詳細を見る

野村證券、暗号資産コミュニティのKudasaiJPと連携|Web3コンテンツ強化

3 mins
更新 Shota Oba

ヘッドライン

  • 野村證券は20日、暗号資産コミュニティKudasaiJPとともに、Web3学習アプリ「Web3ポケットキャンパス」のコンテンツ強化をに連携を開始した
  • Web3ポケットキャンパスは、野村證券が5月にリリースしたWeb3学習アプリケーション
  • Kudasaiは同アプリにおいて、教育コンテンツの提供や海外からの最新コンテンツの導入をサポートする役割を果たす
  • promo

野村證券は20日、日本最大規模の暗号資産コミュニティKudasaiJPとともに、Web3学習アプリ「Web3ポケットキャンパス」のコンテンツ強化を目的とした連携を開始した。両社はWeb3に新規参入するユーザーに対して、より包括的なWeb3の教育コンテンツの提供を目的としている。

Web3ポケットキャンパスは、野村證券が5月にリリースしたWeb3学習アプリケーション。同アプリはWeb3やブロックチェーンのビジネス活用に関する知識を体系的に学ぶことができ、社会的な実装の加速や新たなビジネス機会の創出をサポートする。同アプリは今後、法人顧客に活用される。Kudasaiは同アプリにおいて、教育コンテンツの提供や海外からの最新コンテンツの導入をサポートする役割を果たす。すでにWeb3インフラのAlchemyやブロックチェーンセキュリティのSlowMistを含む3つの企業がコンテンツ提供に関して合意している。

野村ホールディングス暗号資産ベンチャーキャピタル事業子会社のレーザー・デジタルはは9月19日、機関投資家向けのビットコインファンド(BTC)「Bitcoin Adoption Fund」を立ち上げていた。同社は2日にはレーザーデジタルの日本法人「Laser Digital Japan」を設立している。

KudasaiJPとは?

KudasaiJPは、Web3や暗号資産関連のプロジェクトを中心に200件以上の勉強会や記事制作を展開する主要な暗号資産コミュニティ。同コミュニティは20年に「KudasaiJP」としてスタートし、その後株式会社化を果たした。現在、KudasaiはWeb3の分野に特化した多岐にわたるサービスを展開し、ブロックチェーンスタートアップのアドバイザリーや、コミュニティの拡大支援を含む成長支援を提供する。2023年3月には、日本国内外のプロジェクト支援を中心とした新たな事業展開を開始。KudasaiJPのDAO化も推進し、コミュニティのメンバーがインセンティブを獲得できるエコシステムの構築も進めている。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame_2328.jpg
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー