詳細を見る

マルチチェーン、運営メンバーが中国で逮捕か|MULTIトークン28%の続落

3 mins

一部サービス提供を停止中のマルチチェーン(旧エニースワップ)について、チームメンバーが中国で現地当局に逮捕されたとの噂が24日より出回っている。この噂と前後して、Polygon zkEVM、zkSync、Kavaなど一部ブロックチェーンへのスワップに不具合が発生。なお、マルチチェーンはシステム不具合で影響を受けたユーザーに対し、後日補償を行う予定。

マルチチェーンは2021年に提供開始されたクロスチェーンのサービス大手。「プロジェクトの中心メンバーが中国・上海で逮捕され、資産15億ドル規模の暗号資産(仮想通貨)ウォレットが現地当局の管理下に置かれた」という噂が24日頃から出ていた。この噂の真偽は不明。

オンチェーン分析ツールを提供するArkhamによると、クジラ(大口投資家)による資金退避が目立ち、マルチチェーン独自トークン「MULTI」の資金移動額は300万ドルに上る。また、分散型取引所スシスワップからの流動性トークン(LP)引き出し額は500万ドルにのぼる。暗号資産(仮想通貨)ファントム(FTM)を運営するファントム財団も、約240万ドル分の流動性トークンを引き出していた。

MULTIトークンの続落傾向は続いており、本稿執筆時点で、前日比28%減の3.71ドル。直近7日間で53.6%減と、時価総額は半額以下に落ち込んでいる。

直近7日間におけるMULTIトークンのチャート(BeInCrypto Japan

クロスチェーンとは:
任意の暗号通貨を、異なるブロックチェーンへとまたぐ(ブリッジする)こと。クロスチェーンにより、取引所を経由することなく、暗号通貨を異なるブロックチェーンへスワップ(交換)できる。スワップのプロセスを必要最小限に抑えられるため、とくにDeFi(分散型金融)ユーザーに馴染みのあるサービス。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー