詳細を見る

「恐怖と貪欲指数」が示すポジティブな市場傾向 ― 投資家はミームネイターを買いに集まる

12 mins

投資家は今、明らかに楽観的だ。少なくとも、市場心理の重要なバロメーターであるCrypto Fear and Greed Indexがそう語っている。世界経済のソフトランディングとインフレ低下への期待に後押しされ、ここ数週間、市場には何十億ドルもの資金が投入されている。そして多くの投資家は、差し迫った強気相場に賭けている。

このような明るい雰囲気の中、新鮮でスリリングな仮想通貨プロジェクトに関心が集まっている。中でもミームネイターは今最もホットなプロジェクトの1つとなっている。この記事では、市場のポジティブなセンチメントと、この熱狂の波に乗って2024年に大きな成長を狙うミームネイターについて紹介する。

Fear and Greed Index(恐怖と貪欲指数)が示す強気相場

Crypto Fear and Greed Indexは、市場感情の指標である。この指数は、投資家の感情のスナップショットを提供する。10月下旬以降、CoinMarketCapのFear and Greed Index指数は、恐怖よりも強欲が市場を牽引していることを示している。

しかし、ここでひねりが効いている。これは、市場の大暴騰の後によく見られる極端な強欲さではなく、まだ成長の余地が十分にあることを示唆している。

この傾向は仮想通貨だけに限ったことではない。CNNの株式市場「恐怖と強欲指数」も同様の傾向を示しており、株式や仮想通貨のようなリスクオン資産への突進を広く示している。このような環境は、より投機的なベンチャー企業が繁栄するのに適している。

ミームネイターはこのような環境下で成功を収めている。プレセール開始以来わずか12週間で、驚異的な210万ドルを引き寄せている。ミームネイターがミームコイン市場のゲームチェンジャーとなる可能性を秘めているからだ。

ミームネイターそして、その仕組みについて

ミームネイターは、現在ミームコイン業界で最もホットな存在である。ミームコインの真の有用性と革新性から大きく道を外れているミームコインを市場から一掃するという、他とは一線を画す使命を持っている。

そう遠くない未来、ミームコインが市場に溢れかえり、暗号圏全体の信頼性を回復不能なまでに損なっている状況を想像してみてほしい。CoinMarketCapに上場している8,800の仮想通貨のうち1,300以上がミームコインである。ミームネイターはこのディストピア的な未来から戻り、手遅れになる前に、実用性と価値に欠けるミームコインを世界から駆逐し、市場の流れを修正する。

この新しいプロジェクトは、鉄壁のサポーター軍団を結集し、仮想通貨世界軌道に戻そうと努力している。時価総額10億ドルという高い目標を掲げるミームネイターは、単なるミームコインではなく、ムーブメントなのだ。

高い目標を達成し、長期的な価値を生み出すために、ミームネイターはエコシステムに真の実用性を組み込んでいる。中でも目玉となる取り組みは、Meme Warfareというシューティングゲームだ。プレイヤーはミームネイターになりきり、無用なミームコインとの激しい戦いを繰り広げる。AIを搭載したミームスキャナーによって、楽しさと残忍さが爽快に融合している。この最先端AIテクノロジーは、最新のミームコインを監視し、破壊すべきキャラクターとしてゲームに投入することで、ゲーム内容をリアルタイムで動かす。

ミームネイターの戦略的トークノミクスは、成長のために作られている。総トークン数10億のうち、15%(数百万ドル)はマーケティングと取引所への上場に充てられる。さらに10%は継続的な開発のために確保され、ミームネイターが人気を上昇させながら進化し続けることを保証する。

加えて、Meme WarfareのGameFi要素で役割を果たすと噂されるNFTや、ミームネイターを強化し、投資家に実質的な受動的収入を提供するように設計された有利なステーキングプールなどの機能が、実用性を高めている。

ミームネイターの90年代をテーマにしたノスタルジックなブランディングと幅広いアピールと相まって、これらの価値主導の特徴は、深刻な可能性を秘めたユニークなプロジェクトの姿を描き出している。抵抗運動は急速に拡大しており、ミームネイターのグッズを購入する投資家まで現れている。

投資家を驚かせるミームネイターのプレセール

ミームネイターのプレセールは9月27日に開始され、瞬く間に市場の想像力と財布を魅了した。当初は、ターミネーターの審判の日にちなんで29ステージを予定しており、トークンは1トークンあたり0.01ドルからスタートした。 チームは最近、6ステージ分のトークンを燃やし、さらに3ステージ分を再配分してプレセールを20ステージに減らすことを決定した。この動きは、特にプレセール中にトークンの価値を高めるのに役立つだろう。

Fear and Greed Index(恐怖と貪欲指数)が示すように、市場に蔓延する楽観主義は、何千もの投資家をこのエキサイティングなベンチャーに向かわせた。多くの人がミームネイターを最も変革的なプロジェクトの1つとして称賛している。大手暗号ニュースサイトのInvezzは、今最高のプレセールとして取り上げている。

しかし、ミームネイターのプレセール成功の原動力は、この強気な市場心理だけではない。トークン供給量の7.5%を戦略的にコンペティション・プールに割り当てたことで、興奮が一気に高まった。プレセールの投資家には、ヴァージン・ギャラクティック社の宇宙への旅(25万ドル相当)という特別な賞品を獲得するチャンスである。

ミームネイターの段階的紹介スキームもまた、圧倒的な熱狂に包まれている。このスキームでは、紹介者の購入に対するリベートや、ミームネイターのエコシステムで評価を得るチャンスなど、ユニークな特典を提供している。限定ミーム武器のドロップや、メタバースで開催されるミーム会議への招待などの特典は、獲得できる特典のほんの一部に過ぎない。

ミームネイターの価格予測

ステージ9では、ミームネイターはトークン1枚あたり0.0157ドルで取引されており、最終価格0.0292ドルまであと86%の利益が残されている。アナリストは、ミームコイン市場を破壊する大きな可能性を考慮すると、これは非常に割安であると判断している。

ミームネイターがまさにターゲットにしているプロジェクトのひとつであるPEPEは、その実用性のなさを誇らしげに宣言しているにもかかわらず、今年初めに時価総額15億ドルを記録した。野心的なビジョンと手ごわい抵抗運動を持つミームネイターは、特に恐怖と貪欲指数が示す現在の強気な傾向によって、2024年には簡単に10億ドルの時価総額に達する可能性がある。この評価額で10億トークンが流通すれば、MMTRは1トークンあたり1ドルまで上昇するだろう。

ミームネイターのプレセールは、現在市場で最高の投資の1つかもしれない

ミームネイターのプレセールが12月末までに終了するため、この最後の数週間で急速な投資の流入が予想される。FOMOが本格化する前に、今このチャンスをつかむことが賢明だ。

ミームネイターへ初期に参加した投資家は、2024年に暗号革命の最前線に立ち、今日の投資の報酬を得るだろう。ミームネイターのムーブメントに参加すれば、投資の潮流はすぐそこまで来ており、MMTRがこれほど安くなることは二度とないかもしれない。

ミームネイター(MMTR)の購入は、公式サイトからどうぞ

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー