詳細を見る

人気NFT「Azuki」、最低取引価格450万円に上昇|月初比23%増

3 mins

イーサリアムの人気NFTコレクション「アズキ(Azuki)」は18日、フロア価格(最低取引価格)16ETH(約450万円)を突破した。これは月初比23%超の上昇率となる。

4月現在、NFT市場は全体的に下落し冷え込んでいる。

主な要因として、新興NFT市場「ブラー(Blur)」による、取引量の多寡に応じたトークンエアドロップのキャンペーン延長が挙げられる。ブラーを利用するトレーダーの間で、トークン報酬を目的とし、より約定しやすくするため価格を下げて出品する者が続出。さらに、フロア価格の下落を受けて、狼狽売りをするユーザーも散見される。

ブラーの動きを受けて競合NFT市場「オープンシー(Open Sea)」は5日、類似したNFTアグリゲーター(集計サイト)「オープンシー・プロ(OpenSea Pro)」のサービスを開始した。オープンシー・プロはプラットフォーム利用報酬を示唆していることから、今後も一定期間、NFT市場の下落傾向は続くものと見られる。

現在、主要なNFTコレクションのフロア価格は以下の通り。

  • BAYC(Bored Ape Yacht Club):53.4ETH(約1,500万円:月初比18%減)
  • MAYC(Mutant Ape Yacht Club):12ETH(約340万円:月初比10%減)
  • ムーンバード(Moonbirds):3.1ETH(約87万円:月初比10%減)
  • クローンX(Clone X):2.94ETH(約82万円:月初比12%減)

下落が続くNFT市場において、アズキの人気は特筆すべきものがある。アズキおよび派生コレクション「ビーンズ(BEANZ)」を運営するWeb3企業「チルラボ(Chiru Labs)」は12日、デジタルIP(知的財産権)のプラットフォーム企業IPX(旧LINE FRIENDS)と、戦略的パートナーシップをしている。

さらに、アズキは18日、米ラスベガスで6月に開催するホルダー限定イベント「フォロー・ザ・ラビット(Follow The Rabbit)」の登録受付を開始している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー