知られていました。その後、中国の規制変更に対応するため2017年にリブランド、現在の名前となりました。

Coinbase

暗号資産の種類
240以上
特徴
暗号資産を獲得するための報酬プログラム
ボーナス
200ドル

Coinbaseは、グローバルな中央集権型取引所であり、取引サービスや暗号資産経済向けに設計されたテクノロジー製品など、金融インフラを提供しています。ユーザーはプラットフォームを通じて、暗号資産の投資、利用、貯蓄、獲得、そして決済を行うことができます。また、機関投資家向けには流動性の高い暗号資産取引市場を提供し、エコシステムのパートナー企業が暗号資産ベースのアプリケーション構築や、暗号資産の安全な決済受け入れを可能にしています。

Worldcoin(WLD)の購入前の注意点

ワールドコイン・インディア2024

Worldcoinの購入前の注意点について解説します。

  • 色彩認証のリスク
  • ボラティリティリスク

Worldcoinの注意点①:色彩認証のリスク

Worldcoinは、ユーザーの虹彩をスキャンすることで本人確認を行う独自の色彩認証技術を採用しています。しかし、個人の色彩情報を提供することに関するリスクも考慮する必要があるでしょう。

虹彩情報は、個人のアイデンティティと深く結びついており、盗難や悪用された場合、深刻な被害につながる可能性があります。Worldcoinは、ユーザーの色彩情報を厳格に管理し、保護することを約束していますが、データ漏洩などのリスクは常に存在すること認識しておきましょう。

Worldcoinの注意点②:ボラティリティリスク

Worldcoinは有名なコインではありますが、現在の時価総額は低く、価格変動が激しい可能性があります。過去の実績を見ても、Worldcoinの価格は短期間で大きく上下しており、今後も同じような動きを見せる可能性があります。そのため、実際に投資を行う際は、余剰資金を使って参加しましょう。

まとめ:Worldcoinは海外取引所で購入可能

ワールドコインオーブ WLD

本記事では、注目を集める暗号資産「Worldcoin (WLD)」を購入できる取引所5選について解説しました。Worldcoin (WLD) とは、顔認証を用いた独自の認証システムを構築し、世界中の人々にデジタルアイデンティティを提供することを目指す暗号資産。プロジェクトに参加するユーザーにWorldcoinトークンを毎日無償で配布しており、リスクもありますが今後さらに規模を拡大していくプロジェクトと言えるでしょう。

今回ご紹介した5つの取引所は、それぞれ異なる特徴を有しています。 取引手数料、セキュリティ、取り扱い通貨量などを比較し、ご自身のニーズに合った取引所を選んでください。Worldcoin (WLD) の購入を検討している方は、ぜひ本記事を参考に、自分に合った取引所を見つけて投資を始めてみてください。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー