詳細を見る

ライトコイン(LTC)、直近7日間で13.4%高騰

2 mins

暗号資産(仮想通貨)ライトコイン(LTC)が、直近7日間で13.4%高騰した。本稿執筆時点において87.46ドル(約11,900円)で取引されており、時価総額で第14位となっている。コインチェック、ビットフライヤー、DMMビットコインなど国内の各取引所で上場していることから、ライトコインは日本のユーザーにも馴染みのある暗号通貨。

直近7日間のライトコインチャート(BeInCrypto Japan

ライトコインは、2011年にビットコイン(BTC)をベースに開発された、最も歴史の長い暗号通貨の1つ。発行上限は8,400万枚と、ビットコイン(2,100万枚)の4倍に設定されている。また、ライトコイン・ブロックチェーンにおける1ブロックあたりの生成時間は約2分30秒と、ビットコイン(約10分)の4分の1。ビットコインのブロックチェーンと比較して高い取引処理速度を備えている。

ライトコイン高騰の背景として、NFTに対応した新トークン規格「LTC-20」の実験的導入が開始されたことが挙げられる。LTC-20はビットコインの新トークン規格BRC-20のフォーク。これを受け、ライトコインの取引件数とアクティブウォレットは500%急増していた。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー