詳細を見る

Pantera Capital、トンコイン(TON)保有を拡大へ

5 mins

ヘッドライン

  • PanteraキャピタルがToncoin保有の拡大資金を調達、Toncoinの成長に強い信頼を示す。
  • 投資家は6月21日までに最低25万ドルを拠出することでTONイニシアチブに参加できる。
  • TONは3,200万人の保有者と50億〜100億ドルの送金額で目覚しい成長を遂げている。
  • promo

Pantera Capitalは21日、The Open Network(TON)のToncoinに投資するための資金を調達しており、トークンの将来に対する強い自信を示している。

この新しいイニシアチブは、大規模な投資を呼び込み、PanteraのTONトークンの保有を拡大することを目指しています。

Pantera Capital、とんコインの保有量を増やす

Pantera Capitalから潜在的投資家へのEメールには、その具体的な概要が記載されている。それは、6月21日までにPanteraの「TON投資機会」に参加し、投資家一人当たり最低25万ドルのコミットメントをするよう呼びかけている。

この動きは、3月に大幅なディスカウントで実行された、PanteraによるTONへの過去最大の投資の後に行われた。同社がToncoinへの投資を倍増させるという決定は、トークンの潜在的成長に対する強気な姿勢を反映している。

「我々は、TONネットワークがまだ初期段階にあると考えており、Telegramユーザーベースによるエコシステムと新機能の採用を目撃することに興奮している。Telegramはその中核において、暗号資産の理念を体現しています。それは、誰もがアクセスできるオープンで無料のネットワークです。TONによって、Telegramは、スケーラブルなスマートコントラクト機能と堅牢な決済ネットワークが、Web2環境では実現不可能だった画期的な機能を可能にするという共生関係を実現します」と、Panteraのパートナーであるライアン・バーニー氏は先月述べている。

同様に、暗号資産アナリストのMarteenは、オープンネットワークは目覚ましい成長を遂げており、いくつかの主要な指標はその人気の高まりを強調していると考えている。

例えば、50億ドルから100億ドルの間のTON送金量は、ネットワークがビットコインの容量の約10%を達成したことを示しており、4年前の暗号通貨としては驚くべき偉業である。さらに、オンチェーンのTONホルダー数は過去1年間で290万人から3200万人に急増した。

「TONのオンチェーン指標は放物線を描いている!現在、保有者は3200万人で、1年前の290万人から増加している。これはわずか1年で10倍の増加であり、TON-Tokenの人気が高まっていることを裏付けています」とMarteenは書いている。

TONホルダー
TONホルダー 出典:CryptoQuant社

TONネットワークにおける最近の活動の急増も注目に値する。Toncoinは過去11日間のうち10日間、1日のアクティブアドレス数でEthereumを上回っている。この急増の一因は、Telegramの9億人という膨大なユーザーベースにあり、これがTONのユーザーエンゲージメントの増加に決定的な要因となっている。

こうした有望な動きにもかかわらず、一部のアナリストはイーサリアムの確立されたエコシステムとスケーリングソリューションと比較して、TONの成長の長期的な持続可能性について議論している。イーサリアムのネットワークは、広範なインフラと強力なユーザーベースによって強力なままであり、TONの継続的な拡大に課題を投げかけている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー