詳細を見る

ヘッジファンド・マネージャー、マーク・ユスコがビットコイン価格を操作するETFの仕組みを暴露

6 mins

ヘッドライン

  • Starknetは、異なるERC-20トランザクションを順次ではなく同時に処理する新しい並列化機能を発表した。
  • スタークネット・シーケンサーは、中間レイヤーを介さずにX86マシン上でネイティブに動作するよう、別のプロジェクトと組み合わせる予定だ。
  • トランザクションの迅速化とデータ・バッチの再構築は、Dencunのアップグレードのコスト効果を高め、ユーザーのプライバシーを維持する。
  • promo

ヘッジファンド・マネージャー大手マーク・ユスコは20日、上場投資信託(ETF)がビットコインの価格を操作する巧妙なメカニズムを垣間見る貴重な機会を提供した。

この操作は目新しいものではなく、ウォール街の歴史に根付いた長年の慣行が暗号通貨市場に適応したものである。

ETFがビットコインの価格を操作する仕組み

ユスコの分析の核心は、ビットコインの戦略的操作である。このやり方は、価格を下げて安く買うという、古くからあるウォール街のスキームと呼応している。具体的には、ユスコ氏は、否定的なセンチメントや直接的な市場行動によってビットコイン価格を下落させ、下落した価値でさらにビットコインを蓄積する方法について詳述している。

同氏によれば、この手法は単に普及しているだけでなく、伝統的な市場で数十年にわたって完成されてきたものだという。

「一夜にして価格が10%も下落するのは、先物市場でさまざまな操作が行われているからだ。何かを大量に買いたい場合、どうするか?売るんだ。みんなにどれだけひどいかを話して、空売りして、価格を下げて、もっと安く買えるようにするんだ」とユスコは説明した。

ユスコ氏の話は、ビットコインETFがどのように運用されているかを論じる際に、より深く掘り下げられる。同氏は、ビットコインの大きな値動きが伝統的な取引時間外に発生する特異なパターンを指摘している。

続きを読むビットコインETFの取引方法:ステップ・バイ・ステップのアプローチ

同氏によると、この異常事態は大規模な機関投資家の戦略的行動に起因しているという。彼らはビットコインETFの終値を操作し、その後、資産のオーバーナイト評価に影響を与える。この操作により、これらの事業体は自らの行動によって生じた価格の乖離を利用して利益を確保する。

「ビットコインETFの利益はすべて一晩で起こる…。日中、ビットコインETFの値上がりは皆、一晩で起きている……日中、ビットコインETFの値上がりは皆、一晩で起きている。ETFは買わなければならず、その日の最後の1分しか取引できない」とユスコ氏は付け加えた。

Bitcoin Price
セッションブレイクによるビットコイン価格のパフォーマンス|出典:トレーディングビュー

この戦略は、ビットコインを実際に所有していなくても取引できる先物市場を活用する。ビットコインの先物契約により、トレーダーは将来の価格を投機することができます。したがって、物理的な交換の必要なく、その現在の価値に影響を与えます。

このように現物資産から切り離されることで、投機的取引による市場操作が可能になる。実際、ビットコインの真の需要と供給を歪めている。

「ビットコインを売りたければ、契約書を書けばいい。その契約が決済される前に私がビットコインを受け取りに行けば、それでいいのです」とユスコは強調する。

さらに、このヘッジファンド・マネージャーは、需給力学を操作するこの計算された努力は、大規模な機関投資家からもたらされると指摘する。このような行為によって、機関投資家は有利な価格でビットコインを確保することができ、さらに市場に有利な影響を与えることができる。

続きを読む2024年に最もビットコインを所有するのは誰か?

要するに、Yusko氏の洞察は、市場操作の複雑なタペストリーを明らかにしている。伝統的な戦略は、暗号通貨市場に新たな息吹を見出している。このようなメカニズムを理解することで、投資家は、市場の気まぐれのように見えるものが、実は本で最も古いトリックかもしれないという知識で武装し、投資戦略をよりうまく適応させることができる。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー